心のマッサージ

松カウンセラーの日記

上を見るな!身の程を知れ!

2018-11-11 08:52:51 | 日記

 この言葉は、300年続いた徳川幕府の徳川家康の家来が「天下をとるためにはどうしたらいいんでしょうか?」と質問されて、そのコツを家康が「上を見るな、身の程を知れ」と諭したそうです。 「上を見るな」は、テストの点数によく現れてるように、60点とってくると次は70点、90点と励ましていきます。100点取ってようやく終わりだと思ったら今度は100点からいつ90点になるか恐怖に襲われたそうです。つまり「比べている」うちは心の平安はないということです。他人の芝生はそんなに青くありません。よーく自分の芝生を見てみましょう。
  「身の程を知れ」は、私には頭痛が痛いです。それこそ自分の実態が見えないので「○○になれたらどんなに幸せだろう」と足元の幸せを見ずして、遠くにあるものを追いかけます。それが達成した瞬間、「ああやっぱり前の方が良かったかな」と後悔が始まり、自分の本拠地が少しずつ見えてきます。
 自分の位置を語れる人は、「上を見るな、身の程を知れ」を悟ることができるようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『人は悲しみが 多いほど人... | トップ | 劣等感をバネにした野口英世 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事