林の中の庭

まわりに唐松林が残る敷地で花や野菜を育てたり、
雪の日には家の中で何か作ったり・・・
そんな日々の生活日誌です。

クリスマス気分のおすそわけ♪

2007-12-26 23:23:40 | ロンドン~スウェーデンへ

今年も結局 あんまりちゃんと飾りを出さずに過ぎた我が家のクリスマスでしたが
センスのいいお義母さんを持つ 現在ロンドン在住の友人から
スウェーデン式Xmasの画像が送られてきたので、
ちょいと 雰囲気おすそわけ。。。


友人(←関西人;)の添付説明がカンタンなので 
ちょっと私が脚色しちゃうかもしれませんが だいたいで読んで下さい;


生のモミの木じゃないと許せないダンナ様のポリシーどおり、
ロンドンに行ってもちゃんと生のモミの木のツリーです
モミの香りっていうのも 大事なXmasアイテムのようです。


で、ちょいとお顔にモザイクかけてしまいましたが、
左が素敵なお義母さん 真ん中が孫(要は友人の息子やネ) 
右がカッコイイお義父さんです。
Xmasなので スウェーデンから来られて 一緒にお祝いしたそうです。


テーブルの真ん中にどっかりあるのが Xmas料理で作る「ハム」と呼ばれる
豚肉をかたまりでローストしたものです。



で、生火かどうか?・?ですが やっぱ暖炉があるんですね~
家具は 転勤と共にスウェーデン→東京→ロンドンと一緒に移動してる
だんな様お見立ての家具です。(私は東京で実物を見た!)笑;

こういう風に キャンドルをいい感じに配置して、
静かなXmasの時間を楽しむようです



で、これは孫と一緒にジンジャークッキーを作ってる様子だそうです。
ターシャ家もでっかいのを作ってるのをTVで見ましたが、
やっぱ こういうの作るんですね~ 妙に納得;;



で、これは「アルバドールを観に行く」とあったんですが、
なんのこっちゃらわかりませんが Xmasミサなんでしょうかね?



で、ロンドンといえばハロッズ 人がいっぱいだったようです。

10数年前 Xmas時期にロンドンに行った事がありますが、
馬車がハロッズの広告看板を引いて道路を走ってるのを見て
さすが英国や~~!!と 驚いたことがあります。

欧米のクリスマスの飾りつけって 
日本のように25日過ぎたらすぐ片付けてしまわないで
新年明けて1月に入っても ず~っと残ってますよねぇ
(本当は いつまでとか決まってないのか??;)

なので 25日過ぎましたが Xmas報告でした


で、友人がなかなかブログを始めないので;
「ロンドン通信 転載」は続くのでありましたちゃんちゃん;


コメント (4)

10年前。。。

2007-12-22 09:40:22 | ロンドン~スウェーデンへ


今 未完成なりにも庭造りをしていて、こうありたいっていうイメージを
イメージボードに貼り付けてる話はしましたが、

花を生活に取り入れる習慣っていうものは、
もともと母が小さい頃から庭の花を食卓に飾ってたところにべースがあるんですが
10年ちょっと前 友人(←関西人;)の結婚式に参加するのにスウェーデンに行った時
スウェーデン人のお母さんのセンスにかなり影響を受けました


で、当時の写真を探したんですが フィルム式カメラの時代だったので、
(そう思うと まさに10年一昔ですよねえ~;;)
撮れる枚数に限りがあって いい写真が残ってなかったので、
数ヶ月前その友人が送ってきてくれた画像を拝借 (←了解済み;)



大きな教会で挙げる結婚式に参加するため、近くのサマーハウスに前泊。
当時 築100年という話でしたが、
ちゃんとメンテナンスを入れているので 快適でした。


家の裏側から撮ってるので木で隠れてますが、この2階に泊めてもらいました

この周りにも数軒 ゲストハウスやら子供用の小さな家がある広いエリアです。


その更に周りの風景。 少し車で走ると湖もあります。


なにより 7月のスウェーデンだったので 周りの緑が優しくて、
草むらすらキレイに見える環境に 一気にスウェーデンファンになりました


で、ここでガーデンブランチをいただいたんですが、
ダンナさんのお母さんが とっても素敵な人で、
ちょっとしたコップやお皿に 野に咲くマツムシソウやヤグルマギクなんかの花を
ほんとさりげなく食卓に飾ってあって、

ついつい忙しくなりがちな結婚式の当日のような時に花を添える気持ちって、 
なんて素敵なんだろうって 心の美しさまでも感じました


これまた その時の写真がないので、最近の画像ですが、
まさに こんな感じなのでした~



結婚式後 このサマーハウスのガーデンでパーティをするので
ダンナさんのお姉さんは 野の花をいっぱい採ってきて 
長いガーランドのようなものを編んで 家の手すりに飾りつけていました。

そういう習慣なのか?家族のセンスなのかわかりませんが、
グリーンシーズンを最大限に楽しむ北欧の人達の生活が
当時の私には ものすご~くキラキラしていて 
しっかり目の奥に、心に、刷り込まれました。



で、10年後の現在。。。
こういうセンスが私の身に着いたかどうかは ???ですが、
無意識のうちに 浮かぶ映像になってるのは確かです;


雪がしんしんと降る日。。。 ふと思い出しました。
コメント (2)

ロンドン暮らしの友人

2007-06-08 23:56:47 | ロンドン~スウェーデンへ
のち どえらい

今日もお天気大荒れで ちょっと買出しに出た先で
いきなりハイドロプレーン現象?になりそうな、すごい雷雨に出くわして
昼間なのにライトつけて 恐る恐る運転して戻りました

なので 庭の花はくたくたになってるので今日はお休み。。。


今日のネタは、
今年からロンドン生活が始まった友人が送ってくれた画像の転載でございます


彼女とは仕事してた頃の友人で ほぼ年齢も近くて
ほぼ同じ時期に結婚をし(←彼女2回目;) がははははは;;許せっ
同じ様に ゆっくり家庭に納まってたんですが、
違ってたのは ダンナさんがスウェーデン人だったのです 
(奥様は魔女かいっ;)

てなことで ダンナさんの仕事の都合で 現在ロンドン在住。

ガーデニングを趣味とするモノからすれば、
ロンドンイギリスイングリッシュガーデンばんざ~い!ばんざ~い!

ってなことで 生活全般興味シンシンなので
ブログをやれば~?って お尻をくすぐってるんですが;
かつての私同様 全くパソコン生活初心者状態で 
なかなか指が進まないようなんですが
メールで 画像を添付して送ってくれています。

これは 彼女が飼ってる犬繋がりで知り合いになった人のお庭を
彼女が撮って送ってくれたものの抜粋です。
雑誌に載ってるEGとはまた違った リアルなお庭が素敵です。

これ 最近撮影したものらしいので
そうするとウチとロンドンは半月くらいのタイムラグのようですナ




   


   



全体に 年数を感じる大株の花たちがいいですよね~♪


てなことで、彼女がブログを始めるまで、画像転載ネタ時々お送り致します
コメント (4)