STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

テレビ放送の紹介(2019年3月24日)

2019-03-22 19:11:11 | テレビ放送の紹介

 

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)


テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。

 

「福島をずっと見ているTV vol.76「ふるさと只見で育まれる夢」」(NHK Eテレ 深夜午前00:00~00:45)

震災と同じ年「新潟・福島豪雨」で町の大部分が浸水し、いまも爪痕が残る只見町。若者たちの大部分は高校を卒業すると町を離れることに。そんな中、新しくできた焼酎の蒸留所では、一度町を離れた若者が働き始め、夢を実現させようと動き出す。雪祭りのステージで歌う高校生は、この春、プロのシンガーソングライターになるために上京する。若者たちの故郷への思いを育むためにできることは何なのか?俳優の六角精児さんと語る。

http://www4.nhk.or.jp/fukushimazutto/x/2019-03-23/31/27716/1685057/

 

「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「岩手県宮古市 小成文博さん」」(NHK総合 深夜午前02:45~02:50)

津波で壊滅的な被害を受けた重茂地区。震災直後から漁協が中心となって漁業の復活を目指した。漁師の小成文博さんは、日本海沿岸の漁港をめぐり、中古船を買い取り運び入れた。そして4か月後、漁の再開をはたした。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「宮城県女川町 八木純子さん」」(NHK総合 深夜午前02:50~02:55)

津波で家も船も流され意気消沈する漁師家族を心配した八木さん。サンマの形のたい焼きを考案したり、オリジナルソングを作ったりして、みなを元気づけようと奔走している。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「岩手県釜石市 川向修一さん」」(NHK総合 深夜午前02:55~03:00)

地域新聞社で記者をしていた川向さん。勤めていた新聞社は津波で被災し存続を断念、休刊となった。川向さんは新聞社の元同僚に声をかけ、震災直後の混乱の中で不安を抱く住民のために、くらしの情報や被災地の状況を伝えようと、復興釜石新聞を発行した。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「宮城県名取市 太田幸男さん」」(NHK総合 深夜午前03:00~03:05)

津波で壊滅的な被害を受けた名取市閖上(ゆりあげ)地区。元自衛官の太田さんは、唯一の通信手段だったアマチュア無線のトランシーバーを手に、取り残された生存者の救助のためガレキに分け入った。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「あの日 わたしは~証言記録 熊本地震~「熊本県菊池市 野中英樹さん」」(NHK総合 深夜午前03:05~03:10)

2016年の熊本地震。当時、広報を担当していた菊池市役所の野中さんは、地震の記録映像の制作を任され、被害の実態や復旧活動を記録していた。しかし、苦しむ住民の姿をただ撮るだけでよいのか自問する。ある日、支援に訪れた自衛隊と近所の子供たちが仲良く遊びながら活動する様子を見て、それぞれのやり方で被災に向き合えばよいと思えるようになる。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「あの日 わたしは~証言記録 西日本豪雨~▽岡山県真備町 戸澤実さん、由加里さん」(NHK総合 深夜午前03:10~03:15)

西日本豪雨で大きな被害を受けた真備町。パン屋を営んでいた戸澤さん夫婦の自宅兼店舗は水につかりすべての設備が壊れてしまった。知人の店のちゅう房を借りて深夜にパンを焼き、プレハブの仮店舗で営業を再開した。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

「テレメンタリー2019「“分断の壁”突き破れ~若者がみた沖縄県民投票~」」(ABCテレビ、テレビ朝日系列 午前04:55~05:25)

沖縄県宜野湾市にある米軍・普天間飛行場の日米政府の返還合意と、その移設先を国が名護市辺野古のキャンプシュワブ沖に決めてから20年以上。これまで知事選や国政選挙のたびに基地問題を最大の争点とし、県民の意見を割り“分断”をしてきた。選挙では「移設反対」の民意を示してきたが、国は辺野古への土砂投入を強行した。何度も示してたはずの民意について裁判所は「明らかではない」と判断した。

辺野古の埋め立てについて賛成か?反対か?宜野湾市出身の大学院生・元山仁士郎さんらが、県民投票実施に向けて奔走する。一方、名護市出身で辺野古移設を容認する嘉陽宗一郎さんは、県民投票の意義について疑問を抱く。1996年、沖縄で全国で初めて実施されて以来の2回目となった県民投票を通して基地問題をめぐる“分断”を乗り越えるために対話ができる環境を作るために活動した元山さん・嘉陽さんの動きなどを追った。

https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/

 

(再放送)「こころの時代~宗教・人生~ 追悼・堀文子さん アンコール「今、あの日々を思う」」(NHK Eテレ 午前05:00~06:00)

いのちの不思議、いのちの崇高さを描き続けてきた日本画家・堀文子さんが、2月5日に百年の生涯を閉じた。堀さんの人生を貫いた孤高の生き方は乱世の体験から生まれた。幼い日の関東大震災、間近で目撃した2・26事件。戦争へと歯止めを失っていく時代を生きた堀さんは、人殺しの道具にならないために「美」の道を志す。あれから70年あまり、現在の日本のあり方を憂慮する堀さんが、遺言のように残した今への言葉。

http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2019-03-24/31/27729/2008335/

 

「短歌de胸キュン 春の増刊号「福島編」(前編)」(NHK Eテレ 午前06:00~06:25)

スタジオを飛び出し福島県の南相馬市へ。相馬野馬追に使われる甲冑(かっちゅう)を着て乗馬に挑戦。東日本大震災のあと五人の主婦が始めた食堂を訪ねる。栗木京子、井戸田潤、村上健志、永島聖羅

http://www4.nhk.or.jp/munekyun/x/2019-03-24/31/27730/2043729/

 

「目撃!にっぽん「豪雨に負けない!~被災地の子ども神楽団~」」(NHK総合 午前06:15~06:50)

神楽の大蛇が大好きな小学6年生、花岡愛生(はなおか・うい)くん。広島県三原市にある子ども神楽団のリーダーだ。西日本豪雨で稽古場は床上浸水、衣装や道具など1000万円相当の被害を受けた。存続が危ぶまれるなか、被災した地元の人たちから寄付金をもらい、神楽団は活動を再開することができた。その恩返しのために今年2月、公演を開催。厳しい稽古を続けながら神楽を続けていこうと心に決める神楽少年の姿を追う。

http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2019-03-24/21/27641/1077335/

 

「日曜討論 テーマ未定」(NHK総合 午前09:00~10:00)

http://www4.nhk.or.jp/touron/x/2019-03-24/21/27662/1543539/

 

「府議会cafe京都 「府民生活・厚生常任委員会特集」」(KBS京都 午前10:30~11:00)

「常任委員会の現場から」このコーナーでは、京都府議会に設置された常任委員会の活動を紹介します。今回は、府民生活・厚生常任委員会の管内調査について紹介。「教えて京都府議会」は、京都府議会とはどんなところか?京都府議会のことがわかるコーナーです。今回は、京都府議会議員と大学生の座談会です。

京都府内の大学に通う大学生と府議会議員の間で行われた意見交換が、どのようなものになったのかをご紹介します。

https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/fugikai/

 

「「二つの祖国」前編ダイジェストSP!~山崎豊子ドラマついに今夜完結!~」(テレビ大阪、テレビ東京系列 午前11:55~00:54)

2夜連続放送!3月24日(日)夜9時! ◆番組の見どころを紹介します!

https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/

 

「大人のてれび絵本 いわさきちひろのせかい 第2集「戦火の中の子どもたち」」(NHK Eテレ 午後06:30~06:40)

いわさきちひろの絵本の世界を、映像と朗読で。第2週は、「戦火の中の子どもたち」ベトナム戦争のさなか、戦争に巻き込まれる子どもたちの命に思いをはせながら書かれた作品です。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-03-24&ch=31&eid=27770

 

(再放送)「バリバラ「罪をくり返す障害者」」(NHK Eテレ 午後07:00~07:30)

刑務所に服役している人の4人に1人に知的障害などの可能性があると言われ、その多くが万引きや無銭飲食など軽微な罪をくり返して、刑務所に戻ってきてしまうという。生きづらさを抱え、社会の中で居場所を持てなかった人たちには、どのような支援が必要なのだろうか。罪を繰り返してきた障害者がスタジオにも出演。再犯を防ぐために、なにが必要かを専門家やレギュラー出演者とともに考える。【ゲスト】田村裕(麒麟)

http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top

 

「ドラマスペシャル 山崎豊子原作『二つの祖国』[後]」(テレビ大阪、テレビ東京系列 午後09:00~11:24)

終戦後、賢治(小栗旬)は原爆調査団の一員として、広島に入る。戦時交換船で広島に帰った梛子(多部未華子)は果たして無事なのか…?さらに、かつて息子の命を救った医者・ピーターソン(ダニエル・カール)と再会する。ピーターソンは被爆者の今後の健康被害を心配していた。そんな中、GHQの副官にまで昇り詰めたチャーリー(ムロツヨシ)も広島へやってきて、母と妹・万里子(橋本マナミ)を訪ねるが…。

やがて、日本の戦争責任を裁く極東国際軍事法廷で、賢治は通訳の言葉をチェックするモニターを任される。大川周明(笑福亭鶴瓶)、広田弘毅(リリー・フランキー)、東條英機(ビートたけし)など、かつての日本の指導者たちは法廷で無罪を主張する。間違いの許されない任務で、賢治の心は疲弊していく。その心の拠り所となったのは…?日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命は…!?

https://www.tv-tokyo.co.jp/futatsunosokoku/

 

「NHKスペシャル「“隠れ脂肪肝”が危ない」」(NHK総合 午後09:00~10:00)

肝臓に過剰な脂肪が溜まる脂肪肝。「血液検査の肝機能の値は正常だが脂肪肝」という“隠れ脂肪肝”の人が大勢いることが分かってきた。最新機器で、健康診断では問題がない成人50名を測定したところ、なんと約3割に“隠れ脂肪肝”を発見!さらに最新の研究で、脂肪肝は肝硬変や肝臓がんといった肝臓の病気のみならず、他臓器のがん、脳卒中、心臓病など、全身の病を招く危険性が見えてきた。放置すると怖い脂肪肝、対策に迫る。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190324

 


〈辺野古〉

基地で平和はつくれない―石川文洋の見た辺野古
石川 文洋
新日本出版社

 

この海、山、空はだれのもの!? 米軍が駐留するということ
琉球新報社編集局編
高文研

 

沖縄の自己決定権
琉球新報社,新垣 毅
高文研

 

辺野古に基地はつくれない (岩波ブックレット)
山城 博治,北上田 毅
岩波書店

 

辺野古問題をどう解決するか――新基地をつくらせないための提言
クリエーター情報なし
岩波書店

 

現代思想 2016年2月臨時増刊号 総特集◎辺野古から問う (青土社)
石川文洋,想田和弘,木村草太,五野井郁夫,山城博治,田仲康博,新城郁夫,桜井国俊,三上智恵
青土社

 

これだけは知っておきたい 沖縄フェイク(偽)の見破り方
琉球新報社編集局
高文研

 

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り
三上 智恵
大月書店

 

翁長知事の遺志を継ぐ 辺野古に基地はつくらせない
宮本 憲一,白藤 博行
自治体研究社

 

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研

 

魂の政治家 翁長雄志発言録
琉球新報社編
高文研

 

写真ドキュメント 沖縄「辺野古の海」は、いま: 新しい巨大米軍基地ができる
新藤 健一
七つ森書館

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「京都新聞」にみる近代・現... | トップ | 「京都新聞」にみる近代・現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ放送の紹介」カテゴリの最新記事