STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

テレビ放送の紹介(2018年9月16日)

2018-09-14 09:12:07 | テレビ放送の紹介

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)


テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。

 

「テレメンタリー2018「検証・西日本豪雨(3) 自治体の悲鳴 ~水害列島日本~」」(ABCテレビ、テレビ朝日系列 深夜午前03:00~03:30)

今年、西日本を襲った豪雨。広島、岡山などで甚大な被害が出たが、一部の自治体の対応に批判の声が上がっている。災害の規模はかつてないほど大きくなっている。そんな中、防災への取り組みにおける“自治体の格差”のせいで住民の安全が左右されていいはずはない。これまで通りの自治体の判断に委ねるシステムで果たして良いのか。

 去年の豪雨で被災した福岡・東峰村では、1年が経ち防災に向けた新たな取り組みが始まっていた。これからの災害対応のあり方を被災地とともに考える。

https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 

「JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス テーマ未定」(MBS毎日放送、TBS系列 午前05:00~05:30)

https://www.mbs.jp/pgm2017/thefocus.shtml
http://www.tbs.co.jp/jnn-thefocus/index.html

 

「時事放談 テーマ未定」(MBS毎日放送、TBS系列 午前05:30~06:15)

http://www.tbs.co.jp/jijihoudan/

 

「目撃!にっぽん「“心の町並み”を描く~アーティストAju~」」(NHK総合 午前06:15~06:50)

0.05ミリのペン先から生み出される、大阪の古墳群やビル街の風景。女性アーティストAjuは、心に焼き付けた景色を、下書きもせず描き上げていく。絵を始めたきっかけは大学生の時、医師から「アスペルガー症候群」と告げられたこと。自分を否定し傷つけたが、ペンを握る時は無心になれた。これまで人の顔を描くのは苦手だったが、大好きな「ひこうき先生」のために人物画に挑む。一歩一歩前に進む、その姿に密着。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-09-16/21/24264/1077317/

 

(再放送)「BS1スペシャル「在宅死 “死に際の医療”200日の記録」」(NHK BS1 午前09:00~10:50)

お金がなくて施設に入れない、介護する家族が身も心も疲弊してパンク寸前など、厳しい在宅死の現実と向き合い続ける老医師がいる。埼玉県新座市の堀ノ内病院在宅医療チームの小堀医師80歳。森鴎外の孫で元東大病院のエリート外科医が選んだ最後の現場が在宅訪問の「老老医療」だった。家ごとに異なる厳しい環境を乗り越え、「家で安らかに最期を迎えたい」という患者の願いをどう叶えるのか、200日に渡ってカメラが追った。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-09-16/11/33639/2393173/

 

「日曜討論 テーマ未定」(NHK総合 午前09:00~10:00)

http://www4.nhk.or.jp/touron/x/2018-09-16/21/24285/1543489/

 

「明日へ つなげよう「三十一文字の思い~はるな愛と“震災の短歌”~」」(NHK総合 午前10:05~10:53)

NHKに寄せられた“東日本大震災を詠んだ短歌”。今年も300を超える歌が集まった。今も悲しみに沈む人がいる一方、心の整理をつけようとする人や未来への希望を詠む人など、心境の変化を感じさせる作品が多かった。番組では短歌の作者が集う歌会を紹介。さらにボランティアとして復興の手助けをしてきたタレントのはるな愛さんが、短歌を作った人々を訪ねた。7年半の歳月はどのようなものだったのだろうか。

http://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/

 

(再放送)「バリバラ「アナタならどうする?~障害者と一緒に働く上での悩み~」」(NHK Eテレ 午後07:00~07:30)

番組レギュラーがスタジオを飛び出し、東京で開かれた就労支援フォーラムの会場へ!「うつ病の部下のミスを注意したところ、『やめます』と言って来なくなった。あなたならどうする?」など、障害者と一緒に働く上での悩みや困りごとの実例をもとに、会場にいる企業の人事担当者、福祉関係者ら1500人を対象にアンケート。その結果を紹介しながら、専門家を交えて、障害者も健常者も互いに働きやすい環境について考える。

http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top

 

「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の世界を歩く カンボジア秘境&独裁者」(テレビ大阪、テレビ東京系列 午後07:54~09:54)

池上彰が宮崎美子、相内優香(テレビ東京アナウンサー)とともに、カンボジアへ。  世界遺産、アンコール・ワットがあり世界中から観光客が押し寄せるカンボジアの今を、謎の独裁者ポル・ポトの人生を通して読み解く。  好評!…プレゼントが当たる「池上彰の現代史クイズ」も必見!

 (1)感動遺跡アンコール・ワットの光と影  ポル・ポト政権下で父と兄を亡くした男性が語る悲劇とは!?  「地雷を踏んだらサヨウナラ」一通の手紙を残し、単身アンコール・ワットに潜入し消息を絶った日本人報道写真家の足跡をたどる。    (2)300万人が犠牲になったキリング・フィールドで池上解説

(3)ポル・ポトの原始共産制と「知識人狩り」  字が書ける者は「知識人」として殺害…悪夢の時代に強制収容所から生還した人に池上が迫る。    (4)日本、カンボジアにPKO派遣  PKO活動で犠牲になった家族の活動とは?

http://www.tv-tokyo.co.jp/ikegamiakira/

 

(再放送)「日曜美術館「知られざる藤田嗣治~天才画家の遺言~」」(NHK Eテレ 午後08:00~08:45)

パリ郊外、藤田嗣治の自宅に残された録音テープを取材班が分析、中に遺言とも言うべき肉声があることがわかった。藤田は20世紀前半のパリで、猫や乳白色の肌の女性を描いて、ピカソと並ぶ画壇の花形となった。しかし第二次大戦中画風を変えて凄惨な戦争画を描く。戦後、画壇からの非難にさらされてフランス国籍を取得。二度と祖国に戻ることなく異国で死去、以後日本では実像が厚いベールに覆われてきた。天才の意外な真実とは?

http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2018-09-16/31/24394/1902774/

 

「日曜劇場「この世界の片隅に」 最終話【希望と再生-繋がっていく過去と現在】[終]」(MBS毎日放送、TBS系列 午後09:00~09:54)

昭和20年秋。径子(尾野真千子)ら家族の計らいもあり、すず(松本穂香)は妹・すみ(久保田紗友)のいる草津へと向かう。そこで祖母・イト(宮本信子)と再会するすず。  一方、任務を終えて久しぶりに北條家に帰ってきた周作(松坂桃李)は、すずを追いかけて草津へと向かうことに。

http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

 

「NHKスペシャル 秘島探検 東京ロストワールド 第1集「南硫黄島」」(NHK総合 午後09:00~09:50)

小笠原諸島、絶海の孤島、南硫黄島。国によって上陸が禁止されているが10年ぶり科学調査が行われNHKのクルーが同行した。科学者たちは、この島が生物の進化を観察できる地球上で数少ない場所のひとつだと考えている。最大の特徴は、急激な高度差によって、熱帯から温帯までの環境がひとつの島の中にひしめき合う点。島にたどり着いた生き物が、環境に応じ新しい種に進化していく姿を目の当たりに出来るという。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180916_2

 

「ゲンバビト【高齢者介護~ある老人ホームの一日~】」(MBS毎日放送、TBS系列 午後11:30~00:00)

9月17日は「敬老の日」▼約3人に1人が高齢者…今、日本が抱える問題とは?▼離職率16%超…介護士の過酷なゲンバ▼幸せな老後を過ごすには?▼ポイントは「一括りにしない」▼新人介護士に訪れた転機▼入居者一人一人に合った食事を▼実感する“食”の大切さ▼調理師が一食に込める熱い思いとは?▼「介護先進国」としての日本の役目 

https://hicbc.com/tv/genbabito/

 

「サイエンスZERO▽シリーズ原発事故(18)新技術で挑め!見えざる廃炉のリスク」(NHK Eテレ 午後11:30~00:00)

40年かかると言われる、福島第一原発の廃炉作業。最大の山場、溶け落ちた核燃料「デブリ」の取り出しを2021年に控え、今、技術開発や調査が急ピッチで進む。作業を阻む最大の壁は、高い放射線量だ。作業員の被ばくを最低限に抑えるための、敷地内の3次元の放射能汚染マップの作成、遠隔操作のロボットの目となる新カメラの開発、デブリが連鎖的な核反応を起こさないよう監視するシステムの開発など、廃炉の最前線を追う。

http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-09-16/31/24405/2136689/

 


 

管理人のサイト

「近代京都の歴史~GREENの部屋」 http://www3.plala.or.jp/kindai-kyoto/
「写真で見る近代京都の歴史~GREENの部屋」 http://www14.plala.or.jp/senseki-kyoto/index.html

 


〈廃炉〉

福島第一原発廃炉図鑑
開沼 博,竜田 一人,吉川 彰浩,糸井 重里,斎藤 環,福山 哲郎,小泉 進次郎
太田出版
福島第一 廃炉の記録
西澤 丞
みすず書房
電気学会誌 2018年8月号 原子力発電所の廃炉技術最前線-福島第一原発の廃止措置に向けた取り組み-
クリエーター情報なし
電気学会
脱原発ドイツ×再稼働日本 廃炉の現場と目の前の難題に学ぶ (朝日新聞デジタルSELECT)
朝日新聞
朝日新聞社
福島第一原発 1号機冷却「失敗の本質」 (講談社現代新書)
NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
講談社
北海道電力〈泊原発〉の問題は何か
泊原発の廃炉をめざす会
寿郎社
首都圏で一千万人の避難はできない!東海第二原発を廃炉に (マイブックレット)
村上村長を支え原発ゼロをすすめる会
本の泉社
脱原発で地元経済は破綻しない
朴 勝俊
高文研
フクシマ発-イノシシ5万頭、廃炉は遠く……人びとはいかに這いあがるか
星 亮一,和合 亮一,開沼 博,赤坂 憲雄,遠藤 雄幸,柗本 洋子,佐藤 彌右衛門,藤原 章生,志賀 泉,遠藤 由美子,武樋 孝幸
現代書館
九州原発ゼロへ、48の視点―玄海・川内原発の廃炉をめざして―
白鳥 務,東島 浩幸,向原 祥隆,橋爪 健郎,深江 守,藤田 祐幸,豊島 耕一,戸田 清,中野 洋一,杉原 洋,木村 朗
南方新社
原発を廃炉に!〈PART2〉1万人原告の挑戦
「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団
花伝社
ソーラー女子は電気代0円で生活してます!
フジイチカコ,東 園子
KADOKAWA
福島第一原発事故 7つの謎 (講談社現代新書)
NHKスペシャル『メルトダウン』取材班
講談社

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 水島努監督新作アニメは「荒... | トップ | 「ガールズ&パンツァー」音... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ放送の紹介」カテゴリの最新記事