心のマッサージ

松カウンセラーの日記

「自分は平均より優れている症候群」

2017-12-13 06:03:58 | 日記
 心の中には「自分は平均より優れている」と思い込みやすい傾向が強く、無意識に比較したり評価することが習慣になっています。例えば「俺はアパート住まいなのにマンションに住みやがって」「あの上司のパワポは分かりづらい」など・・・
ではどうしたら評価が気にならない?「不完全な勇気」「あいまいさを許す勇気」が大事です。例え短所や不完全な部分があっても「あるがままの自分」を受け入れることが大切です。完ぺき主義の人は「もっともっと・・・」と不完全を受け入れず自分を追い込むので自信が持てません。 「評価はその人の個人的意見でしかありません。自分の人格には関係しません」。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 困難は人生の幸せの学校の入... | トップ | 人生の信号は全部青とは限らない »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事