高砂の幟旗のチュニック(柿渋染め)

2016-01-24 12:35:54 | Weblog
昨日の昼から何十年ぶりの寒波到来と予報、風が吹いて、冷え込んではいますが
雪は降らず、お日様の日差しも時折差し室内に居ると穏やかに感じます。
今日は外出は控え、ゆっくりと後3点程、2月の展示会出品のデザインを考えています。

今日の作品紹介は、縁起物の高砂の鶴・亀・松の絵柄を前身・後ろ身の配し
柿渋本来の染めで仕立てていましたが少し明るい雰囲気になり、鉄媒染でグレーぽい
風合いに染め直しました。
派手さが抑えられ、高砂の絵柄も以前と違い落ち着いた感じに成った様に思います。

柿渋染めをはじめてから6年余り、色々な失敗を繰り返し、水洗いの際に使用してた
洗濯機も全自動から二層式に替え、干場も向きを工夫、何とか思う色合い、風合い
に染め上がる様に成りました。
一般に「柿渋を掛ける」と表現されますが、何をするのも突き詰めれば奧が深い様に思います。

一月中旬から寒のお日様の優しい日差しに当て、今年初の柿渋染めをお客様(和裁をされるお客様)
の依頼で紬の着物を解き、表地・裏地 一着分を染めています、もう一度着物に仕立て直される
予定らしいです。







ブログにて紹介の商品のお問い合わせは福井工芸のホームページから
お気軽にメールにて宜しくお願いします。

ランキングに参加しています、宜しければポチっとお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへにほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 染色・染物へにほんブログ村
リメイク着物 ブログランキング
コメント    この記事についてブログを書く
001208さんの出品
他の出品作品をマルシェルで見る
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大島紬と絞りの帯から手提げ... | トップ | 書生絣・雪ん子からジャケット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事