中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

旅先で、振り返りみる札幌、、、

2016-04-10 16:17:39 | Weblog
写真は、3月30日の松江城である。
本州各地はで、桜が満開、、、としてテレビで報じられているので珍しくはないだろうが、お城に桜は似合う、、、

函館の五稜郭城・・・名城100選に入っているが天守閣は無い、、、そんなこともあろうが、函館っ子は”五稜郭城”とは言わない!単に”五稜郭公園”と呼んでいて、お花見の名所でもあるし小学校の遠足のコースであった。近くの高校に通う生徒にとっては、サボル?・・偶さかの息抜きの場所てもあった、、、
そんなこんなで、松江城内で子等のリュックや敷物を見た時に、五稜郭公園を思い出した、、、

札幌市内にもいくつかの桜の名所があるにはあるのだが、お城は当然ながら無いし、お濠も無い、、、そこのところが、どうにもに違うのだ、、、私のイメージするお花見の情景として、、、
桜の季節のお城として記憶に定かなのは、五稜郭は当然として、松前城、弘前城、彦根城、そして今度の松江城、、、そんな所か、、、
公園等で言えば、上野公園を筆頭として、当然ながら数えきれない、、、
満開を過ぎた頃の、散った桜の花びらがお濠や池を埋めた光景、、、それが時折の吹く風により文様となって魅せてくれる、、、桜には、お濠や池の他にも、川筋などの水辺が好く似合う、、、

札幌に、お城と桜は望むべきも無い、、、有志の植えた川筋もあるにはあるが、何と言っても街作りの情緒が乏しい、、、須らく市井の人々の息吹に乏しいのだ、、、
大都市の東京、、、高層ビルの谷間でも下町の文化が残っているが、翻っての札幌はどうだろうか?
昨年のこと市政がバトンタッチされた。前市長は、公約した通り三期で止めて、その時の助役が新市長となった。当選したら、後継者何のその、、、またぞろ”箱物行政”と化し、泥沼となり兼ねない借金の道へ、、、そう、再び官製の街作り、、、金に縋る”民”も情けない、、、

札幌には確かに何でもあるが、それでいて実は”何にも無い街、、、”、市井の人が静かに生きる、その何かに乏しい街、、、そのことを旅に出る度に否応なしに感じさせられるのだった、、、


ブログの更新予定が狂った。理由は、風邪?らしき体調不良であった。
6日は、朝一番から農作業用の管理機の試運転や砥石台兼砥石入れとなる箱の製作、そして2サイクルチェーンソーの試運転等をこなし、遅い昼食となったのだが、それからが大変、、、胃の辺りがムカつくは寒気もして向きた、、、それで横になったのだが、今度はトイレが忙しくなってしまった、、、体調が6割方回復したのは昨日の夕方頃から、、、
今日は、床上げでも無いが物干し台を出したりと、残っていた春・夏バージョン化の作業を若干こなした。そして、ミニ菜園の地下水位を確認するパイロット穴?も堀ったが、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

げげげの鬼太郎、、、の本家?訪問

2016-04-05 07:07:54 | Weblog
今回のツアーのコースでは無かったが、折角のこと米子に宿泊するのであるからと、境港まで足を延ばして来た。
団体宿泊なので、ホテル到着後に部屋割りだけ貰い、直ぐにタクシーを呼んで駅へ、、、発車まで2分を残してセーフ、、、乗った列車は、運よく”鬼太郎列車”!  外装のペイントは”ねこ娘”、内部のペイントは”一つ目親父”だった。途中の駅も、妖怪の愛称が付いていた、、、

境港へ着いたのが19時に近いこともあって、殆ど真っ暗闇状態、、、お店のシャッターは下していても、ライトアップのサービスをしていたお店があったが、総じて暗い、、、暗くなってからの見物には、”要!照射角度の広い懐中電灯かも知れない、、、”札幌は明るすぎるのか? 写真は”河童の泉”だったと思う、、、

1時間程ウロウロして、米子に戻った。


一昨日の、市民農園の抽選、、、補欠にも落ちた、、、くじ運が弱いこと弱い事、、、市民農園は全敗記録を更新中!

昨日は穏やかだったので、夏タイヤに交換し空気圧の調整のためスタンドへ、、、おいおい!今日から値上げかよ!それも、5円/lも、、、

本日もお天気らしいので、土起こし等の機具の整備や、車庫のガラクタ道具等の春・夏バージョン化をすることにした。本人は、風邪っ気なのだが、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

震災等の遺構は、保存したいと思うのだが、、、

2016-04-03 13:18:29 | Weblog
保存したいと思うのは、個々の感傷もあるだろうが、忘れ去るからだ!

山陰、山陽地方の一部を駆け足ツアーで回って来た。
コースの中の原爆ドームは、数年前には土砂降りの中であったが、今回は天候に恵まれたし桜も好い加減に咲いていた中での見物となった。

ガイドさんの説明を受けた後の自由散策タイムでのこと、”平和祈念館入口”を見付けた。開館時間は08:30で私の時計は08:29、、、
入り口は、エレベータとやや離れた位置に階段があったのだが、ガイドさんの説明にあった”・・・平和記念資料館”とは、頭の中で繋がらない、、、そこで、公園整備中であった緑化協会の年配のご婦人に尋ねた「この下にきねんかんがあるのでしょうか?」と、、、すると、「、、、ここは入り口だけど、、、」それで更に、ブロックの離れた地上にある”・・・記念資料館”と異なるのか尋ねたが、要領を得ない、、、

根っ子の混乱は、”・・・祈念館・・・国”と”・・・記念資料館・・県”にあったと、後に分かったのであるが、手を合わせては来れなかった、、、集合時間も迫るし、、、

そして、次の目的地である厳島神社へ向かうバスの中で思ったのだ!
「象徴である原爆ドームが無かったとして、記念館等や祈りのモニュメントだけとした場合に、どれだけの人が立ち寄るのか?と、、、」

鳥取県人のガイドさんだったが、”平和記念公園”の中での説明、”車内”での説明等で、過去に色々と報じられていても忘れてしまっていたことや新たなことなどを知ることが出来た。

原爆ドーム、、、「もうイイや!」と言う声が、広島市民の中にもあるとのことだったが、やはり保存しておくべきであろう、、、
例え、きっかけはミーハーの見物であったとしても、惨かった現実を知るために! その件のドームは、保存のための修復作業中だった。

なん言っても震災等の遺構は、過去のために保存するのではない。未来をどのように生きるか?とした、教科書としての保存なのだから、、、


雨は上がった、、、これから市民農園の抽選会に出掛けるのだが、当選したことは皆無、、、果たして今年は?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加