心のマッサージ

松カウンセラーの日記

清掃は「優しさ」、清掃は「居場所」

2019-05-15 07:23:16 | 日記

 今羽田空港で清掃員500人のプロとして先頭に立っている新津春子さん。そこまでの道のりは厳しい逆境の連続だった。父は第二次世界大戦のとき旧満州に取り残された残留孤児で、母は中国人。17歳で渡った日本では壮絶ないいじめを受け「自分は一体何ものなのか」という悩みを抱えながら.唯一雇ってもられたのが清掃の仕事。
 清掃をして10年苦難を乗り越え日本一に輝いた頃気づいたのが、清掃は技術やテクニックではなく「優しさ」だということ。本当に気持ちよく使ってもらうために「心を込める」。そうすると自然とお客様から「綺麗ですね」「お疲れさ」と声がかかったそうです。
 何事もどんなスキルが優れていてもそれに魂がはいってないとプロにはなれないことを学んだ一こまでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生に特効薬なし | トップ | 蒔いた種のように花は咲く »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事