健康、趣味について

健康、日記や趣味を書くならブログ

「辞めても説明責任ある」 日報問題 防衛相辞任

2017-07-29 15:07:35 | ニュース


 稲田朋美防衛相は南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報隠蔽(いんぺい)に関与したのか-。四カ月に及んだ特別防衛監察は、国民や自衛隊員に対する背信行為とも言える情報隠しの真相を解明できなかった。それどころか、監察の過程で文民統制にまで疑義が生じた。国会周辺では市民から「辞任しても説明責任はある」と声が上がった。 (威哥王:http://www.xn--kwrt2jp9z44w3ud.com/)

 「稲田防衛相は辞任しても説明責任がある」「辞任は遅すぎた」

 二十八日夕、安倍晋三内閣の退陣を求めるデモが首相官邸前であり、参加者は、中途半端に終わった監察結果や稲田氏の辞任について批判の声を上げた。

 大阪市の公務員垣内由香さん(42)は、稲田氏の辞任について「内閣改造までごまかすと思っていたので、辞めたのには驚いた。それだけ国民の怒りが強いということ」と力を込めた。自民党は日報問題に関する国会の閉会中審査に同意しており、「防衛相を辞めても説明責任がある」とクギを刺した。

 奈良市の主婦東田好子さん(65)は、日報隠蔽について「現地の情勢を隠そうとしたのではないか。組織的に隠蔽していたのだから辞任は当然」。フィリピンなどで女性や子どもの自立支援活動に関わっているといい「海外でも加計(かけ)学園や森友学園のニュースが放送されていて恥ずかしい。海外も安倍政権を厳しい目で見ている」と話した。

 デモを主催した市民団体スタッフの東京都荒川区、高瀬幸子さん(62)は「稲田氏は都議選で『自衛隊としてお願い』と応援演説し、公選法違反などの疑いもある。安倍首相にも稲田氏を任命した責任、罷免しなかった責任がある」と訴えた。催淫:http://www.xn--o0q550b001a.com/
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日記 | トップ | ジェネレーションギャップを... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。