心のマッサージ

松カウンセラーの日記

憎まれ・批判され・嫌われたら?

2017-04-30 08:57:56 | 日記
   丸山芳浩先生のメッセージより紹介します。
 人は憎まれます。批判されます。嫌われます。どんなにいいことをしても嫉妬する人がいます。そうなると「何でそこまで言われて私やらなきゃならないの」と言いたくなるのが人情です。憎んでる人の口を強制的にふさぐことはできません。私を嫌うな!と言っても嫌う人は嫌います。心のレベルが低い証拠です。
  その時に自分に「私は何のために生きているのか?」と自問自答すると暗号解読ができるようです。私は「○○のために生きている」という答えが自分にはっきり浮かんできました。憎んでる人に「憎むな」といっても、憎む人はプログラムに「憎む」がセットされているのでそんなことは聴きません。
 私は「嫌わないでください」というために生きているのではありません。暗号解読のパスワードは、私の目的が明確になると腹が据わり気になららなくなります。
コメント

成熟した人間性があってのカウンセラー!

2017-04-29 09:16:19 | 日記
   カウンセラーが目指す大事なことの一つに、クライエントの「あいまいさ」「どんよりとしたキモチ」を逃げ出さず傾聴できるかが問われます。これができないと、クライエントの葛藤を聴き続けるのが苦しくなり、そこから逃げ出したなります。逃げ出すとは、「もっと他の道を探しましょう」とアドバイスしたり、「きっとあなたなら出来ますよ」と安易な励ましををして、前向きに考えることを促します
  けれど、こんな風に言われたクライエントは自分の「キモチ」が置き去りになった感覚に襲われます。卑しくもカウンセラーを目指すのであれば「クライエントの方が修羅場をくぐぬけたからこそ・・・傷ついて問題や心の病になったかもしれない」と創造力を働かすことが重要です。クライエントの暗闇と絶望に向き合い、しっかりとそこに止まり、寄り添い続けることが肝心です。
  こうした「本当の人間の強さ」「純粋さと忍耐」がカウンセラーに求められるのです
コメント

癒された「白衣の天使」

2017-04-28 06:25:01 | 日記
 かかりつけ医に定期健診に行きました。4か月前、副院長の秘書役をしていた看護師の腰の低さと人間性に驚きとても癒されました。2か月前には、なんと人間力が認められたのか医院長の秘書役に変わっていました。ああこんな看護師さんだと患者さんも嬉しいだろうなと思いながら帰ってきました。
 先日その病院に行ったら「白衣の天使」がいないのです。聴いてみると「退職」されたたとか?これは職場でよくある「出る杭は打たれる」の嫉妬感情?から「いじめ」でもあったのかと妄想を膨らませたくなるほどでした。
 私も「また新たな仕事を増やして・・・」などと陰口を叩かれました。白衣の天使に患者さんのために癒しを送り続けた人が周りの醜い嫉妬感情から引き下げられ「醜い天使」のため退職せざるを得ない現実に忸怩たる思いを馳せました・・・
コメント

「資格」に「命と魂」を!

2017-04-27 06:34:12 | 日記
  カウンセリングの資格はあるけれど、臨床体験が皆無に近い方が心病む方にカウンセリングすることは、自動車の免許はとったもののペーパードライバーで錆びついた手と足で東京の新宿辺りを運転するのと同じくらい危険な行為です
  心が傷づくことは生涯忘れられない大きな禍根となります。ペーパーカウンセラーもペーパドライバーも、臨床と実践なしには相手を傷つける行為となります。しかし、業界の中ではなんとそんな人の多いことか?大量生産される「資格」に「命と魂」を吹き込むベルトがないと、交通事故がやみません。心したいものです。
コメント

外見でなく内面(人柄・人格)が重要

2017-04-26 06:16:40 | 日記
  「踊る!さんま御殿」という番組で、神田愛花元NHKアナが、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀さんと交際してると衝撃発言。明石家さんま さん初め出演者は、なぜ日村さん??と必死に聞くのですが、神田さんの答えが理解できません。あなたのような美女で才媛が、なぜお笑い芸人の決してイケメンとはいえない(失礼) 日村さん?というクエスチョンマークが沢山でていました。
  美女はイケメンという私たちの思い込みが邪魔をしています。神田さんからは次から次へと日村さんのいいところがでてくるのです。神田さんの好きという感性が日村さんの悪いところではなく「いいとこ探し」をしているのです。「あばたもえくぼ」と言えばそれまでですが、「ドッジボール」ではなく「キャッチボール」の交流(交際)になっているのです。
  今回の「踊る!さんま御殿」は、外見(容姿)や名誉・財産で価値を認める思想に警鐘を鳴らしているのではないでしょうか?外面も大事ですが内面からにじみでる「人柄・人格」(ハート)が重要であることを教えてくれています。そして、その人でなければならない輝きがあり「ナンバーワンではなくオンリーワン」の人生を生きる「人生の質」が問われているような気がします。
  Love covers many infirmities.(愛は多くの欠点を覆い隠す)、Love is blind.(恋は盲目) !恋は恐るべし!!
コメント