STAY GREEN~GREENのブログ~

京都市在住で京都の近代史を勉強している者です。なお、ブログの趣旨に添わないコメントは削除させていただく場合があります。

テレビ放送の紹介(2018年11月21日~11月22日)

2018-11-20 14:10:44 | テレビ放送の紹介

Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)


テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。

 

11月21日(水)

(再放送)「BS1スペシャル「チャイナ・ブルー~ある企業家の記録~」」(NHK BS1 深夜午前00:00~01:40)

中国で大手引っ越し会社を経営する李浪。22年前に妻と2人で始めた会社は急成長、あこがれの豊かさを手に入れた。しかし李社長の心は満たされない。妻と愛人との間で揺れる二重生活も破綻の危機の中にある。中国人の馬ディレクターは、李社長の生活に5年間密着し、あらゆる場面を至近距離から映像に収めてきた。そこから見えてきたものとは?見たことのない赤裸々な映像で現代中国社会の深層に迫る異色のドキュメンタリー。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-11-20/11/4533/2409226/

 

(再放送)「NHKスペシャル 人生100年時代を生きる 第1回「終の住処はどこに」」(NHK総合 深夜午前00:45~01:35)

人生100年時代を迎える日本の課題を見つめるシリーズ。1回目は『終(つい)の住処(すみか)』について。深刻な施設不足が懸念される中、切り札として登場したのが「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」。国は多額の補助金を投じ民間企業の参入を促してきた。ところが現場では認知症の高齢者の急増などで思わぬ事態が起きている。サ高住は“救世主”になるのか。徹底ルポと独自の大規模調査で実態に迫る。阿川佐和子さん。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20181117

 

「FNSドキュメンタリー大賞 ありがとうを伝えたい ~老犬ホームで紡ぐ絆~」(関西テレビ、フジテレビ系列 深夜午前02:25~03:27)

佐賀県唐津市七山。文字通り7つの山に囲まれた自然豊かな場所に「老犬ホーム ぱーとなー」がある。ここは飼い主が病気や家庭の事情でお世話ができなくなったワンちゃんを預ける施設である。2014年にオープンした中島達也さん(31)。自分がワンちゃんを飼っていた時『犬って年を取ったらどうなるんだろう…』という疑問がわき、そこから犬の現状を調べ「老犬ホーム」という言葉を知った。

当時佐賀県では20匹もの小型犬を山やコンビニに捨てるという飼い主のモラルが問われるニュースも話題になった。犬猫は保護された後、殺処分の対象となることもあり、中島さんは人間の都合によって犬猫の命が奪われることが許せなかったという。「老犬ホーム ぱーとなー」には現在20匹以上のワンちゃんたちが暮らしており、スタッフは母親の信子さんと2人。飼い主の心の中にはいつもワンちゃんがいて、

会いたいときは面会ができる。またワンちゃんたちも飼い主が会いに来てくれることを心待ちにしていると中島さんは言う。そういう日々の中で中島さんはワンちゃんたちが頑張って生きようとする姿から元気をもらっている。老犬ホームにはワンちゃんを中心に感謝が溢れている。番組では、中島さんの1日、現在預けている飼い主さんとワンちゃんたちのふれあいなどを通してそこで紡がれる絆を描く。

https://www.fujitv.co.jp/fnsaward/27th/sts.html

 

(再放送)「視点・論点「“越境学習”という新たな人材育成を」」(NHK総合 深夜午前03:50~04:00)

NPO法人「クロスフィールズ」代表…小沼大地

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/

 

(再放送)「100分de名著 三木清“人生論ノート”第3回▽“孤独”や“虚無”と向き合う」(NHK Eテレ 午前05:30~05:55)

三木清は、哲学者ならではの視点から人間が置かれた条件を厳しく見定める。そして人間の条件の一つを「虚無」だと喝破する。だがこれは厭(えん)世主義ではない。人間の条件が「虚無」だからこそ我々はさまざまな形で人生を形成できるというのだ。また、一人だから孤独なのではなく、周囲に大勢の人がいるからこそ「孤独」が生まれると説く。そして、その「孤独」こそが「内面の独立」を守る術だという。

http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/64_jinseiron/index.html#box03

 

「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK BS1 午前07:00~07:50)

▽特集:就職難韓国の若者が人手不足の日本に熱視線▽各国放送局の最新ニュース▽NY経済情報▽世界の天気ほか※内容変更の場合あり

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/index.html

 

「あさイチ 「自然災害と発達障害」」(NHK総合 午前08:15~09:52)

痛い歩きづらい…さらば靴のお悩み!▽おでかけLIVE「ギフトにいかが?伝統の飴細工」(藤原薫)▽みんな!ゴハンだよ「クリーミー白みそうどん」【ゲスト】柚希礼音、三倉佳奈【キャスター】博多華丸・大吉、近江友里恵 <中断>9:00-9:05 [字]ニュース・気象情報

【ゲスト】柚希礼音,三倉佳奈,児童精神科医師…内山登紀夫,【講師】料理研究家…曽根小有里,【キャスター】博多大吉,博多華丸,近江友里恵,駒村多恵,【リポーター】藤原薫,馬場典子,魚住優

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/

 

「くらし☆解説 「核廃絶の願いは世界に届くか 増田 剛解説委員」」(NHK総合 午前10:05~10:15)

広島市と長崎市はいま、被爆の実相を世界に広める取り組みの一環として、第一次世界大戦の戦場となったベルギーで原爆展を開催しています。核廃絶をめざす取り組みの意義と、その難しさを考えます。

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/index.html

 

「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「岩手県大槌町 宮村通典さん」」(NHK総合 午前10:50~10:55)

東日本大震災に遭遇した人々の証言。長崎県出身の宮村通典さんは、医師と僧侶の二つの顔を持つ。震災後に岩手県大槌町に移り住み、被災者の体と心のケアを行っている。

https://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

 

(再放送)「ラン×スマ~街の風になれ~選「キラリ!市民ランナーファイル第2弾」」(NHK総合 午前11:05~11:30)

初夏の湘南ビーチを駆ける大会で「親子ラン」に密着!コミュニケーションが難しいなど、発達障害がある子どもと、親が一緒に走る取り組みに迫ります。走ることで、のどが渇いたり、おなかが空いたり、刺激を受けて表情が豊かになる子どもたち。練習開始からレース本番まで、その変化をカメラが見つめます。家族一緒に走ることで感じる楽しさ、走りきることで達成感を味わうことの大切さ。その喜びは、すべての親子に通じます。

http://www4.nhk.or.jp/run/x/2018-06-30/11/6557/2686202/

 

(再放送)「100分de名著 三木清“人生論ノート”第3回▽“孤独”や“虚無”と向き合う」(NHK Eテレ 正午00:00~00:25)

三木清は、哲学者ならではの視点から人間が置かれた条件を厳しく見定める。そして人間の条件の一つを「虚無」だと喝破する。だがこれは厭(えん)世主義ではない。人間の条件が「虚無」だからこそ我々はさまざまな形で人生を形成できるというのだ。また、一人だから孤独なのではなく、周囲に大勢の人がいるからこそ「孤独」が生まれると説く。そして、その「孤独」こそが「内面の独立」を守る術だという。

http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/64_jinseiron/index.html#box03

 

(再放送)「ハートネットTV「続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して」」(NHK Eテレ 午後01:05~01:35)

バーチャル空間『セカンドライフ(SL)』。ここに自閉症の当事者たちが集う自助グループがある。昨年ハートネットTVは、米国の社会学者・池上英子教授が初めてアバターを操る本人に会う、アメリカ横断の旅に密着。放送をきっかけに、今日本でも自閉症の人たちがSLで「当時者の会」を開こうと新たな動きが始まっている。中心の朋さんは「日本では仮想空間であっても障害を明かせない」と感じ、初めての開催に向け挑戦する。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/841/

 

「ごごナマ「発達障害を知る ふつうってなんだろう?」」(NHK総合 午後02:05~02:53)

「発達障害」って何だろう。周囲から見えにくいため、誤解を受け、生きづらさを抱える人も少なくない。本人はどんな気持ちでどんな苦手と向き合っているのか。本人の経験を表現したアニメを基に、身近な例や日常の場面から考える。また、失敗体験の積み重ねから、うつ病などの二次障害についても解説。一方で、私たちはどう理解し、接したらよいのか。当事者である小島慶子さんが苦手と向き合う工夫や助かるサポートについて語る。

http://www4.nhk.or.jp/gogonama/x/2018-11-21/21/1283/2710687/

 

「NHK高校講座 地学基礎「大気の構造」」(NHK Eテレ 午後02:40~03:00)

地球の大気はほかの惑星と違い、地球史の中で変化してきた。また、地球の大気には、独特な組成と複雑な構造がある。この地球の大気を正しく知ることが気象を学ぶ入り口だ。地球の大気は目には透明だが、昼間は太陽の光によって青く輝いて雲が発生し、夜にはオーロラや流星などの発光現象が見られる。大気の観測や観察の結果を用いて、大気の構造を正しく理解しよう。【出演】関口知宏、垣内彩未【講師】武田康男

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/chigakukiso/

 

(再放送)「BS世界のドキュメンタリー「ダウン症のない世界?」」(NHK BS1 午後05:00~05:50)

出生前診断の精度が上がった結果、イギリスではダウン症の子どもが生まれる確立が高い場合、90%の女性が中絶を選ぶ時代になっている。番組のプレゼンターであるサリーは女優で脚本家。11歳になる息子のオリーはダウン症だ。サリーは、自分の実感としてオリーがいることに幸福を感じているにもかかわらず、世の中はダウン症を排除する方向に向かっているのではないか?明るく前向きなサリーが当事者たちに体当たり取材する。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170628

 

(再放送)「BS1スペシャル 老人大介護「中国14億人の老後/日中介護協力」」(NHK BS1 午後07:00~08:50)

中国・北京に出現した巨大「老人団地」。3千人が入所可能な老人ホーム群だ。一流シェフの料理が振る舞われ、敷地内にはプールや音楽室も併設。子どもに老後を頼らない高齢者が増える中国で、今、介護ビジネスが過熱している。施設の建設ラッシュが続き、日系企業の進出も相次いでいる。人材育成のために技能実習生として日本に学生を送り出す動きも加速。14億人の老後をどう支えるのか、激動の現場を追う。

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-11-21/11/7043/3115468/

 

(再放送)「ハートネットTV「罪を犯した発達障害者の再出発▽出所後の支援について考える」」(NHK Eテレ 午後08:00~08:30)

罪を犯した発達障害者の中には、刑務所や少年院をでた後も、障害への適切な支援を受けられず、結果として再び罪を犯す人も少なくない。どうすれば再犯を防げるのか考える。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/187/

 

「きょうの健康 全力サポート!子どもの発達障害「自閉スペクトラム症(ASD)」」(NHK Eテレ 午後08:30~08:45)

自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などが含まれる自閉スペクトラム症(ASD)。「コミュニケーションの障害がある」、「強いこだわりがある」という2つの特徴を持つ。この特徴のため、友達との間にトラブルが発生しやすく、いじめや不登校などが起こりやすい。こうしたことを防ぐためには、「療育」(治療教育)などにより、子どもがコミュニケーション能力を身につけ、対人関係における対処法を学ぶことが大切となる。

http://www4.nhk.or.jp/kyonokenko/x/2018-11-21/31/1416/2137759/

 

「国際報道2018」(NHK BS1 午後10:00~10:50)

最新の国際ニュース▽揺れる台湾。支持率低迷の蔡英文総統。統一地方選挙の行方は▽“現代アートの聖地”キュレーターは日本人▽岩手の伝統工芸品「南部鉄器」が海外で人気

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/index.html

 

「未来世紀ジパング ~今こそリーダー論!未来を拓く“世界一のリーダー”~」(テレビ大阪、テレビ東京系列 午後10:00~10:54)

国を引っ張っていくリーダーは、どんな人がいいのか?  うまくいっている国もあれば、そうでない国もある。国民が望むのは、経済?社会保障?それとも…。

今年は、日本では「自民党総裁選」、アメリカでは「中間選挙」があり、長期政権で“欧州の顔”ともいえるドイツのメルケル首相が引退することが決まるなど、「世界のリーダーの分岐点」でもあった。  番組では、「世界一」の称号を持つ3人のリーダーを徹底取材、どんなリーダーが国のトップとして良いのかに迫る!

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

 

「クローズアップ現代+ テーマ未定」(NHK総合 午後10:00~10:25)

http://www.nhk.or.jp/gendai/

 

「歴史秘話ヒストリア「鳥羽伏見の戦い」」(NHK総合 午後10:25~11:10)

もしこの戦いの結末が違っていたら、明治維新はなかった!?今から150年前、旧幕府軍と新政府軍が激突した鳥羽伏見の戦い。新政府軍の3倍の兵力を擁し、圧倒的な優位に立っていた旧幕府軍は、7日間にわたる激戦の末、謎の大敗北を遂げる。いったい何があったのか?そこには、リーダーのありえない判断や味方の裏切り、運命のいたずらがあった。新資料から、勝敗を分けた原因を徹底検証。日本の未来を賭けた戦いの真相に迫る

http://www4.nhk.or.jp/historia/x/2018-11-21/21/1307/1458364/

 

「BS世界のドキュメンタリー「性奴隷だったヤジディの私」」(NHK BS1 午後11:00~11:50)

各国の公共放送が参加する大型国際共同制作「Why Slavery?」の第3作は、IS=イスラミック・ステートに標的とされたヤジディ教徒の物語。男性は大量虐殺、女性は拷問やレイプの対象となったが、救い出された千人にのぼる被害者の調査を国際弁護士が行い、ヤジディの専門医が治療を指揮している。同胞を救おうと、辛い体験を公の場で語る女性も…。時間をかけて少しずつ心を開く女性たち。その一歩に寄り添う。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181121

 

「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:40~11:50)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

 

11月22日(木)

(再放送)「ETV特集 アンコール「長すぎた入院」」(NHK Eテレ 深夜午前00:00~01:00)

精神科病院大国、日本。世界の病床のおよそ2割が集中し、長期間、精神科病院で過ごす人が少なくない。国連やWHOなどからは「深刻な人権侵害」と勧告を受けてきたが、その内実はほとんど知られることはなかった。ところが、原発事故をきっかけにその一端が見え始めてきた。人生の大半を病院で過ごした人。入院治療の必要がなかった人。番組では、患者たちの人生を追うとともに、なぜこのような事態が生じてきたのかを探る。

http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-11-21/31/1848/2259602/

 

(再放送)「NHKスペシャル キム・ジョンウンの野望 第1集▽暴君か戦略家か 禁断の実像」(NHK総合 深夜午前01:50~02:40)

暴君か?策略家か?第1集は、謎に包まれた金正恩氏の実像と国家支配の謎に迫る。金正恩氏が政権について6年。急激に外交に動き出すまで、北朝鮮で一体何をしていたのか?NHKは金正恩時代の最新の北朝鮮の内部映像を入手。そこから、意外な「統治の秘密」が浮かび上がった。直接正恩氏に会った人々や、政権に仕えた元幹部たちの新証言や、金正恩氏が発した膨大な指示・発言のAI分析から、知られざる「人物像」を解き明す。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180415

 

「キャッチ!世界のトップニュース」(NHK BS1 午前07:00~07:50)

▽特集:台湾シリーズ(1)切り崩される台湾との外交関係国▽各国放送局の最新ニュース▽NY経済情報▽世界の天気ほか※内容変更の場合あり

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/catch/index.html

 

「ドスルコスル「こうする!大切な自然を守る」」(NHK Eテレ 午前09:45~09:55)

世の中の課題と向き合う子どもたちを追うドキュメント。兵庫県たつの市立新宮(しんぐう)小学校の子どもたちは、学校の荒れ果てた「自然の広場」を生き返らせるため、植物が生息しやすく、人も過ごしやすい環境を整えてきた。植物園の園長など専門家の知恵を借り、自分たちでできることを模索し、議論を重ねるなどして活動を積み重ねていく。自然と共生することの大切さと難しさを実感していく子どもたちの姿を伝える。

http://www.nhk.or.jp/sougou/dosurukosuru/

 

「学ぼうBOSAI 東日本大震災 被災者に学ぶ「看護師~宮城・女川町~」」(NHK Eテレ 午前09:55~10:05)

東日本大震災の被災地を訪ね、震災を経験した人の話を聞く「東日本大震災 被災者に学ぶ」シリーズ。大災害のとき、地域住民はどのように判断し、いかに行動したのか…。小中学生の子供たちが自分で判断し行動するためのヒントを提供する。宮城県女川町の医療センターで、医療品や食料が津波で流され、多数の避難者が押し寄せた事態に看護師はどう対応したか。中学生の子供リポーター、俳優の濱田龍臣さんが被災地を訪ね話を聞く。

http://www.nhk.or.jp/sougou/bosai/

 

「くらし☆解説 「"サイレントキラー"に備えを 松本 浩司解説委員」」(NHK総合 午前10:05~10:15)

不完全燃焼などで発生する一酸化炭素。臭いや色もなく、わずかな濃度で人を命を奪うため"サイレントキラー"と呼ばれています。寒くなって火事が多くなるこれから、極めて危険なこの一酸化炭素への備えを見てゆきます。

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/index.html

 

(再放送)「ウワサの保護者会「発達障害かも…どうすれば?」」(NHK総合 11:05~11:30)

落ち着きがなく、授業に集中できない。友達とのコミュニケーションが難しい。がんばっても学習成果が上がらない。発達障害の特性は「個性」とはっきりと区別する境界線がないため、保護者は疑問を感じながらも、そのままの状態でもんもんと悩むケースが多い。スタジオには、そんな悩みを今抱える当事者と、かつて同じ経験をした保護者たちが集まり、どんな心構えで子どもたちに寄り添えばいいのか、じっくりと話し合っていく。

http://www.nhk.or.jp/hogosya-blog/100/306973.html

 

(再放送)「ハートネットTV「障害と心の傷と~見落とされた虐待~」」(NHK Eテレ 午後01:05~01:35)

これまで実態が明らかではなかった「障害児への虐待」。去年有志の医師たちが、全国の障害児入所施設を対象に行った調査結果を発表、入所前の子どもの3割が、家庭などで虐待を受けていた可能性を示した。障害がある子どもがネグレクトや虐待を受けた場合、どのような問題を抱えるのか? 番組では、障害児入所施設にカメラを入れ、その実態と支援の現場を見つめると共に、親を虐待に結びつけないためのサポートについても考える。

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/628/

 

「NHK高校講座 家庭総合「これからの食生活~食料自給率を考える~」」(NHK Eテレ 午後02:40~03:00)

日本で1年間に出る「食品ロス」は632万トン。これほど食品ロスが出るに至った原因を、戦後日本の食生活の変化や食料自給率の変遷から知ります。そして、食料自給率低下を改善するための方策を「地産地消」などから学びます。また「フード・マイレージ」というグローバルな視点の環境負荷の指標を通して、高校生が食料自給率改善のために自分たちが何をできるか?を考えさせます。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/katei/

 

(再放送)「BS世界のドキュメンタリー「10万ドルのクローン子犬」」(NHK BS1 午後05:00~05:50)

1件10万ドル=およそ1千万円で、500匹を超すペットのクローンを誕生させてきた会社が“愛犬家大国”イギリスでの顧客獲得を目指して、「優勝者には無料でクローン子犬を贈呈」というコンペを開催した。拒食症に苦しみ愛犬を心の支えにする女性、自閉症の息子が唯一心を開くグレートデンを飼う夫婦…さまざまな境遇の愛犬家を前に、韓国の担当者たちは揺れる。クローン技術の限界やリスクについての専門家の見解も。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180111

 

「ハートネットTV リハビリ・介護を生きる「もう一人のイルカと奏でる音楽」」(NHK Eテレ 午後08:00~08:30)

シンガーソングライター・イルカ(67)は11年前に夫でプロデューサーの神部和夫さんをパーキンソン病で亡くした。次第に体が動かなくなり、自宅に引きこもった夫、イルカは介護に専念にするために、歌手を辞めようとも思った。でも「イルカの半分は僕だ」という夫の言葉で歌い続けた。去年リリースした「人生フルコース」は二人が出会ってからの人生を歌にしたものだ。「人生がフルコースなら還暦後はデザート。これからも…」

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/849/

 

「所さん!大変ですよ「誕生!?伝統工芸の救世主」」(NHK総合 午後08:15~08:45)

後継者不足に悩む染め物工房に救世主人が現れた。その人物は人とかかわるのが苦手な発達障害。接客業などは長続きしなかったが、自分の特性を発揮できる職人の世界で才能が花開いたという。調べてみると、困難に立ち向かいながら様々な分野で活躍する「ある種の天才」たちは他にもいることが判明。番組では、発達障害の子供を持つ親にも密着。子供のやる気を伸ばす教育の本質が浮かび上がる。ゲストは棋士の加藤一二三さん。

http://www4.nhk.or.jp/taihentokoro/x/2018-11-22/21/1834/2121148/

 

「国際報道2018」(NHK BS1 午後10:00~10:50)

最新の国際ニュース▽大阪に万博は再び来るか?開催地決定直前、現地から最終盤の情勢をリポート▽タイ“反軍政”のアーティストたち▽ラトビアのうなぎ。伝統の漁と料理

http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/index.html

 

「クローズアップ現代+ テーマ未定」(NHK総合 午後10:00~10:25)

http://www.nhk.or.jp/gendai/

 

「BS世界のドキュメンタリー「北朝鮮 外貨獲得部隊」」(NHK BS1 午後11:00~11:50)

北朝鮮が送り出す「ドル獲得の英雄部隊」は10万人とも推計される。常時監視下に置かれて1日12時間超の労働を強いられ賃金は当局に上納するため手元にほとんど残らない。取材班は脱出を図る労働者との接触に成功。現場でも突撃取材を繰り返し見張り役から断片的な情報を得る。ポーランドでは造船会社の経営者を装い北の代理人と“商談”へ…脱北した元高官らは国際的な経済制裁網の抜け穴を利用する北と協力国の互恵関係を語る

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181122

 

「時論公論 テーマ未定」(NHK総合 午後11:40~11:50)

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/

 


クリスマスギフト👉https://amzn.to/2QWXee2

【LG】有機ELも、そして液晶テレビも。👉https://amzn.to/2DNSjte

テレビゲーム👉https://amzn.to/2DOizno

家電・カメラ・AV機器👉https://amzn.to/2TrAswK

食品・飲料・お酒👉https://amzn.to/2DQ3Xnx

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ガールズ&パンツァー 最... | トップ | 「京都新聞」にみる原発・災... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ放送の紹介」カテゴリの最新記事