中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

「原発に終息期介護を」・・・吉岡 斉さん

2016-07-30 12:04:14 | Weblog
地元紙の2016.07.30の朝刊に「聞く、語る」として、原子力にかかる政府委員を長年務めた経験があり、自らを”御用学者”だったと自嘲気味に話していたと、インタビューの後記にあった。
インタビューの中で、『原発は素性が悪かった』とも、話していた。言い得て妙でもある。

記事の切り貼りが上手くいかないので要約すると、立地地域が痛みだけを押し付けられたので無く、都会の人間も余計な金を支払わされた(巨額の交付金)被害者であると、語っている。

原子力村住人が転じた原子力規制委員会の委員等、、、
「誰も責任を取らない構図を変えなければ」と考えるのだが、その点では目先に終始している多くの国民が目覚めなければ難しい、、、
都知事選が、間接的な第一歩となってほしいものだが、、、


雨は取り敢えず上がっているが、何たる蒸し蒸し、、、道東などには30℃声の地域がありそうな予報となっていたが、、、



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港で見かけた若者グループに拍手!

2016-07-26 09:57:02 | Weblog
昨日のこと、石狩へ点検に出掛けたのだが、帰途は少しだけ遠回りをして、港へ立ち寄った。

港内に僅かだけある砂浜には、幾つかのグループのテントもあって、水遊びに興じていたグループも居た。この砂浜は、ボートなどの愛好者が自由に使っていた歴史的な経過などから管理者と暗黙の了解?で、現在でもプレジャーボートを下すことの出来る数少ない場所となっている。
私も、小型のボートやセーリングカヌーを下して遊んでいた場所でもあった。

その砂浜で遊んでいた一つのグループのサイト?を見て、何か知らん嬉しくなった。それは、ゴミの分別箱をきちんと用意して遊んでいたからなのだ。箱には、文字で”燃えるゴミ”、”ペットボトル”などと、予め印刷して貼ってあった。しっかりと見ると、乗り入れた車や4張りの屋根型テントも、整然と配置されていた。

とかくと言おうか、砂浜でジエットスキーやバーベキューに興じる連中の行儀は、悪い印象より無かったのだが、近頃の若者も捨てたものでは無いと思いつつ、好い気分での帰路となった。

住宅地のゴミステーションもそうだが、己の生活の場のルールや遊び場所を汚す感覚が分からない、、、しかし、それも現実、、、
復活しつつある道徳の時間よりも、幼児期からの、”ゴミは土に還るまでは己の責任”とした教育に尽きる!
さすれば、原発でこんなに悩まなかったであろうし、、、。


今日から小学生の夏休み、、、明日から崩れる予報となっているが、今のところは晴れ&強風となっている、、、
来年になって、今年のブログを読み返したら「やっぱり強風、、、」だったか?と、思うのだろうか、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下馬評の通りとでも言おうか・・・参院選

2016-07-12 18:03:26 | Weblog
案の定、大勝の結果を受けての改憲への流れ、、、
選挙の戦術と言ってしまえばそれまでであるが、せこい、、、

昨日の夕刊では、「経済を期待して投票したのに改憲とは!、、、ならば、投票しなかった、、、」との繰り言が、色々な年齢層のコメントとして載っていた。新聞の扱い方もあるだろうが、総じて学習が無いと言おうか、理解に苦しむ、、、
先の選挙でも、公約無しなのに”安保関連法案”を通してしまった、、、「我が党が多数党であるうんぬん、、、」、「支持を受けたのは我が党云々」として、、、
至近では、英国の”EU離脱を問う国民投票が”、、、結果を受けて、「まさか?、、、」と、なったではないか!

それと気になったのは、18歳の投票傾向である。半数近くが所謂ところの”改憲派”に投票したらしい、、、
見識を持っての選択ならば、それはそれで否定するものでは無いが、銃器を携えて前線に駆り出されるのは若者なのだ!
いざとなった時に、四の五と泣き言だけは言わないで欲しいと、願うだけである。

競争原理の無いところに進歩は無い、、、政治だって同じであろう、、、暴走を止めるには! 
いつの間にか?では遅過ぎると思うのだが、年寄りの取りこし苦労と考えたくは無い、、、


今日は、如何にも初夏らしい好いお天気となった、、、でも三時を回ってから吹いた風は、まるで秋風の様に冷たかった、、、
二時頃に、北西から南に伸びる筋雲が2本見えた、、、明日の後半頃から崩れ始めるのだろうか、、、



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専業主婦と年金、そして要介護者の家庭における介護、、、

2016-07-08 10:17:09 | Weblog
タイトルは長いが、単純な矛盾だらけの施策、、、選挙カーからの声に反応して頭を過ぎったことだが、、、

女性は子を生し、年寄りの介護をし、そして働いて税金を納めよ!とは、政府の方針、、、若者の将来うんぬんを金科玉条としてだ!
専業主婦は、就職して直接的に所得税を納税しないので、まるで非国民?の様な風潮も無い訳でも無い、、、そんな風も吹く、、、
そして、専業主婦である故に年金の納める金額も少ない(企業分が無い)ので、結果として老いてからの給付も少ない、、、

しかしだ、誰も家に居ない家庭や空っぽとなった地域で、子育てや子等の見守り、そして年寄りの介護や徘徊老人の見守りを誰がやるのだろうか?
家庭での子育て、年寄りの介護をしている専業主婦に対して、その期間中を”みなし分として税による年金の積み上げ”となるようにする配慮が必要と考える。
理由は単純である。公的あるいは私的な保育や介護の施設には”税が投入されている”からだ。個人の保育或いは介護もミニマムな施設として考えれば、良いだけであろう、、、
一方で、生活保護を受給してパチンコ三昧をしている主婦もレアケースでは居るようだが、それを基準にしては先に進めない。
子育ても介護も、社会全体でのトータルコストで考えるべきなのだ!

消え去りつつあるPTAや町内会、、、特に女子が嫌ったムラ社会、、、結果としての子育ての不安や地域の見守りが薄くなる等々、、、
その一方で、ベテラン婆様による子育て支援の教室もある、、、
子等の自由に走り回れない公園、小学校の運動会も儘ならない(歓声を嫌う)、、、
全て、偶々のその時点における”個”だけの身勝手とも思える理由からだ!
そして、意見だけはあるが何かと”寄らば大樹の陰?”で、楽をする或いは楽をしたい、、、もう一つの反対極の衆愚?

選挙カーから聞こえて来る声、、、いつものことだが、選挙になると、地方選挙、国政選挙を問わず聞こえて来る”バラ色とも聞える施策や公約”等々、、、あれこれとやって欲しいことがあるにはあるが、先ずは選挙の結果が、軍国主義へまっしぐらとならない事だけを祈りたいものだ!


今日は晴れているが風が強い、、、そんな気圧配置には見えないのだが、強いのだ! ともかく、連日の様に風が強い、、、エリモ岬では無いのに、、、
昨日は、敷地の一辺の草むしりをしたが、結果として腰痛が再発、、、情けないこと頻りである。仕方が無いので、20日から専門学校で講義する科目に関連しての予習をすることにした、、、晴天なのに、、、
受講生の大半が、この春の高校卒なのだが、例年かなりの人数が理解の出来ていない”分数と比例・反比例”をどのようにして教えるか?と、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費税を年貢と比較した、、、なるほどと納得させられた記事、、、

2016-07-07 09:33:51 | Weblog
下記は、あるサイトに載っていたとして、もうせんに友人から教えて貰った伝聞?

百歩譲って、それでも所得税収は景気に左右されるが、消費税収は安定している点は認めよう。とはいえ、「景気後退時でも消費税収なら安定している」とは、すなわち、飢饉の時にでも年貢が取れるという意味だ。そのしわ寄せは、間違いなく教育や先行投資といった、未来にかける資金の減少につながる。

夢など追っていないで、カネにならない勉強などしないで、働いて1円でも稼げという考え方だ。そして、若者が未来を犠牲にして稼いだ1円を、財政再建と称して国が持っていく。


「飢饉の時の年貢、、、」、言い得て妙である!
法人税の税率は、「景気回復のため、競争力を養うため」と称して、未だ下げたい安倍政権、、、
何やら、悪代官(奉行や家老も含む高級官僚)と越後屋の構図と重なるのだが、、、「れれっ」正しくそのままでは無いか?
そして”お白州”では、決死の訴えも”けんもほろろ”どころか、手討ちも覚悟、、、
さだめし越後屋は、自動車産業を筆頭にした輸出産業であろう、、、

経済政策は、未だ途上にあると言いつつ”自画自賛”、そして新たな公約の財源については、触れないまま、、、そこが怪しい、、、
そうこうして勘繰ると、参院選の結果が判明した後に、新たな税制を提案するかも知れない、、、子育てや福祉のためにとして、、、
改憲についても、それをおくびにも出さず口にチャックしているが、投票結果が判明した後は、多数の皆さんの支持を得たとして、、改憲を進めるのだろうな?、、、何せ公約以外でもそうして色々と進めた実績があるのだから、、、
新聞に載っていた、「圧倒的に政権与党、改憲派が有利」との下馬評を読んで、改めて思い出した次第、、、

富の再分配の方法を考えなければ、消費税率を幾らUPして国家の税収は増えない、、、消費税のよりどころでもある内需が増えない限り、、、
大括りして言えば、3%、5%、8%と、導入やUPした翌年以降は、税収が減少している事実が示している、、、

表立っては庶民や下々の民のため、、、それにしても、何かと徳川時代の構図とよく似ているのは、「まさかの先祖帰り?」
時代劇をしっかり読んで、現実を知ろう、、、IT、IT或いは子育て支援、、、などの目晦まし?にも、カブレ無い様に、、、


昨日は、概ね天気予報の通りのお天気となったが、兎も角も風が強かった、、、一転して今のところは穏やかだ、、、続いて欲しいが、、、
受託している設備の、専門業者による年一回の点検が昨日終了したが、一緒に立ち会った委託元の若い人は育っていない、、、出入りは激しいし、、、そして提言は届かない、、、結局のところトップの問題なのだが、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加