林の中の庭

まわりに唐松林が残る敷地で花や野菜を育てたり、
雪の日には家の中で何か作ったり・・・
そんな日々の生活日誌です。

1995年

2006-03-27 18:00:00 | はじまりは。。。



縁あって結婚した相方が、同じ神戸出身なのに山好きで 長野暮らしとなり、


でも住んだ場所が田舎すぎて 住宅物件が無く


やむなく寂れた別荘地に土地を求め、


資金が乏しいので プレカットログでセルフビルドして住む事になりました




得た土地は このような鬱蒼とした薄暗い唐松林だったんですが、

当時、チェーンソウを使いまくりたかった夫が嬉々として伐採をし、

原始人のように、丸太に紐をかけてコロをかまし、夫婦で引きずって片づけ、

なんとか 家を建てる為のスペースを確保しました




で、だいたい田舎の別荘地の区画は1000平米前後で(←つまり一反;)

家の建坪は せいぜい100平米なので、当然余地がたっぷりあるので、

ログ完成後、移り住んでから、庭作りをすることにしました


これは1999年10月、 伐採した唐松を使って、

道路っ端の斜面に土留めを兼ねた花壇を作ってるところ。

手前に丸太がごろごろ転がってる場所が 現在の庭&畑です。




敷地のど真ん中に車が通れる通路を付けてるので、

植栽エリアは、敷地の3分の1程度。。。


冬の間に あーでもない こーでもないと案を練り、

まずはちょっとずつ、土作りをする為に、建築時の足場材のナルを置いて区画割し、

1区画ずつ、残った木の根を叩ッ伐り、出てきた大石小石を分別し、
雑草の根をふるいにかけてより分け、 粘土の塊をなるべく混ぜずに土を作っていきました


初年度 2000年4月はこの程度。

家から見た 最前列しか出来てないんですが、

もともと生えてた センターのミズキを中心にレイアウトしようとは考えていました。



すぐ後の 2000年6月。 土の色が変わってるのがわかりますよね?

ちょっとだけ 植えたものが緑になってますけど、まだまだです



そして更に2年後の2002年5月。 左側にもう一列、花壇を増やしました。



そんな感じで、以降 敷地いっぱいに更に開拓していくんですが、

その間 耐寒性のある植物を学ぶべく、

始めたばかりのパソコンの練習も兼ねて、大手BBSで色々教えてもらいながら、

2006年より このブログに移行して 現在に至っております



多分 一生納得のいかない庭作りになるかと思いますが、

それゆえ 飽きずに続けられるものと思っています



なので 日々学習。  皆様 ツッコミの程 宜しくお願い致します
コメント (2)