心のマッサージ

松カウンセラーの日記

絶好調のときが一番危険なとき

2019-01-05 08:29:53 | 日記

 あるお寺の境内に「待っていると遅く 待たないと速い。調子が悪いときは神様は近くにいて、調子がいいときは神様は遠くにいる」という趣旨の掲示していました。なるほど・・・と感心しました。絶好調のときが一番危険なときです。試練のときは宝を見つけるチャンスです
   「期待ばかりしてると落胆が大きく、期待しないと心が平安になります」、我欲を捨てて「お任せ人生」を生きることができれば、チャンスは向こうからご褒美をくれそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「偉大な人は無名なままにいる」 | トップ | ロックの神様・矢沢栄吉は「... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事