デ某の「ひょっこりポンポン山」

腎がんのメモリー(術後10年クリアーし"卒がん")、海外旅行記、 吾輩も猫である、人生の棚卸しなど。

続! 漂流アドベンチャー

2021-10-12 10:39:58 | 名残の季節
 漂流アドベンチャー ... 私も人生を漂流しています。漂流すなわちアドベンチャー(冒険)ではありませんが、何が起きるかわからない人生ゆえ 誰にとってもアドベンチャーかな? まぁそんなキリのない小理屈は置いておきましょう、ここは視たまま感じたまま!ということで ...。       前回の鳥島につづく漂流アドベンチャー(2) はフィリピンのバタン島。遠州灘~太平洋に出ると黒潮がやや南に蛇行、小笠 . . . 本文を読む
コメント (10)

漂流アドベンチャー

2021-10-11 22:20:34 | 名残の季節
 浜から遠く1~2kmの海を見ても特に恐くありません。しかし沖へ100mほど泳ぎ浜を見渡すとその遠さに!一瞬ぞっとします。小学生の頃、夏になると郷里の遠浅の浜から7~8人で丸太につかまり100~200m沖に出ました。一種の肝試しで、5~6年生は強がりつつ内心はびくびくで、3~4年生には泣き出す子も...。それだけに数百~数千kmの海原に出る恐怖は計り知れません。  NHK-BSP「池内博之の漂流 . . . 本文を読む
コメント (6)

続! 昔のラジオ

2021-10-07 00:15:09 | 名残の季節
 高校を卒業するということは、家を出ることであり郷里を出ることでもありました。不安など欠片もありません。背に大きな翼を得て大いなる自由へと旅立つ心境でした。そのとき両親がどんな思いであったのか … やがて我が息子が家を出る日まで知る由もありませんでした。                      半世紀あまり昔の郷里の海…埋立てられて今はありません。  郷里から流れついた先は京都。近畿放送ラジ . . . 本文を読む
コメント (10)

昔のラジオ

2021-10-04 17:08:35 | 名残の季節
 私の中学・高校時代...もう半世紀以上も昔ですが、その頃よく聴いたラジオ番組は日曜朝の「音楽の風車」と毎夕の「虹の彼方に」。視聴者のリクエストで選曲され「音楽の風車」は歌謡曲、「虹の彼方に」は洋楽中心に鳥取・島根をカヴァーする山陰放送ラジオの人気番組でした。    ※ 本文に関係ありませんが 鳥取県と島根県の地図上の位置関係、わかる方 いらっしゃいますか?(笑)                 . . . 本文を読む
コメント (9)

間もなく10月…

2021-09-29 10:57:35 | 名残の季節
 9月も残すところあと二日。空にも樹々にも風にも 日増しに「秋きぬと…」の気配を感じます。そうしたブログは10月になってから記せばいい ... ようなものですが、すっかりうらぶれた?ブログですから(元々うらぶれていた?) 思ったことは思ったときにさっさと記すことにしました。                                  QPらしい秋色の世界 ...  童謡「ちいさい秋」。『 . . . 本文を読む
コメント (12)

大相撲秋場所 ~ アーカイブ(02)

2021-09-27 01:22:18 | 名残の季節
     "長月" も間もなく終わり 早や "神無月" ... QPカレンダーをお届けします。                         大相撲秋場所が終わりました。コロナ感染により横綱白鵬はじめ宮城野一門が一斉休場。これに不祥事による朝乃山ほかの休場処分も加わり まさに相撲協会 "窮状" 場所となりました。更に正代・貴景勝の両大関が8勝7敗とぎりぎり勝越しの為体(ていたらく)…盛上がれま . . . 本文を読む
コメント (4)

目次 … 名残の季節

2021-09-27 01:21:32 | 目次(索引)
01. 中秋の名月ではないけれど… 2021.9.19   なんとなく気持ちが晴れないときに出かける和知の秋。彼岸花。月見草。    高樹のぶ子「エフェソスの白恋」。You tube. 辻井伸行「月光」   https://blog.goo.ne.jp/00003193/e/7774b223ce25e14376b76b3df8ee4ed3 02. 改めてアーカイブ(01) 日々 人々 … 2 . . . 本文を読む
コメント

改めて アーカイブ ➀ … 日々 人々

2021-09-23 09:32:30 | 名残の季節
       中秋の名月は 厚い雲に覆われた一昨日…               黄昏の公園グランドをジョギング(彷徨)しました。                                  Painted by QP(以下同)  ブログを始めて9年目を迎えました。長くお付き合い下さっている方。亡くなられた方。通り過ぎられた方。疎遠になった方。去られた方。新しくお付き合いいただいた方。改 . . . 本文を読む
コメント (4)

中秋の名月ではないけれど…

2021-09-19 23:32:02 | 名残の季節
 なんとなく気持ちが晴れないときに出かける和知(京都府)。台風一過の日曜日だからでしょうか 国道9号線はびっしり渋滞。漸く着いた和知 "道の駅" も "密の駅" でした。買い物は適当に切り上げ由良川畔、山野草苑へ。此処にナニがあるわけでもないのに なぜか心が和みます。             まだ "夏" の雰囲気を残す由良川畔に小さな曼珠沙華が秋のアクセント!  ランチはいつも自然食レストラ . . . 本文を読む
コメント (10)

旅に焦がれて…

2021-09-11 20:22:25 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
                             秋の夕日に… Painted by QP  大阪の四大交響楽団と言えば … 筆頭は大阪フィル、次いで関西フィル。そしてセンチュリー、大響と続きます。今日の午後、大響(大阪交響楽団)の演奏会に参りました。  超!一流は最初の数秒(一秒かも)の響きがちがいます。でも偶に少し遊びはります(笑)。その点、超!のつかない一流は遊びません。フルスィン . . . 本文を読む
コメント (6)

様々な変奏曲

2021-09-08 14:01:26 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 変奏曲は一つの主題が様々に変奏され響きあい一つの世界を創ります。季節の変奏、世界と日本のコロナ禍の変奏、総理総裁の投げ出しに始まる政界の変奏、文学賞を巡る変奏、拙ブログに現れた変奏、そしてバッハの変奏曲を以て初秋の心象のバリエーションを締め括ります。                         いつになく雨が多く暑さも和らいだ八月。それでも月末には やっぱり夏! の暑さがぶり返しましたが . . . 本文を読む
コメント (10)

蝉時雨やみ 九月迎える

2021-08-31 16:26:28 | 人生の棚卸し
   時雨やみ 蝉の亡骸(なきがら)いさぎよし 過ぎにし夏に 影を焼かれて (デ某)  8月も今日でお仕舞い。9月のQPカレンダーは猫の親子 … しんみりします。ほとんど親兄弟を知らないシマ。生後すぐ まだ独身だった息子のところに来ました。息子が結婚し 孫娘が生れる時、わが家の養子になりました。その孫娘も小6、シマが歳をとるのも無理ないかなぁ。    シマが黄昏(たそがれ)るとともに "ガラ . . . 本文を読む
コメント (19)

日常にある非日常

2021-08-28 23:01:17 | 人生の棚卸し
 コロナで「自宅療養」とは何か … 中島岳志さんは朝日新聞「耕論」(8/24) で『 "自宅療養" とは、本来!症状が安定し病院を出て自宅でゆっくり静養するということ』『それが今や "入院" という選択肢を奪う一種の "トリアージ " だ』と。大規模災害では 日常の救急救命ではなく 救うか!見捨てるか!命に優先順位つけるトリアージが行われますが、まさにそれ!  私の友人の娘さんがコロナに感染しま . . . 本文を読む
コメント (10)

カタイ男だとお思いでしょうが…

2021-08-22 23:29:01 | 腎ガンのメモリー
 硬い、堅い、固い … どちらかと言えば あまり良いイメージはありません。これに「お」 がつき 「おカタイ」 となると 揶揄、冷やかし!の類となり明らかに良いイメージではありません。ですからブログで 「おカタイ」 ことを書くと即!反応がなくなります  でも病気・医学に関わること、政治・経済・社会に関わることとなれば、和らかで温かく明るいブログは稀で(具体のテーマにもよりますが)総じて難しくなりま . . . 本文を読む
コメント (16)

歌を紡ぐひと

2021-08-09 15:58:49 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
   去年の八月の拙ブログにUPしたQPの絵 … 光とシルエットの織りなす情景に心をとらわれます。  「生きザマ」という言葉。歌とか言葉を「紡ぐ」という表現。構え過ぎている! 気取り過ぎている! そんな違和感がありました。でも いつ頃からでしょうか、当たり前!と言われそうですが、言葉や表現自体に「罪はない」と当たり前に思うようになりました。  昨8日夕、小椋佳さん「歌紡ぎの会」の公演に参りま . . . 本文を読む
コメント (17)