CAD教室 ヘッド

修正ができる:5時間コース
図面が描ける:15時間コース
出張研修
個人指導
電話:045-754-8181 

01 線分を二等分する

2019年12月05日 | 基礎作図 用器画法

01 線分を二等分(垂直二等分線)する

■垂直二等分線とは、

線分の中点を通り、線分に垂直な直線です。

・円弧の場合も適用できます。

・垂直二等分線を描く作図は作図の基本の中のひとつです。

 

●基礎作図を、

製図の基礎知識として習得すると、

・図面のみかた

・図面の描き方、表し方 を正しく理解することができます。

・受講生から好評をいただいている、基礎作図教材のなかから出題しています。

また

・正弦波曲線、サイクロイド曲線、インボリュート曲線 等の

 グレードが高い作図のときに「力」を発揮できます。

 

つづきは[基礎作図]をご覧ください

次回予定  線分上の指定点から垂線を描く です。

 

 

 

コメント

00 三角形の五心

2019年12月03日 | 基礎作図 用器画法

 00 三角形の五心

重心 内心 外心 垂心 傍心

・定理 ・性質をまとめています。

三角形の五心の要点です。

図形に対して基礎的な思考力、判断力を身につけることは必要です。

 

 つづきは[基礎作図]をご覧ください

次回 「線分を二等分する」 です。

 

 

 

 

 

コメント

基礎作図[用器画法]

2019年11月23日 | 基礎作図 用器画法

 基礎作図[用器画法]はじめに

 

基本作図とは、定規、コンパスで図形を描くことです。

・線分の二等分線をひく

・角の二等分線をひく

・直線に垂線をひく

・平行線をひく  等は図形を描くとき、よく利用する作図です。

         ”基本作図”といいます。

  

つづきは[基礎作図]をご覧ください

コメント

投影図 等角図  作図問題

2019年11月23日 | 製図一般

図面が読めると図面が描ける

[3-6]投影法 等角図 作図問題

立体図のなかで、実用性が高い等角図を、

初級者を対象にして、

わかりやすく、要点を解説してきました。

 

作図練習問題の目的は、

a)立体を読みとる

b)立体を表現できる

c)ルールに従って、立体を平面に描きうつす

 ことができることです。

 

[ポイント]、[アドバイス]を参考にしてください。

 

つづきはCAD教室ヘッド[製図一般]をご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

図面が読めると図面が描ける [#3]投影図 等角図

2019年11月23日 | 製図一般

[3-5]等角投影(アイソメトリック)

 

投影図(平面 正面 側面)から、

対象物を立体イメージとして表現します。

 

●等角図(アイソメトリック)は、

X、Y、Z軸とも実寸法としますから、

全体のバランスをつかみ易いのが特長です。

 

●キャビネット図は、

正面を実寸法で描きますから、

対象物の特徴を分かりやすく表現できます。

 

■等角投影図については次の機会といたします。

 

ホームページでは、[等角投影]を

簡潔にまとめ、説明しております。

 

つづきはCAD教室ヘッド[製図一般]をご覧ください

 

次回 投影図と等角図 作図問題 の予定です。

 

 

コメント