生きる力になれば・良寛地蔵

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

無心の風になれ

2016-03-06 18:13:13 | 日記
「私たちは常に心の波風とともに生きています。


ときには嵐のように吹き荒れることもあるでしょう。


世の中には思い通りにならないことはたくさんあります。

そんな人生において、平常心を保つにはどうしたらよいでしょうか。


思い通りにならないことがあるときこそ、

他者を思いやり、これまでに受けたご恩を思い出して、

周りの人や社会にお返しする気持ちを持ってみましょう。

思いやる気持ちは心に平和をもたらします。


これを慈悲心といいます」

(臨済宗住職)

昔上司から

「君は風のような人だね」
といわれました。

その詳しい意味は忘れましたが、何となくありがたいとお礼を言った記憶があります。


人のために生きるという言葉に

「無心風来吹(むしんにかぜきたりふく)」

という言葉があります。

夏の暑い日に、そよそよと風が吹く。


一時の涼をもらうことができます。

しかし、風は私たちを涼しくさせようとして吹いているわけではありません。



ただ無心に吹いているだけです。

幸せとは分け与えるものではなく、

自分が何も持っていないのに他人に与えることが

幸せを分けるといいます。

まわりの人の幸せを願うこと、

無心になって

一陣の風になる。


この言葉の意味を


思い出しました。



合掌



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 祈りの遺言 | トップ | 心を元気にする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事