なはかblog

移転しました。http://aquaxaudio.blog96.fc2.com/
 







触ってきました。




っていってもただの模型です。







思ってたより少し小さくて、思ったより少し重かった。




モンハン特有の持ち方が出来なかった。
モンハンやるのは視点変更が難しそうです。







ポケットには余裕で入りそう。
なんで折りたたみ式にしなかったんだろう。







そういえば鉄拳6がもう発売していましたね!


PSP版はいつ出るんでしょう・・・






今日は疲れたんでもう終わりです。










ノシ











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




















まぁ買いませんが・・・(笑)






・ PSP-1000に比べると大きさは50%以下、重さは40%以下
・画質や解像度はPSP-3000と同等
・UMDドライブを撤廃、16GBの内蔵フラッシュメモリを搭載
・スライディングスクリーン
・色はピアノブラックとパールホワイトの2色
・PSPgoの発売に合わせてPlayStation Storeのコンテンツを強化
・最新ソフトウェアMedia GoでPCからPlayStation Storeのコンテンツをダウンロード可能に。Media GoのインストールCD-ROMがPSPgoに同梱
・ PSP用の音楽アプリケーションSensMeを今秋配信。プレイヤーの好みに合わせた音楽を選んで提供してくれる
スライディングスクリーンを閉じた状態でビデオや音楽が楽しめる。時計やカレンダーなどの専用アプリケーションも用意
・ゲームを一時停止した状態でXMBにアクセスできるスリープ機能
・Bluetooth機能によってヘッドホンやPS3コントローラを接続可能(PSPのビデオをテレビで鑑賞する際)
・専用クレードルやVideo-Outポートケーブルが同時発売


UMDドライブを排除し、液晶画面サイズを4.3型から3.8型に縮小することで体積比で約50%、重量比で約40%軽量化を実現。PSP-3000(PSP)が約71.4×169.4×18.6mm(縦×横×厚さ)、約189gだったのに対し、PSPgoは69×128×16.5mm(同)、重量は158g

結構魅力的だと思うけどなぁ。
ネットでは評価がかなり悪いです。

今持っているソフトが入れれない というのはおかしいですよね。



価格が26800円はさすがに高いです。





いままでPSP1000を使っていた人にとっては、軽すぎて心配でしょう。
耐久性が悪そうだ。

ゲームを一時停止出来る機能やBlueToothが付いてるのがうれしいです



けれどよく思うと
「最新ソフトウェアMedia GoでPCからPlayStation Storeのコンテンツをダウンロード可能に。Media GoのインストールCD-ROMがPSPgoに同梱」

と書いてあるけれど





MacにMedia Goは対応しているのか?




うーん







たぶんしてないだろうなぁ






ここのページを見ていると欲しくなってきますよ!

いよいよ発売される「PSPgo」を触ってみた










そういえばDSの新型の画面のでかくなったやつが出るんだっけなぁ。





PSP goとは真逆の発想ですね。





さてどっちの方が売れるのか気になりますね。













おわり。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






買ってきました。




コーナンで購入。  380円くらい   園芸コーナーにあります。
さすがコーナン なんでも揃います(笑)


これは何に効果があるのかというと、これを吹きかけるとあの厄介な茶ゴケを瞬殺してくれる
すばらしい代物なのです。


そもそも木酢液とはなんなのかというと、

「木が燃焼するときに放出される、水蒸気が含まれる煙を冷して水滴にし、それを集めたもの。」



らしいです。



木酢液にはいろいろな使い方があるようです。

たとえば、植物の健康促進の効果があるため、園芸などにつかわれたり

生ゴミの堆肥づくりに使用することによって、バクテリアの繁殖速度を促進して良い肥料を作れるとか。

アンモニア臭を軽減させたり、いろいろな使い道があります。


ほかにも調べれば、いろいろな使い方がたくさんありました。


とりあえず



物凄い可能性を秘めた代物です!







では早速使ってみます。

まず蓋を開けます。








・・・









クサっ!!・・・














このニオイどっかで臭ったことあるなぁ。


カツオブシとなんかを混ぜたニオイがする・・

これ  こぼしたらやばいなぁ。






まぁそれはおいといて

水槽の茶ゴケに三倍で薄めた物をスポイトで吹きかけます。


今回のターゲット!



真ん中にあるモジャっとしたやつです。







吹きかけてから五分経ちました。

なんと驚きの結果が!!





いつもこのブログではこういう時に残念な結果になるけれど今回は違いました(笑)



















なんと








今まで茶ゴケに見向きもしなかった、ミナミヌマエビが木酢液を吹きかけた茶ゴケに食らいついた!!



しかも二匹!!






これにはなんか感動しました。




やっぱ効くんですね





これで撲滅出来そうです!






水槽に残った木酢液は、少量なら問題ないそうです。

むしろ水草の栄養になるとか。



一石二鳥ですね!!










おわり





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









今までポタアン作ってました。











ポタアンとはポータブルアンプのことです。






いつもお世話になっているひぐらしさんのblogを参考に作りました

これ以上にないくらい丁寧に、分かりやすくまとめてあります。
図解編と写真編に分かれていてとても分かりやすいです。

◯◯でも出来るポタアン(写真編) にゅーひぐらしblog

◯◯でも出来るポタアン(図解編)



中は配線でぐちゃぐちゃ・・・




配線は、ギター用の線を使いました。
曲げやすくてとても使いやすいです。

ケースは TAKACHI製の MX-2-610GSを使いました。
単四が二本入る電池ボックスを使いましたが、ボックスがデカかったので
カッターで削ってからヤスリがけしました。

ヤスリがけしてこのケースはギリギリ入るくらいです。
ケースはアルミ製なので電気を通さないように底面に絶縁シートを張ってあります。



9Vの電池が入りそうに無かったので単四を二本使いましたが、これだと電圧が足りないので
昇圧回路を繋いであります。

昇圧回路は、携帯のポータブル充電器の中の物を使いました


作る上でのコツは、とにかく絶縁対策をすること
全ての抵抗やコンデンサに収縮チューブとかを巻くことをお進めします!!

とにかく、ハンダづけを施したところに全て巻くくらいした方が良いです。
こうすることで失敗することは少なくなります。
コンデンサなどは熱に弱いので、一様ヒートクリップを使うこともお進めします。


完成して、音が出たときの達成感は凄いですよ!





肝心の音は、かなり良いです!!

Fiio なんか捨てたくなりますよ!(笑)

音がよりクリーンになった感じです。
くっきりしたという感じかな?






けど僕の選んだ二連ボリュームが悪いせいか回すと少しノイズが出ます。
やはり小さいやつは品質が悪いのかな?






作ったかいがありました。






皆さんも作ってみては???








おわり





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )







製作中です






























何を作っているかって?






それはまだ内緒です。



材料でピンとくる人も居るでしょう







今日か明日あたりには完成すると思うんで







更新を待たれよ!!






昨日更新出来なかった分

いっぱいネタがたまっているので2回くらい更新するかもしれません。












今日は短いですけどおわり。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





よくわかんないけど100均で「モス」って付いてたから興味本位に買ってしまった。
クッションモス



色が鮮やかで結構奇麗です。




水中に対応出来るのかは謎です・・・




ひとつ100円だったので二個も買ってしまった・・・
水中化出来なくても奇麗なので良いこととします(笑)




明日は日本橋に行ってきます!!!









おわり







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






最近あんまり水槽に手をつけてませんでした。



最近エビ水槽の北海道産の種類不明の苔が伸びてきました。



二酸化炭素を添加してない環境でも十分成長するようです。

光が強い方が良く伸びます。



暗い所に生えていた苔なのに不思議です・・・
未だに種類が分かりません。

葉の細さはウィローモスと同じくらいで、葉の付き方が
パールグラスのようで葉が丸いです。

枝分かれは今の所一切していません。

石とかに活着するかは分かりません
今度やってみます





それと60水槽のウィローモスが伸びすぎて凄いことに・・・




もう限界でしょうか・・・?




不自然???・・・   でもないか??・・・




まぁいつかトリミングしましょう!







水景がなんか最初は山形な感じだったのに、だんだん山が無くなってインパクトの無い水景になってきてしまいました・・・






あー

やっぱiPhoneはカメラが微妙だ・・・

ズームが出来ないし、マクロモードが無い・・・










画素の高いデジカメが欲しいです。











おわり。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )







遂に買ってちゃったぞーー!


MONSTER beats OE by Dr. Dre Headphone


ケーブルのメーカーで有名なMONSTERが作ったヘッドホンです。
伝説的な音楽プロデューサーでありアーティストのDr. Dre氏、モンスター社のエンジニア達、著名な産業デザイナーRobert Brunner氏のコラボレーションで開発されたヘッドホンです。

通称「ドレホン」


スペック

本体重量(ケーブル除く):270g(乾電池含む)
形式:ダイナミック・密閉型
使用ユニット:40mm
周波数特性:20 ~ 20,000Hz
インピーダンス:40Ω
感度:110dB
ケーブル長:1.3m
プラグ:金メッキ ストレートミニプラグ


デジタルアンプ内蔵のノイズキャンセリングヘッドホンです。






箱がかっこいい・・・




さっそくあけてみましょう。






赤の箱と「b」のロゴがカッコイイです。
高級感が凄い・・・






付属品は、
説明書、本体、専用ケース、クリーニングクロス、ケーブル、iPhone用ケーブル、飛行機用プラグ、変換プラグ、テスト用乾電池


こんなかんじかな。


付属品まで手が込んでてカッコイイです。




本体は





黒の鏡面加工が高級感を引き立ててます。
けど指紋付きやすい・・・


左側にステレオミニプラグが差せるようになっており、
右側にノイズキャンセルのスイッチが付いています。


スイッチをオンにしないと音楽は流れません・・・


また右側の「b」のロゴはミュートボタンになっていて、押している間ミュートできます。









かなりゴツイ外観のヘッドホンですがこんなに小さく折り畳めます。

専用ケースのすっぽり。




付属のiSoniTalkケーブル (応答ボタンとマイク内蔵)を使用する事により、iPhoneにて音楽を聴いている時に早送りや、着信と通話の終了が制御できます。





かなり使いやすかったです。
一回押すと、停止。 二回押すと次の曲。 三回押すと前の曲。
といった感じです。



本来のケーブルは


このように赤色でかなりオシャレです。






ノイズキャンセル効果は結構消してくれます。
若干、ホワイトノイズがでます。 音楽を聴いていれば気にならない程度です。
ノイズキャンセル効果は、僕が前使っていたATH-ANC7のほうが強力だったと思います。








肝心の音は



最高!!!


やっぱり高級感のある音で、耳を包み込んでくれます。
ノイズキャンセリングヘッドホン特有の、籠った感じの音にはなりません。

低音も良く出てて、ぼやけた音じゃなくキレがあって引き締まってます。
けれど低音が好きで好きでたまらない! って人には物足りないくらいかもしれません・・・

僕の持っている、PHILIPS SHE9700のほうが低音は出てます。


高音もかなりきれいに出ます。
このヘッドホンはかなり音域が広いです。

曲によっては「サ行』の声が耳に刺さるくらいです。



映画の爆発音をこれで聴いたとき寒気がしました。
まるで映画館に居るようです。



値段相応の価値はありますね・・・・

デザインも良いし。













だって定価が44000円だもん・・・・










やっぱり高い物ほど



















良い。











おわり。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )







最近欲しい物が増えてきました・・・









MONSTER
BEAT BY DR.DRE HEADPHONE
通称 ドレホン


このまえに試聴レビューしてから欲しくなってきました。


ノイズキャンセル機能もついてます。
デザインも良いし、音も凄く良いので欲しいなぁ。
しかもデジタルアンプを内蔵しています。




けど十一月に、これの小型版が発売するらしいからなぁ・・・

耳の上に乗るタイプのヘッドホンは嫌いなんでやっぱりこっちにしようかな。







んー




迷う!!!










おわり





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





昨日買ったアクリルケースでスモールアクアリウムを作りました。



あー・・・
なんかいまいち。


すべて水草や砂、流木、生体は60cm水槽から移動してきました。
なので60cm水槽の縮小コピーの用な物です。




入れた水草は、

ウィローモス
ミクロソリウム
クリプトコリネ
バルーンマッシュルーム

以上 計4種類!


生体はミナミヌマエビの稚エビ(1センチくらい)を4匹だけです。




これには濾過装置が付けれないので、バクテリアがかなり湧きにくい環境だと思ったので
60水槽の砂をそのまま飼育水で洗って、アクリル水槽に入れました。

水を浄化するために今度はもっと水草を入れてみようと思います!






最近は寒くなってきたのでヒーターが必要になるかもですね・・・

まぁミナミヌマエビなら寒さに耐えれると思うんですけどねぇ・・・
エビは寒さに強い方ですし。







次は水草何入れよう?・・

アイデア募集中!!















インテリアにお一ついかが???






おわり






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )







今日、ダイソーでこんな物を買ってきました。




アクリル製のケース

もちろん100円。  しかも蓋付きです!

蓋付きなので、ホコリが入る心配がありません
しかも透明度が高くてとても奇麗!



これを使ってスモールアクアリウムを作る予定です。
スモールアクアリウムというのは、小さい水槽だと思っといてください。





稚エビをいれてみようと思います。


スモールアクアリウムに最適な水草とかありますか??
ならべく、低光量で、小型の種類が良いんですが良いの無いですかねぇ・・・








おわり。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






まずはE1のほうから



なんとDOCKアダプタから直つなぎです! なのでiPod専用と言う事です。
電池はどうなってるんでしょうねぇ?? iPodから電源をとるんであれば、画期的ですね!!
写真を見る限り、充電の穴が見当たらないんで多分そうでしょう。


価格はかなり安そうです。
E3が2000円くらいなのでそれより安くなるかもしれませんね。

iPhone対応ならうれしいんですけどねぇ・・・



それともう一つの  Fiio E7 !!!!!






けっこうデカイ!!

iPod touchと比べると厚いです。


価格は一万円以下になるらしいです。



鏡面加工が奇麗ですね!
指紋がかなり目立ちそうですが・・・


気になる詳細のスペックです。


E1: Price target around US$30
Output power: 120mW
THD+Noise: 0.0080%
S/N ratio: 100dB
Frequency response: 20-40kHz
Playtime: Depend on the ipod/iphone
Power: Powered by iPod/iPhone

E7: Price target around US$80
Output power: 150mW
THD+Noise: 0.0060%
S/N ratio: 105dB
Frequency response: 20-40kHz
Playtime: >100hrs (current estimation)
Power: Build in Li-ion battery

ヤフーで翻訳しました。
     ↓
E1:30米ドルのあたりのPrice目標
出力力:120mWのTHD+Noise:0.0080%
S/N比率:100dBのFrequency反応:20-40kHzの遊び時間:ipod/iphone Powerに依存してください:iPod/iPhoneによって原動力となられます

E7:80米ドルのあたりのPrice目標
出力力:150mWのTHD+Noise:0.0060%
S/N比率:105dBのFrequency反応:20-40kHzの遊び時間:100時間(現在の評価)のPower:リチウムイオン電池を組み込んでください。






やはりE1は電池不要で電源はiPodから、iPhoneにも対応しているようです。

E7はなんと! 100時間も充電がもつらしいです。



これは期待出来そうですね!!





おわり。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







iPhoneユーザーの人やiPodユーザー、iTunesユーザーには分かるかもしれませんが、iTunesにはスマートプレイリストという機能が付いています。

何かというと、自分でプレイリストにルールを決めて自動的にプレイリストを作ってくれるという機能!

例えば、最近追加した曲と再生回数が多い曲  みたいな感じで自分でルールを作ると自動的に
最近追加した曲で再生回数の多い曲をiTunesがチョイスしてプレイリストを作ってくれるという感じです。





けれどiPhoneだけスマートプレイリストを同期しても、iTunesには反映されているのに、
iPhoneには何故か他の曲がスマートプレイリストに入っているというバグがあります。



自分の好きな曲ばかり聴いていたいときに便利な機能なんですが、バグのせいで使えないので非常にイライラします・・・





けれどバグを回避して、スマートプレイリストをきちんと同期出来る方法があったので紹介しときます!!!



まず、スマートプレイリストを右クリックして、スマートプレイリストを編集する。 をクリック!

そしたらこんな画面が出てくるんで、そこのプレイリスト条件に 


プレイリストが ♫ミュージックである  を追加します。


これで完了!!





これでイライラから解消されます!!!







ところが!!



まだiPhoneにはバグが・・・




アルバムをコンピレーションに設定しても、コンピレーションがまとめることが出来ずに
アーティストの画面にコンピレーションに設定したアーティスト達が表示されてしまいます。

アルバムアーティストを設定しても関係なかったです・・・



調べてみるとこれは仕様らしいのです・・・


誰か対応策を知ってる人とかいませんか???







早くOSのアップデートとかで改善して欲しいですね・・・・・








おわり








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







今日は、友達のPSPの液晶が割れてしまったらしいので
それを交換しました。

ネタが無いんで使わせてもらいます(笑)
  ちなみにPSP-1000です!





割れるとこんな事になるんですね・・・




さぁ、ぱぱっとねじを外して、開封



1000はやっぱりゴツイです。




まめ知識!!

実は、PSPの液晶はSHARP製です(笑)
なんでSONYは自分で作らないんでしょうねぇ・・・

しかもライバル会社に仕事与えてるし・・・



なぜか画像がひっくり返ってしまいました・・・



そんで液晶取り替えて蓋戻して、完了!










あー




グラコロ食べたい・・・





おわり







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )











こんなもの作りました!





エフェクター!!!!





じゃないですよ!!!(笑)


フットスイッチが付いているんでエフェクターに見えますが違います。

これはAVセレクターです。 
上のスイッチを押すことで、二つに分かれた回路をどちらかに選択出来る代物です!!






これのお陰で、このように



楽にアンプの機器比べが出来るようになります!

これでいちいち、ケーブルを取り替えて聴き比べしなくても済みます!!!

スイッチを押すことで片方のアンプに電気が通り、もう一度押すともう片方のアンプだけに電気が通り
簡単に聴き比べが出来ます!!




中の回路はこんな感じ!!








オス端子はホットボンドで固めてしまいました。

フットスイッチは、この前作ったエフェクターからブンどりました(笑)















これで今日からは正確なレビューが出来るようになりました!!!




おわり。









コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ