レンレンのひとりごと…

毎日のお弁当・手作り料理・手しごと・おでかけ。そして、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。

夢いっぱい!鬼太郎ひろば【調布市】

2021-04-17 |   ├ 関東―東京

わが家と多摩川をはさんでお隣の町調布にある鬼太郎ひろば。
子どもが小さかったら自転車で通ってたかもしれない距離にあります。

調布は水木しげるさんが50年以上暮らし、その間に「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」「テレビくん」など、数々の名作が生まれました。
「水木マンガの生まれた街調布」のプロモーションの一環として水木プロダクションの協力を得て作られたのがこの鬼太郎ひろばです。

 

 

公園に入って直ぐに鬼太郎がお出迎えしてくれます。

 

 

「妖怪と座れるベンチ」の真ん中には、やまびこ。

 

 

「妖怪と座れる縁台」には、ぬらりひょん。

 

 

ぬりかべクライミングではボルダリングが出来ます。

 

 

一反木綿ベンチでは子供たちが裸足でベンチの上を行ったり来たり走り回ってました。

 

 

滑り台になっている鬼太郎の家。

 

 

家の中のちゃぶ台には目玉おやじがいました。

 

 

噴水になる予定の「河童の三平池」。

 

 

池の中の切り株の上でポーズを決めるカッパのかん平、それを囲むように少年の三平とタヌキがいます。

 

 

ねこ娘とねずみ男が顔をのぞかせたユニークなトイレは、男子用と多目的トイレ。
トイレの表記も鬼太郎とねこ娘に目玉おやじ。
なかなか細部までこだわってます(*^▽^*)

 

 

公園は京王線の一部を利用して作られていて、丁度トンネルの出入口になっており電車が行き来する様子を間近で見ることが出来ます。

 

 

鬼太郎ひろば
東京都調布市下石原1-58-5
https://csa.gr.jp/contents/8090(調布市観光協会)
時間 : 24時間
入園料 : 無料
備考 : 駐車場なし
アクセス : 京王線調布駅中央口より徒歩12分

 

 

 

ランキングに参加中♪ クリックしていただけると励みになります!
レンレンのひとりごと… - にほんブログ村 


コメント   この記事についてブログを書く
« 桜団子も終わりの季節 | トップ | 春の味♡さくらまんじゅう~道... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。