林の中の庭

まわりに唐松林が残る敷地で花や野菜を育てたり、
雪の日には家の中で何か作ったり・・・
そんな日々の生活日誌です。

11日連続

2018-07-24 09:36:29 | GARDEN 18


MAX30~34℃ 雨ナシの日が続いています

7月1日に 水道配管の水漏れが発覚し な夫の執念で水漏れ箇所を見つけ出し、修理した後この猛暑

7月上旬 大長雨だったので(なんか千鳥風;) 水遣りもせずにいましたが、

さすがに全体的に チリチリしてきたので 水遣りしようと思ったら、

今度は 山から引いてきてる「山の水」が どこかで詰まって出なくなる~~


再びな夫の執念で 配管埋設部分掘ったり繋ぎなおしたりチェックして 

(私は 古い業務用掃除機があったので 吸引口にアリもののアタッチメントを駆使して繋いで 蛇口から吸ってみたり;)

で、なんとか 2日前から復旧し 山の水使い放題で 散水しています ←至福の時間


ほんと 水には感謝です




そんな今日は 何をしてたかというと。。。


な~んだ?



わっかるかな~?



猛暑でも 雨ナシでも草は生え 野芝は伸びるので 刈り払い機で短く刈り込んだ後、端っこはハサミで整えてますが、

あらぬ方向にランナー的なものがいっぱい出てくるので それをベリっと引き抜いて、まだ芝のないところに こうして埋めていっておるのです。


そんなんで生えるのか?とお思いでしょうが、


10年ほど前から コツコツ増やしたのが このエリア



ここの手前の緑のところは2年前   奥の薄いところは今年の5月頃 植え込んだものです。


野芝なので ちゃんとコントロールしないと暴れますが; 元々生えてたものなので それを利用しています。




で、朝 まだ暑くなる前に カッツンカッツン カチカチの地面を掘り返して この作業をしていたら、

ふと こないだの シジミバナのところの ホオジロの巣が気になったので そ~~っと近寄ってみると 親鳥が居ない



心配になって 更に覗き込むと 4つ産まれてました~



後見てると 親鳥は補餌に出かけてたようで ちゃんと戻ってきてました



こんな猛暑の中 じっと抱卵して 子育てしてるホオジロ エライっです。

それと あんな安直な場所で巣を作るだけあって、シジュウカラと違って ヒナ達 無音です(これから大きくなったら鳴くのかも?)


まあ手前味噌ですが こうして見ると 私が100均のザル掛けて 屋根にしてあげた環境も なかなかよかったようですワ



で、デジカメならではの 画像拡大してみると、 なんかヒナと目があうような。。。



「ゴハンちゃうかったら覗くな~~~」 「条件反射で口あけてしまうやろ~~

・・・ってところでしょうか

今後は 遠巻きに見守らせていただきます
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 雨ナシ | トップ | ルーティン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相変わらず (alchemilla)
2018-07-25 23:41:33
凄い夫唱婦随だね、この夫婦は(笑)

で、野芝
いい仕事しますね~♪

自生していたものだから余計な心配はしなくていいしね~
着々と石と野芝でガーデン感アップさせてますね~
芝の面積が増えると夏にお庭に居ても地面からの熱も涼しいだろうしね

100均のザル、いい仕事してたのね~
無事に雛がかえっていて良かったね~

目、あいますね💦
Unknown (alchemillaさん)
2018-07-26 10:56:15
夫唱婦随って漢字 よく見るとおもしろいねえ~
「随」について調べたら

1. 進むもののあとからついてゆく。したがう。ともをする。 「随行・随身(ずいしん)(ずいじん)・随伴・随従・随員・付随・追随」
2. 成り行きにまかせる。条件にさからわずに動く。 「随意・随処・随時・随筆・随喜・気随・夫唱婦随」

こりゃ「2」だなっ

で、緑のところ よく~く見ると伸びる前のエノコログサの葉っぱだったりするんだけど、
チョビワンがよくしたもんで その中の野芝エリアでのみ 寛いでます

で、さすがの芝も この日照りに少々黄色くなってきました;
山の水出たので 芝にも散水しておきました

コメントを投稿