まだ見ぬ風景を求めて…
この道の先にはどんな風景が待ってるのだろう…

ランキング参加中!お帰りの前にポチッ!っと応援クリックお願いしますお願いします
人気blogランキングブログランキング・にほんブログ村へBlog Entry ランキングへ投票by   sougolink.com趣味 - シュミラン

※ はじめに…
当ブログは、"スパム(迷惑)&荒らしコメント"対策のため、"コメント認証制"を採用しております。コメントを投稿されてもすぐには反映されませんが、削除された訳ではないので、公開されるまでしばしお待ちくださいm(__)m

ブログ内で公開している動画は、全てこちら→レオの兄貴YouTube放送局にて公開してます。チャンネル登録はこちらから!(^ ^)v








まさかこんなに早く、この記事を書くことになってしまうとは…


2016年4月27日午後9時15分ごろ、我が家の最愛の家族の一員だったルネが、虹の橋を渡って天国に旅立っていきました。

4歳4ヶ月と21日、人間で言えば30歳をちょっと過ぎたあたりという、あまりにも短すぎる生涯でした。

お気に入りのオモチャと、たくさんの花に囲まれて旅立っていきました…



我が家に来て以来、ずっと元気だったルネの体調に変化があったのは、昨年12月18日。

元々先代犬のレオほど食欲旺盛なわけではなく、お腹も丈夫ではなかったルネでしたが、突然の嘔吐と激しい下痢、その後ご飯を全く食べなくなってしまったため、慌てて動物病院に連れて行き検査を受けたところ、「肝臓の調子が良くない」という事で、吐き気止めと下痢止め、そして肝臓の調子を整える薬をもらい、一旦はそれで体調は回復し元気になったのですが…

4月になってから再び体調を崩してしまい、もう一度検査(血液検査と尿検査)をしたところ、肝臓が炎症を起こして腫れ上がり、かつ貧血になっている、尿に含まれていた血液の中の赤血球が壊れていた(溶血)ということで、溶血性貧血であることが判明しました。

ルネの場合、免疫機構の誤作動が原因で、本来破壊されるべきではない赤血球まで破壊されて貧血になってしまうという、自己免疫性の溶血性貧血である可能性が高い…ということでした。


そして、地元の動物病院ではこれ以上の精密検査はできず、治療方針を見つける事ができないということで、大阪にある動物病院でしっかりと検査をしようという事になったのですが…

その病院に行く前日に、ルネは旅立ってしまいました。


最後の1週間は、肝臓が腫れ上がってるせいでお腹がパンパンに膨れてしまい、ご飯も全く受け付けられず、点滴で何とか持ちこたえてるような感じでした。

ワンコの4歳4ヶ月といえば、体力、気力ともにほぼ全盛期で、元気盛りなはずなのに…

殆ど歩くこともできず、リビングの隅っこでグッタリしているルネを見ると、涙が止まらなくなってしまいました。

発病する前は35kgあった体重も、最後は25kgくらいにまで減ってしまい、骨に皮が張り付いているような状態になってました。

ルネ、本当にしんどかっただろうな…辛かっただろうな…


レオの場合、12歳2ヶ月まで生きてくれたということもあり、「できるだけの事はやった」と、ある程度自分に言い聞かせることができたのですが、ルネはまだ4歳と4ヶ月。正直、後悔しか残ってないような感じです。


ルネ、お前は本当に沢山の笑顔と幸せを運んできてくれたけど、俺はまだ何もしてあげられてないぞ?

いつものんびりマイペースだったのに、何でこの時だけ全速力で行っちゃうんだよ…

これからもっともっと沢山の思い出を作っていきたかったのに…後悔しか残らないって、悲しすぎるよ…


…って、ルネにそれを言っても仕方がないんだよね…

ただただ、ルネの命を奪っていった病気が憎い…



2012年2月14日に我が家に来てから4年と2ヶ月半、レオの3分の1ちょっとしか一緒にいられなかったんだな…

でも、この短い間に、数え切れないくらいの思い出を残してくれたね。


一通りイタズラをして、ちょっとお疲れ気味のルネです


子犬のときはとにかくヤンチャ坊主でイタズラ好きで…家の中にあるスリッパを全滅させてくれたルネ。


近所の公園で思い切り走り回って、ゴキゲンのルネです


とにかく人懐っこい性格で、散歩中にいつもかわいがってくれる人を見つけると、すぐにお腹を見せて甘えてたルネ。


夏はここが一番涼しいんだよねぇ~


夏になると、いつも玄関で裏返しになって爆睡してたルネ。


早くお散歩に行こうよぉ~


雪が積もった日、ツルツルに凍った道でスッテンコロリンひっくり返ってたルネ。



レオほど沢山の思い出は残せなかったかもしれないけど、そのどれもが私たち家族にとって、かけがえのない宝物です。


お気に入りのお散歩コースで満面の笑顔です


ルネ、まだまだずっと先の事になるかもしれないけど、俺たち家族がそっちに行くことになったら、レオと一緒に虹の橋の袂で待っててちょうだいね。

それまでの間、レオと仲良くしてるんだぞ。










『まだ見ぬ風景を求めて…』トップページへ戻る

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




« ブログ10周...   
 
コメント
 
 
 
Unknown ( 〓越中 富山県人)
2016-05-08 00:01:44
こんばんは。お疲れ様です。僕も以前、室内犬を〓二代続けて亡くした事が有ります。大切な〓御家族を亡くされたお気持ちは痛い程、解ります。 ルネ君の御冥福をお祈り致します。 ルネ君、安らかに。
 
 
 
あら・・・ (原坊)
2016-05-10 06:30:20
ご無沙汰してます。
大変でしたねぇ。
選ぶ言葉も見つからないところですが、思い出を大事にしてあげるしかないんですね。

元気出してくださいね。
 
 
 
家族 (レオの兄貴)
2016-05-15 17:17:20
>越中 富山県人さん
愛犬を亡くした悲しみは、実際に亡くした事のある人にしかわからないですもんね…
まさかこんなに早く旅立ってしまうとは思ってなかったので、ただただ悲しい、悔しいという気持ちしかない状態です。
今ごろ、どこも悪い所のない健康な体になって、天国で走り回ってると信じたいですね。
 
 
 
思い出… (レオの兄貴)
2016-05-15 17:22:24
>原坊さん
ルネが旅立ってから2週間が過ぎましたけど、亡くなった直後より、今の方が寂しいという気持ちは強くなってしまってます。
先代犬のレオと比べ、一緒に居た期間が短い分、思い出の数も少なくなってしまってますけど、その一つ一つを大切にしてあげようと思います。

いつまでも落ち込んでるとルネに悪いので、早く元気を出さないといけませんね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。