心のマッサージ

松カウンセラーの日記

貧しさや不器用、挫折や失敗が大事!

2019-02-09 09:30:03 | 日記

 脚本家倉本聡さんは39歳まで飛ぶ鳥落とす「もの書き」だったそうです。その頃NHKで大河ドラマを撮影中にADとぶつかり、途中降板という屈辱を味わったそうです。東京大学文学部卒というエリートであった倉本さんが屈辱の日にあったある日「底辺の人生を歩いている」ドラマ「北の国から」を作って、貧しさや不器用、挫折や失敗がいかに大事であるかを作品にされ大ヒット。
 学歴や財産ではなく貧しく不器用でも一生懸命生きている「北の国から」は高度成長時代の日本にブレーキとバックギヤが必要なことを教えてくれました。豊かさを与えた代償があることを1981年に既にレッドカードをだした卓越していた先見性には頭が下がります。「森の時計はゆっくり刻む」は立ち止まる勇気を教えてくれます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 音楽のプロが選ぶ日本で一番... | トップ | 人生という山を降りる技術 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事