生きる力になれば

70代のブログです。言葉で生きる力になればと綴って10年が過ぎました。

ドンペリの名の由来

2018-02-15 12:23:08 | 日々の暮らし
いい話しは忘れないように思い出さないと。

今日は、シャンパンのパイオニアと呼ばれている、

ドンペリ(ドン・ピエール・ペリニヨン)

について話したいと思います。



1639年に生まれ。

19歳の時に、ヴェネディクトの修道者になりました。

29歳の時に、オーヴィレール修道院の酒蔵係に任命されたのです。

ある時、王様が新しい

酒が欲しい!

とつぶやきました。

彼は私に造らせて

下さいと進言したのです。

王様は了解したのですが、民の税金を使うのだから、出来なければ打ち首ものだ、それでもよいか?

彼は実は目が悪くなる

病気をもっていました。

目が見える内に新しい

酒を造りたいと

願っていたので、覚悟はできていますと答えました。

(私も5月に眼科手術するので身近に感じています。)

彼はまだ誰もしたことがない、

古い甘口の酒と、

今年の酸っぱい味がする新酒を

ブレンドする事を試みました。


すると、古い酒の発酵が進んで、瓶が

バーン!

と割れてしまいました。

彼は、その瓶の残りを飲んでみました。

その味と香りは

星が降るような輝きを

放ったのです。

王様はその酒に驚き、

素晴らしい酒だ!

と笑い出しました。



その姿を見たのが最後に

彼は盲目の人になって

しまったのです。


王様はそれを見て

感動して、

その酒に彼の名をつけたのです。

そのワインが

『ドンペリ』

です。

何もないところから、

新しい物が生まれる事を

『ドンペリニヨン』

という言葉ができたと言います。

言葉の語源に


感動しています。


ドンペリニヨン


何かを生み出す精神



忘れないように


心に刻んで


下さい。


合掌






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミケランジェロの志 | トップ | 魂の伴侶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の暮らし」カテゴリの最新記事