ひとり生物部

暇さえあれば山へ川へ

オオタカ、チョウゲンボウ

2017-06-18 17:39:32 | 野鳥
午前中は自宅周辺を歩いてみました。
サンコウチョウはいるのか、アオバズクが居そうな木があるのか。

ほとんど手付かずの所です。
家の前にこんないい所があったのか、裏にはこんな太いケヤキの木があったのか。
今さらながらです。

結局、目的の鳥たちはいなかったのですがちょこちょこ行ってみる価値はありそうでした。

午後はいつものコースです。
まずオオタカ。
見ずらい隙間からです。



大きくなりました。

次はチョウゲンボウ。
もう見れないと思っていたのですが、今日は巣の近くに全員?集合していました。
お父さんはいつもの木に。
久しぶり~

子たちはかなり警戒心が強くなっていました。
3羽、入り乱れて飛んでいました。
ただこの子は何回も近くを飛んでくれました。



ポヤポヤの雛の時から見ていた子がこんなに立派になって飛び回って。
感慨深いものがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョウゲンボウ | トップ | チョウゲンボウ、キジ夫婦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事