わんわんさんの楽釣行

メンバー募集中!面白くて面倒を掛けない人♪
メールはブックマークからお気軽に!

釣れない人というものは居るものである・・・・・・・の話し

2018年04月17日 | Weblog
釣り・・・・・・行ってますよ

メバルと青物とアコウ狙いで一回づつ行ったけど後は全部大アジ釣りに行ってるだけなので流石にネタ切れです

これだけ大アジ狙いで行ってるとアホの僕でも知識が蓄積されて釣るのも上手になります

潮の流れ速さで自分の釣り座では釣れないと分かるとムダにジャミを浪費したくないのでジャミカゴを小さいのに変えたりもします

船では釣ってる方の部類に入るので「どうやって釣るんですか?」と聞かれたりするけど釣果が伸びない人は大体、竿が大アジ釣りに合ってないのが原因です

最低でも6:4調子使って下さい僕は1万円ほどのプロックスのロッド5:5調子ムーチングの竿を使ってます

と、まぁ難しく無い大アジ釣りで前回のブログで一人だけボウズの人が居たコトを紹介しましたが・・・・・・・・

あの日は置き竿でも1~2匹は釣れると思われる状況の中でボウズで終わるのはミラクルだった
・・・・・・・・・

そのミラクルを起こした男が先週のアコウ釣りで再び一緒になった

釣り座は前回の大アジ釣りと同じで僕は右舷後ろで彼はその隣に・・・・・・・

「またミラクル起こしますか~ぁ」などと僕は軽口叩きながらおちょくる

まぁこんな軽口叩けるのも流石に二回続けてボウズなんて有り得ないからね

「今日はヤリますよ~~ぉ」とヤル気の返事で確かにタックルも調子が違うロッドを4本も用意してガチガチの準備態勢でスキが無い

持参したクーラーも大は小を兼ねるらしく何リッター?60リッター?

そりゃぁ動物園のライオンの檻に雀1羽展示する様なモンではないのかね

とにかく竿の本数もさることながら重装備ですわねぇ

・・・・・・・僕なんてアコウ釣りに興味がナイからこれでエエわいと何となく太刀魚ジギングロッドに電動リールの竿1本

船に8人乗ってたけど皆、予備竿らしき準備はしてるねぇ・・・・・・

タイラバは6個は持って行ったけど自作のビッグマウスに定番の赤ネクタイの一種類で・・・・・・・俺って劇的に準備不足でホントにアコウは興味ナイです

船に乗ったからには釣りますが、アコウより一枚でも鯛が釣れるコトを願いながら釣りをする

誘いを入れるのはベタ底から3メートルぐらいまででリールのハンドル5~6回ほど回すだけの作業

5~6回なら手で巻けっちゅ~ぅ話しだが、アコウはポンポン釣れる魚じゃないし何を狙ってるかを忘れた頃にヒットする様な感じの釣りなので手で巻くのは邪魔臭いと感じてる僕はたったの2~3mを電動リールに巻いてもらいます

まぁ~~ぁ当たり前に皆、手で巻いてます

それでも釣れるんです



僕が2匹目を釣った辺りでミラクルマンは頭を抱え始めた様子でロッドを変えてみたりタイラバを変えてみたりネクタイ変えてみたりワームを付けてみたりと試行錯誤を始める・・・・・・・

その姿を見て僕は「うんうん釣ろうとしているね頑張れ~~ぇ」と思った

この日は渋かったので一生懸命に電動リールのモーターを回してるのに中々釣れない日だった

変わらぬ状況に僕は飽きたので底から5~6mまで誘いを入れて真鯛狙ってみる

そう簡単に釣れるワケも無く「ダメかなぁ」なんて思ってたらヒット

コブダイじゃないよね?コブが付いてたらどうしょとメチャ不安来島で昔、コブダイの2連発をやらかしてから来島はコブダイ来島がコブダイとPTSDなのだ

どうも僕はコブダイと反りがクソ合わないので釣ってしまった日にゃぁもう1日テンション上がりません

しかしながら・・・・・・運が有るわ~~~~ぁ



60真鯛ゲットこれ一枚で僕はもう十分

もう後は釣れませんでした

釣果はアコウ4匹と真鯛1枚で多分竿頭だったかな

ミラクルマンはまたヤリました

下手な鉄砲数撃ちゃ当たるってことわざは嘘です

下手な鉄砲数撃てどほぼ当たらないが正解です

地獄に仏も違います地獄には鬼しか居ない

神も仏も居ないのかなんてコトも耳にしますがこれは正解

神も仏も存在しません

まぁミラクルマンは8人乗った船で1人だけがボウズだったのだ・・・・・・

船長とこの話しをキャビンで・・・・・・・・

マグレでも当たらんのかねぇマグレ当たりすら許されんのかねぇ

どうなっとんかねぇ不思議じゃねぇ

ミラクルマンはボウズ2回とも釣り座が船長の横だったので結局は場所が悪い船長が悪いとめでたく原因を突き止めました

僕も一応「そうだそうだ~ぁ」と調子を合わせておきました

釣れない人というものは居るもんであるめてたしめでたし

んなワケでまた今週は大アジ行って来ます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大アジ安定して釣れてる・・・・・・の話し

2018年03月05日 | Weblog
久しぶりの投稿で御座います

久しぶりすぎて編集画面の使い方もチョイ忘れてるし

太刀魚シーズンも終わりテンヤの作成も無くなったので暇を持て余していますってなワケでブログの更新などしてみようかと

今はピラール海人に乗って大アジ狙いで海に出てます

もう4回も行ってます潮は関係無く行けば毎度の釣果は最低10匹から15匹の間って感じです

大アジは決まった釣り方が有るので決まった釣り方で決まった様にヤレば決まった様に釣れ決まった様な釣果になるもんです

決まった様に釣ってればもっと釣れてもエエんやけど、ど~にも釣れない潮加減の時間帯に突入するとパッタリと一時間以上は釣れなくなります

よ~するに釣れる時間帯にどれだけ数を稼ぐかって具合です

大アジはデカイのが居ます61.5cmなかなか釣れないよこのサイズ



釣り上げたときの僕はデカイとも何とも思わずで・・・・・・・周囲が「デカ」「デカ」と注目するのでデカイんやと思った

計ってみたら60cmオーバーで僕もそのとき「デッカ」と思いました

長さで言えばハマチサイズやけど重さで言えば痩せこけたハマチの方が全然重いけどね~~ぇ

大アジはそこそこ釣れるモンです・・・・・・・と考えていたのだが先週はタマゲタことが有った

某日、海人10人で出船普段ならお客さんが多いので僕は乗れない日なのだがオオノさんが一緒だったのでスンマセン乗船

右舷五人で船尾にオオノさんでその横が僕で僕の左隣がエライ目に遭った

まぁ顔見知りだったのだが大アジを舐めて掛かったのがイカンかった気もします

しかしそんなに釣れんコトなんてあるのか?あるんやろねぇ~ぇ、実際あったんだから

踏んだり蹴ったりの上に運にまで見放さられるってコト・・・・・・あるんやねぇ~~ぇ、実際見たから

右舷側の全員の竿が釣れて曲がってるのに一人だけ釣れない・・・・・・なんてコト

その人の下にだけ魚が居ないってコトなんてあるのか・・・・・・なんてコト

やっと釣れたと思ったら途中でバレる・・・・・・なんてコト

釣れて巻き上げてるとオマツリしてラインを解いてる間にアジに逃げられる・・・・・なんてコト

僕も3~4回オマツリしてそんな状況になったがアジは逃がさず取り込めれた・・・・・・運が無いとしか言いようが無いです僕に運が有ったのか逃げずに上がって来たのがこれまた60cmジャストの大アジで御座いました

そんなこんなが有りながら釣りの方は流石に10人乗るとオマツリ連発で僕も周りに迷惑掛けない様にヤリたいコトを封印しながらの釣法で大アジは10匹のみで終了

オオノさん頑張って8匹+デカウマズラ一匹ゲット僕が船尾なら15匹は・・・・・13匹は釣ってましたけどね

この日、運が無かった人は結局ボウズって・・・・・貴方は恐ろしい

釣果が悪くなりそうなタックルを使ってはいたが0匹で終了ってのは理解すら理由すら僕の頭じゃ解析不能でした

まぁ一応声は掛けましたよ「逆に凄いコトやで」「なかなか出来るコトじゃナイで」「ミラクル起こしたやん」と・・・・・・これは慰めになっているのか?傷口に塩を塗り込んでいるんじゃないのか?とか言った後で「どっちだったんだろぅ・・・・・?」と回想してみたが良くワカランので僕は釣れたんだからそんなのどうでもエエわいと考えが落ち着いた


      そういえば・・・・・・・

海人プライベート出船の日に僕は便乗した

大アジやりながら潮待ちして青島で鰤と鰆の釣果写真撮ってサクっと帰ろうみたいなノリで計画

朝6時出船だったので昼には帰るやろ

天気が最高に良かったのでのどかぁ~に大アジと戯れる

昼も過ぎて何時までアジ釣りするんやろ・・・・・・まぁ天気がエエので時間などどうでもエエわい

昨日まで釣れてた青島が今日は厳しいとの情報だったので潮が良くなる時間のワンチャンスに掛けてそれまで大アジで時間潰すことになり・・・・・・まぁベタ凪やし適当でエエわい

結局14時過ぎまでアジ釣りしてるやん普通なら港に帰る時間やん・・・・・・・まぁ太陽眩しいのでどうでもエエわい

青島に移動しハマチじゃ無く鰤と鰆を狙う

ガチンコ船長「釣れるまで帰らんよ~~~」こっからが僕の仕事じゃいこの為に乗ってるんだからやったるでぇ・・・・・・・とは思うが

帰らんよ~って言っても釣ってるの僕とヒデ君しか居ないのにそんな上手い具合に鰤や鰆なんか釣れるんかしら・・・・・・・

僕は体力無いので電動ジギングで釣ってた、ヒデ君が釣って僕は釣れなかったの筋書きを描いてたのでヤリはするが釣れる気も釣る気もさらさら感じていない

何回目の流し変えやったんかなぁ・・・・・・ジグの回収なんぞ電動リールなので楽勝

ドカットに座ってリール全開で巻いてたら不意打ちでヒット

うぅ~~わぁぁ~~ぁ、そ~と~引くんですけどドラグを緩めに設定してて正解だった力抜いてたので竿持っていかれてたら号泣するトコやで

シンドイよ~ぉシンドイよ~ぉ、上がって来たよ~ぉ、鰤だよ~ぉ、90cmはあるよ~ぉ



ジグを後ろから丸呑みしててリアフックも付けてたので針を外すに一苦労

この一匹は電動ジギングはこんな釣れ方もするんやと気付かされた一匹となった

後は鰆が釣れたら撤収出来るので鰆を狙うが大体、僕が去年一匹も釣って無い鰆を今釣れってのが無茶な話しなんです大体、どうやって鰆を狙うのかがワカランもん

とにかくジグをシャクリ続けるしか方法が無いのでシャクリ続けるが・・・・・・

今度はハマチかい・・・・・・・またヒットでまた90オーバーの鰤釣っちゃうし

何これ鰤が釣れても全然嬉しくもナイ釣り上げて苦笑いするだけ

ガチンコ船長「鰆釣れるまで帰れんよ~~~ぉ

・・・・・・僕はもう奴隷の気分&ここはブラック企業やなと思った

とにかく船長が本気のヤル気を見せてるので、鰆を釣るしかマジ家に帰れないんだと必死で釣り続けるそんなとき鰆の群れが一瞬通った気配で二人共にヒット

ヒデ君は一瞬にラインを切られジグ失い終了

僕は青物の引きじゃナイ魚、多分鰆と思われるモノとファイト

結構な引きでデカイ鰆っぽい

・・・・・・・・・・・アシストフックを切られて終了で鰆の勝利

痛烈なる無念感そりゃねぇだろ~~ぉ空を仰ぐ

そんなトコ切られたら勝負にならんです完敗です釣るの無理です

鰆はこの一瞬のワンチャンスのみでした

16時半頃にガチンコ船長に鰆を諦めて頂き納竿

港帰ったら17時過ぎてるし昨日も乗ってんのにどんだけ釣りさすネンでした

どっぷりと疲れたが久しぶりにヤリ切った気持ちになれて楽しかったなぁ

来週はピーターさん来ます

自分が釣らなきゃイケナイってコトじゃないので楽に行って来ます

また更新して行くのでヨロシクです









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタルトップ修理・・・・・・・話し

2018年01月22日 | Weblog
何を使って直したの?と聞かれるので簡単に書いときます

なんせ今回は使いモノになったのでお知らせ出来ます

言っときますがロッドの先だけ買い換えるのが一番賢いです

僕は貧乏性なので自力で何とかしようと頭が回転し始めてしまうので修理に走ってしまうのであります

回転し始めると回転寿司のレーンより速く回転し始めます

作っては失敗、作っては失敗、またバラシて作り直しなんて工程を懲りずに何度もします

そういうの嫌いじゃないみたいで苦にならないのです

超綺麗に直すならロッド用の塗料とロッド回転台が必要だけど、普段は出番が無いので買ってまで修理しません

手です手使いモノになるほど直るなら少々、見た目が悪くなっても手作業あるのみです

トップ部分イエローにしてやりました



「あれ?こんな感じやったかな?」写真見ながら「ん???・・・・・まぁエエか」みたいな適当過ぎる修理のせいでロッドは2cmほど長くなりガイドも1箇所か2箇所か増えたが今更どうでも良い

壊れて無いロッドを借りて並べて見ながら作業しないからこんなコトになるのです

まぁメタルトップに戻れば感度も戻るのでエエんですこのぐらいの雑な感覚で修理しないと神経質になってしまいますわぁ

材料はこれだけです



上からメタルトップにするための形状記憶合金これをネットで見付けた時にロッドが直ったと思いました

下の黒い爪楊枝みたいなのは折れた部分をつなぐ為の中抜きのロッドソリッド必要なのは1cmほどなのでほどんどの部分が必要ナシ

勿体無いので次回また折れたときは銅パイプでも使って直してみようと思ってます

なんせ必要な長さは1cmほどやもん!ソリッド買うより断然安上がり

ロッドをつないだら糸を綺麗にお好みの太さになるまでクリクリ巻きましょう

接着材はガイド周辺の曲がらない部分は普通のアロンアルファを使いなさい

曲がるメタルの部分はアロンアルファ釣名人ソフトを使いなさい

釣名人ソフトは優れモノで曲がっても割れないです

ガイドを固定してる黒塗りの部分はダイソーのエポキシ接着剤にホビー用のブラック塗料を一滴垂らし一緒に混ぜてやると半透明が黒色になるのでエポキシで代用してます

硬化時間がチョット遅くなるけど普通に固まりまっす

それを爪楊枝を使って塗ってみたりライターで軽く炙ってみたり厚塗りになってしまったら硬化してからペーパー掛けて細くして黒の塗料で塗ってみたりして誤魔化してます

写真の一番左は車用の塗料です

ロッド用の塗料はお値段高いので筆付きのカラータッチペイント使ってます

ロッドが曲がればすぐに割れて剥げるかなぁ?とも思ってましたが今の所は大丈夫そうです

剥げたらまた塗ればエエしね

真似するのは良いけど参考程度にしてください

今の所は使えてますが繋げた部分が外れるか回るかで、どっちみち再修理する日が来ると思ってますが大丈夫

もう頭の中では更にしっかりした修理が出来るイメージが有りますから

修理がしたいので次壊れるのを楽しみに待ってたりして

とにかく使いモノにはなりますよ

2000円もあればこの程度までは修理出来るので試してみても良いかと

そんな感じで御座います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残念ながら生きてます・・・・・・の話し

2018年01月21日 | Weblog
残念なコトに僕は生きてますよアンドウ君も生きてました

なんと2ヶ月ぶりの更新ですか

売れ無い予定で作ったわんわんテンヤが期待を裏切り売れるからずぅ~~~~~っと作り続けてました

買ってくれる人は掛かりが良いとのコトでまた買ってくれてるみたいです

・・・・・・・・・作っては納品



太刀魚シーズンはテンヤの動きも早く落ち着く間も無く長戸釣具のお母さんから電話があり「また持って来てぇ」の催促で再び作業開始で作成



・・・・・・・・こんなコトが何時まで続くやろ・・・・・・

自分のテンヤすら真面に作れん状況が続いたが・・・・・・やっと今、今完全なる落ち着きタイムを迎えるコトが出来たのであります

今日まで合間合間に自分の為の作業もしてました

ダイワ極鋭太刀魚テンヤロッドのメタルトップ部分が折れた竿先を自分で修理して使ったものの敏感な竿が鈍感になったので再び再修理

今度はメタルトップ部分をメタルトップで直してやりました



感度良好16日、海人にてドラゴン炸裂竿頭

メタルトップはメタルトップで修理可能トップ部分だけ1000円ほどでネットで売ってますよトップが記憶形状合金だと気付くのが遅かったので、今となっては無駄金をダイワに払って修理してしまったのが悔やまれます



わんわんテンヤ、ジャンプオリジナルテンヤと変わらん程は仕事します

この日僕が竿頭になれたのはテンヤのせいじゃなく腕のせいと高知のお客さんが居なかったせいです


写真はわんわんスペシャル一軍テンヤですので売ってるモンとは餌止め部分が違うのと自分のなので綺麗に色も塗りホロテープも綺麗に貼っています

シルエットと針は同じですまぁ普通に釣れるしテンヤヘッドの色はお好みで塗り変えが出来るし針がダメになったら針だけ変えれるし失わない限り長い間使い続けれる一品で御座います

ホントに針は5分あれば簡単に変えれる仕様なのでテンヤを使えない道具箱に入れない様にして下さい

色々作ってテンヤが増えたのでテンヤケースを簡単に作ってみた



なかなか収まりが良く具合がいいです

呪いが掛かるかもしれないので真似しないでね

てなコトで残ってる作業に戻らせてもらいますほなまた




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太刀魚釣れるじゃん・・・・・・の話し

2017年11月11日 | Weblog
何回か釣りに行ってるけど青物ばっかりだったので更新してませんでした

青物は釣りに行けばコーヒー飲み過ぎたら当たり前に下痢をする如く釣れる状況なので面白い話しひとつ起こりません

それよりもワンワン太刀魚テンヤを作らねばなりません

ついでに失った青物ジギングの釣れジグも作って補充しとかないとイケマセン



最近、楽に釣ろうと考えロングフォールジャーク用のロッドを買って使いだしたがマジで楽チンなのでハマってしまった

手持ちのジグの中でロングフォール用に使えるジグってのが良く分からなかったのでアレやコレや試した結果、この3種類が釣れてる感じなので大体これらのジグだけプチ増産してます

テンヤは長戸釣具に20個づつ納品するが結局は売り切れるんです

テンヤヘッドは色もホロテープも貼ってないのでお好みで好きなのを貼って下さい

僕はダイソーのホロテープをこんな感じで貼ってます



最初は4~5パターンの色違いを作って使ってたけど釣ってて何となくアタリが多い様な気がしてるこの2パターンだけしか今は使ってません

・・・・・・内心、テンヤのヘッドなんて色もテープも必要無いんじゃないかとも思ってますけど

テープを貼るのを前提にヘッド作ってるので曲面が少なくテープは貼り易いです

針は0.3ミリの銅線巻いてハンダで固定してるだけなのでハンダ付けが出来る人ならダメになった針だけ交換も簡単に出来るので好きな針に変えてみても良いと思います

僕のテンヤは針が細いので刺さりは良いが弱いのでリールのドラグを締め締めならデカイ太刀魚釣ったときは針が伸びまっせ

もしくは太刀魚からテンヤを外す時に力を入れて抜こうとするので針が伸びてるのかも

とは言え伸びたら手で曲げ直しすぐ復活するのでダイワ極鋭太刀魚テンヤロッドのメタルトップの穂先みたいに簡単に折れるコトはないのでマシな代物とも言えます

・・・・・・・もう二度と買わないダイワ極鋭テンヤ竿今回二回目の穂先折れ

あまりに高額過ぎるので折れた穂先にトップガイドを付けて使うコトにしました



ガイドに引っかからない様にエポキシ使って上手いコト綺麗に直してやりました

もれなく敏感なロッドが鈍感なロッドになってしまったのが不安だが使い手が鈍感な僕なので問題ナイような気もします

結構折ってる人は多いみたいですシマノはどうか?と聞いてみたらシマノはもっとエグいってコトでシャクってシャクっての誘いをする人にはどちらも・・・・・・使わない方がエエかなぁ

7日火曜日は海人で太刀魚一本勝負

ポイントは広島方面の・・・・・・ここは何処なの~ぉ?????

始めて来た見知らぬポイントで船長も同様

船は五隻ほどしか居ないし松山方面から来てるのは我々ともう1隻のみでした

何かの養殖イカダがズラっと並んでおり潮通しは悪く水深は大体46mでゆっくりイカダの横を舐める様に船が流れるて動くので非常に釣りやすい

しばらく釣ってると二つ目の筏を過ぎた辺りの水深41m~42m近辺でアタリが多く熱い棚ってコトに気付いた

実際その筏を通り過ぎるとアタリがガタっと落ちるのであります

どうもその辺りに太刀魚が固まって居るみたいでその近辺が迫ったらチョイチョイっと誘いを入れれば良くアタル

これはそのコトに気付いたモン勝ちです

後はその繰り返しでバラシも多いが釣れもする

釣れるサイズは可も無く不可も無くだが贅沢言えばもう指半分欲しい感じ

まぁ釣れるんだから文句はナイです久しぶりの太刀魚釣りが楽しくって僕は仕方がありません

天気は良いのでTシャツ一枚になりうひゃひゃひゃと楽しく釣りをする

と・・・・・・・・ん??後ろからお客さんと船長の話し声が聞こえる

何であの人だけ釣れてるん?電動リール巻いてるんやろか?とか何とかオレノコトカネ?

調子良く釣ってるは船の右舷前に居た僕と左舷二人のジギング組だった様子で船の後ろの4人は苦戦してるみたいでありました

釣ってたジギング組と棚の話しをすると41mってコトで激熱棚41~42m確定でした

後ろのお客さんに「良く釣りますねぇ」と言われ「いえいえたまたまです」とは答えたが釣れる棚は聞かれなかったので言いませんでした

お客さん使ってるのはジャンプオリジナルのテンヤなので釣れるテンヤ

僕が使ってるのは自作ワンワンテンヤ

この日は電動リールゆっくり巻いてても巻いて無くても関係ナシ

僕が誘ってたのは決めた棚、たったの3~4mのみ

・・・・・・・釣れる釣れないは結局は棚取りのみでテンヤなんか関係無いとじみじみ感じた

この日は水深も変わらずホント簡単な釣行だったが水深100m超えてくると僕はも~~ぉ「どこで釣れますのぉ?」と、毎度頭を抱えてますけど



何匹釣ったんかねぇ?結構釣った気分やったけど30匹もは釣って無いねぇ

なんせ久しぶりの太刀魚狙いで面白&楽しかったです

来週も行こ~っとではまた




コメント
この記事をはてなブックマークに追加