心のマッサージ

松カウンセラーの日記

何かができたから褒めるのは「いい子症候群」

2018-01-17 06:00:58 | 日記
   何かができたから褒めるのは「いい子症候群」というそうです。優等生を演じる子を増長します。点数という「行為」を褒めるのではなく「存在」を褒める。「うちの子でよかった」「産まれ来て良かった」と存在肯定の褒め方が人間は意欲を出します。兄弟や友達を比較してほめるのは、他人の評価が異常に気になる子になる可能性があります。   
   「なにかができてもできなくても そのままを認める」ことが「ありのまま」の自分が育ちます。点数や出来栄えに左右されない親の覚悟が子どもを育てます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 商品が売れるビ・ミ・ツ | トップ | 受容共感の峠を越えた魂のバ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事