Ma+Me+yu まとめとゆ

建築記録で始めてから、いつの間にか日常の雑記になりました。24年4月からイタグレの ゆめ も家族に仲間入り。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今は便利ね ―留学費用編―

2018年08月23日 | ■留学の事

留学中の生活に必要なお金について、です。

いろいろ調べて、

●クレカ:2枚 
●クレカ付随のデビッドカード:1枚
●海外キャッシュカード:1枚

これらは親の口座から引き落とされます。

使用用途は

・生活費
・学費
・ボストンキャリアフォーラム関係

です。


他に、娘自身の口座から引き落とされるクレカとデビッドカードも持参。
こちらは彼女が「遊び」と認識する部分で使用するようにしています。

・パーティ
・旅行

とか。

クレカは
・アメックスセゾン
→大学からの指定だったので新規で作製。使用額が大きいので、永久不滅ポイントも利点。
・Life Visa
→学生用で、使用に応じてキャッシュバックがあるから。

クレカとは別のカードも必要かと
アメックス付帯の家族チャージが可能タイプ『NEO MONEY』も用意。

このカードはデビッドカードとは違い、口座に直結していません。

チャージ範囲内でしか使用できませんが、現金引き落としもできるしデビッドカードのようにショッピングも可。

 

いろいろ悩みましたけど、こちらに落ち着きました。
たぶん、キャッシュレスがしっかり身に着いちゃいそうですね。

 

と思って用意したものの、娘から

「行ったところのスーパーで使えなかったから現金引き出して買った」

「Get Cashになる」

と。

うーん、なんでなんだろう。

ちいさいスーパーだった?

別の店舗で試してみてもらうしかないですね…。

コメント

共同生活、始まり ―ルームメイト編―

2018年08月23日 | ■留学の事
到着日は一人ぼっちで過ごした娘ですが、

翌日、同室の子が入寮したそうです。


お父さんとお母さんと、若い男の子(彼しかお兄ちゃん)も一緒で
みんなで荷物を運んでセッティングしていったんだとか。


なんとMy冷蔵庫やコーヒーメーカー、掃除機まで持参。
「私達で使お」と言ってくれたとか。

娘は学内コンビニや学食で使えるミールプランですが、
彼女は自炊らしく、調理器具も大量に運んできたそうです。

で、大学から車で40分n所に住んでるからか、
娘が「日本から」「1年家族とは会えない」と話すと
とても驚かれたとか。

「クリスマスも?!」

…留学ですからね。

お父さんが、交換留学に食いついてきて、システムとか
聞いてきたって。

その日の夕飯は、その子の運転する車でスーパーまで連れて行ってくれたとか。


遠慮しいな娘は、そんなおおらかな対応にドギマギ。
こういうのも、課題ですよね。

コメント

勝手がわからない ―入寮編―

2018年08月23日 | ■留学の事
トランジットトラブルから、無事入寮できたわけですが、

娘はまだSIMを購入してません。
なので連絡はもっぱら大学のFree Wi-fiです。

向こうでは朝10時頃、Line電話をしてみました。

…顔がムクムク、まぶたがぼってり。

「…時差ボケ…」

外に出るよう促しましたが、Wi-fi切れるのがイヤなんだとか…



ここで寮について。

契約した寮は6人シェアタイプ。
1人部屋が2つ、2人部屋が2つ。

娘は2人部屋を選びました。
ここはすごく悩みました。引っ込み思案な子だし。でも共同という経験も貴重ということで。
どんな子がくるか、神のみぞ、です。

で、到着したら、娘が一番乗りでだーれもいない。
ガイド役の学生さんが部屋まで案内してくれて、おしまい。


部屋の基本ルールなんかも一切なし。
寮なので、部屋へのドアの開け方も特殊らしくて1度や2度締め出されて何度も1Fの受付カウンターに
出向いているうち、「なんかかわいそうに思われた」とのこと。

今日の食べ物が何もない、と訴えると、ピザ屋さんとか教えてくれたりしたそうです。
娘は仕方ないからシャワー浴びて、寝た、とのこと。


ま、ちょっとずつ、ですよ。
コメント

さっそく、トラブル ―入国編―

2018年08月23日 | ■留学の事

朝8時に成田へ着き、ゆっくりするまもなくアメリカ行きの飛行機を見送り、その足で地元へと戻りました。


スマホの時計に『ウィスコンシン』をセットし、到着時間を予測。
こちらが夜も更ける頃、トランジット先のダラスに着いたとLineが入りました。


「100人くらい審査受ける人いるけど、審査官が1人でたぶん次の便に間に合わないかも」


恐ろしいこと言ってくれる。
ダラス空港で途方に暮れてる娘を想像し、慌てて乗継間に合わなかったパターンをググる。


ググってるうちに…「何とかなる」って結論に。
アメリカではよくあることらしくて、間に合わなかったら航空会社に相談して
振り替えてもらうらしい。


次の便が飛ぶまでに30分切った頃、娘の乗る予定の便の搭乗者に呼び出しがかかり、
優先的に入国審査が行われ、無事乗り継ぐことができたそう。

到着地の空港では迎えの生徒さんとも巡り合えて寮に着いたとの連絡が。



ああ、よかった。

コメント

長女が交換留学へと出発。

2018年08月23日 | ■留学の事



今年21歳になった長女が、念願のアメリカ交換留学へと旅立ちました。


これは物忘れの激しい私のための備忘録。




そもそも、長女の眼が海外へ向いたのは高校2年生の時。
OBに、在校生サポートに熱心な方がいて、選抜制の海外研修など設けてくださっていたのです。
それに応募し、選抜され、約10日パリとロンドンを巡ってきたのです。


それから海外への夢は広がり、大学進学もその夢を兼ねられる方面で選択し
入学後はさらに学業に励み、好成績を表彰されもし、交換留学への選抜に無事通過。





ようやく今日、送り出せました。


色々あったので、記念に記録しておこうと思います。
コメント