心のマッサージ

松カウンセラーの日記

感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず

2019-06-09 08:44:32 | 日記
   戦後70年 連合艦隊指令長官山本五十六は、部下育て、子育て、人間関係の要諦を次のように教えています。
  「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」は褒めることの大切さを説いてます。これに2番、3番があるのはご存知でした?
  2番目は「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」で「傾聴・承認・待つ」が大事と説いています。
  3番目は「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」で「感謝と信頼」が重要で
全ての場面で通じることです。
  海兵隊から得た教訓は、「できなかった」ことを叱るのではなく「やらなかった」ことを叱っています。できなかったことを叱れば「お前は無能だ」というメッセージになります。できたはずという「やらなかった」ことを叱れば「お前はもっと先にいけるはず」というメッセージになります。
  人育てのコツは「敬聴・承認・任せる・感謝・見守る・信頼」のようです。財産を残すは三流、人を残すは一流です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 謙遜を学ぶようにと 弱さを授... | トップ | 弱い犬ほど吠える »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事