レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

ロースト塩ポーク

2011-07-20 |  ├ 常備菜・保存食・真空パック

粗塩のみで漬け込んだパンチェッタでローストポークならずロースト塩ポーク。
ふわふわジューシーで旨みが凝縮した、シャトルシェフで作る簡単・省エネローストポークです。

500gの豚バラに大さじ1強の粗塩、塩辛くなるかなと思いきや良い塩加減。
夏の暑さ、肉汁に流れ出る塩でよい塩梅に感じるのでしょう。

 

最近のマイブームはパンチェッタ作り。
豚バラやロースのブロックの特売を見つけるととりあえず購入し、
粗塩を擦り込んでピチットで包んでチルド室へ入れています。

こちらは1週間で2度ピチットを交換しました。
(この時点で触ってもほとんど水分が手につきません。)
和食、洋食、中華、何にでも利用できる様にハーブ系は一切使わず粗塩のみで漬け込んでいます。

Cpicon ピチットで失敗知らず☆手作りパンチェッタ by chima@

 

 

まずはロースト塩ポークから。
作り方は至って簡単。

1.油をひかずにパンチェッタの表面をこんがり焼く。

2.真空袋に焼いたパンチェッタを入れ脱気・シールする。

3.シャトルシェフの鍋で沸かしたお湯の中に2を投入。

4.2時間放置(断熱調理)。取り出して切り分ける。

※2時間放置…にしていますが、昼作って夕食に取り出してもまだ熱々ですよ。
(私はいつも昼間に作って夕食時に取り出しています。)

 

火を使ったのは、表面に焦げ目を付ける為に炒めたのとお湯が沸騰するまで沸かしただけ。
あとは放置プレー。
これだけでとっても軟らかくてジューシーで美味しいのよ。
真空パック機がなくてもジップロックで脱気、
シャトルシェフがなくても鍋に新聞+バスタオルでも出来ると思います。

 

 

 

こちらはチャーシュー。
2の真空袋に入れる段階で醤油大さじ3、ミリン大さじ2を加えただけです。
ラーメンに入れる前にサンドイッチやお弁当であっという間になくなってしまいました。

 

で炒めた時に出た脂、ラップで包んで冷凍しています。
炒め物やラーメン等に再利用する予定です。

 

今回は2ブロックのパンチェッタを作り1つはローストポークに、
残りの1つは厚み1センチの短冊に切って冷凍しました。

冷凍する時、アルミトレーで一旦離して並べ凍ってからジッパー袋に移しています。

 

バラバラになっているので、こうすると使いたい分だけ使えて便利!

 

先日、150g生地4枚でピザを焼いたのですが、
このパンチェッタとクリームチーズとバジルをのせたバージョンが大好評でした。

 

 

正規品・ソラクルの真空パック器(脱気シーラー)  DUCKYを使用しています。

真空パック袋はこちらから→ 彊美人ウルトラチューブ

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 保存食へ 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 八雲神社のお祭 | トップ | 山ちゃん風手羽先の唐揚げ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。