中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

官僚の筋書き通り、、、

2011-10-30 07:27:24 | Weblog
TPP、消費税、食品の安全基準等々、後になって問題が発生すせれば「良かれと思って、、、担当者が退職している、、、、審議会(諮問機関等)の答申通り、、、」どれでも好いけど、情けない。

かくして、新聞の読み所も減って行く、、、それが狙いの一つだったりして?

昨晩は、泊りがけでやって来た娘夫婦たちと飲んだのだが、彼らの不安はやはり「将来へ向けての展望」だった。「その先が見えない、、、」これは、どう考えても哲学の不在であろう。

ほろ酔いで話している内に、良く分からん研究している学者と、芸人だけの世界となって、、、幾つかのフィクション映画やブロイラーの大ケージ、、、グチャグチャにオーバーラップしてしまった。

・・・・には、やはり地上の世界が見えない、、、とは、言い過ぎだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費税10%を国際公約、、、と、載っていた

2011-10-28 08:06:56 | Weblog
酷い話だ。

国際公約だからとして、与党の一部も含めて国内の世論を抑える。
駆け込み需要のために、10%にアップした頃は、再び消費が低迷。
そして、既定の路線である20%超へ向けてのロードマップをひたすら進む。

諸々の過去の体たらくは、舵取りを誤った役人と鵜呑みにした政治家の責任の筈だ。
それを再び、役人の描いた餅で進む、、、

財政不安の筈の円に外貨が集まり、円高進んでいる。いまこそ、識者・専門家の皆さんに、是非とも経済全体と人の関わりあいを分かり易く説明して貰いたいものだ。

私に理解出来るのは、役人と政治家に「人間としての哲学」が乏しい、ことだけである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP参加に反対する理由

2011-10-27 10:06:30 | Weblog
TPPへの参加には反対である。その理由は、至って単純!

①アメリカが参加していること・・・これが、7割方の理由
②農業を守りたいこと・・・但し、農家ではない。あくまでも、我々の食を担う農業である。

詳しく書いて、日本版のオズワルドにされても適わないし、闇夜もある。少しだけ書くけど、、、、

アメリカについて言えば、兎にも角にも自国の利益のためにゴリ押しする国であるからだ。米も小麦もアメリカに頼り、不作だから売らない。〇△と抱き合わせでなければ売らない、等々、有り得る話であろう。アメリカは、他国の「食の安全基準」にも、口を出す国なのである。
国内産が不作だったとして、頭を下げて揉み手をして米や小麦を売って貰う、、、これでは、属国以下に成り下がると言うものであろう。
TPPで言えば、半ば、あっち側の世界に片足の入っている様にも見える経済界の重鎮の振舞いも、如何なものか!
そして、EUは、大国に対抗する目的もあったと記憶している(この時は、中国・ロシアではない)、、、

話題を少しだけ転じると、
宇宙ロケットの打ち上げだって、3発に1発の成功率が、ほぼ100%となった。
原爆の材料となるウラン何とかだって、少なくても10発分くらい溜まっている筈である。
既に核の潜在的な抑止力は有している。広島、長崎の原爆だって、実用化試験の実験でもあった。

脱原発、近隣諸国との友好、右肩上がりは無くても、若者が希望の持てる心豊かな国を目指したい。拝金主義の流れの末席には座りたくないものだが、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコでM7.2

2011-10-24 11:09:02 | Weblog
ここ数年、地球規模での天変地異が続くと言っても過言では無い。正しく、地球は生きている。

そして人間は、その環境の中で生かされているのであるし、生きている。あーだ、こーだの拝金主義よりも、仲よくすることを天が求めているのかも知れない、、、決して宗教家では無いのであるが、最近富に感じる。齢のせいだけでは無いと思うのだ。

トルコの大地震は朝刊で知ったのだが、記事の末尾にでも「埋った人々の救出に向けて、人命救助犬(呼び名は?)を連れて、〇チームが出発した」とした文が、欲しかった。

既に、日本が救助活動に向けての用意をしてあると、タイやトルコに発信済みであることを信じている。

大災害に遭ったその真っ只中でも、他人を思いやる心を有している国民でありたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイ国の大洪水

2011-10-23 12:07:22 | Weblog
報道される洪水の様子は、半端では無い。ひたすら驚きである。

従来から、蚊を媒体とした風土病があったはずだから、水の引いた後も大変であろう。
洪水が凄過ぎて、たった今の支援うんぬんは、アイデアが浮かばないが、せめて日本としては、タイ国から要請があったら、数時間で第一陣を派遣で出来るように「伝染病の防疫支援体制」を整えて置くべきであろう。

10年ほど前になるだろうか、一度だけ訪問したことがあるが、穏やかな人々の多い優しい国に感じたものだ。関係機関には、予め支援体制を整えておいて欲しいと切望するものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言わずもがな?を、、、

2011-10-18 16:19:08 | Weblog
北海道では、道(県)の言わずもがなの発言が、「雑談だ!vsいや要望だった」と、今更なのだが揉めている。

やらせ問題の根っ子は、何事にも反対勢力に対抗するのが常なのであるから、官と民(ここでは電力会社)が挙って賛成の誘導をしただけのことであろう。ある種の正当な企業防衛でもある。
但し、これを許されるのはごく並みの企業までであって、法律で守られた地域寡占の企業であり、産業の基幹でもある電力会社なのだから、決してやってはいけなかったのだ。
結局のところ、企業の経営者に「超一流企業故に有すべき矜持が、欠けていた」それだけの事でろう。
ここに至ってのマスコミも、似たようなものだ、、、知っていながら、、、

電力と原発については、もうコメントしたくないのだが、ボヤイてしまった。まるで、冬の様に感じる寒さで、気持ちも縮こまってしまったようだ。やれやれ、、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同期会・同窓会の案内

2011-10-13 22:19:53 | Weblog
この数日来、集中して同期会の類の案内が届いた。学校二つに、前の会社の社友会からである。

私は、この手の会合があまり好みでは無い。せいぜい10年に一度程度の再会でも良さそうだと考えているからだ。
私自身、前期高齢者であり、その私が出席するこの手の会合は当然ではあるがどちらを向いても年寄りばかりとなる。従って、会話も否応なしに狭い範囲となって来る、、、
確かに、「年金と孫と病気」は、重要なテーマではあるのだが、、、そして、かっての美男美女も爺さまと婆さまであり、夢などはとっくの昔に壊れっぱなしというものであろう。

青春のほろ苦かったりする思い出話などは、キャンプをして、焚き火を突きながらの方が良いと思うのだが、先ず参加者が居ない。かって、一緒にキャンプで遊んだ仲間でもだ。
温泉に入って、仲居さんの接待を受けながらの宴席も、これはこれで嫌いでは無いのだが、私の場合は焚き火が恋しくなることも事実である。

、、、などと思いながらも、中学の同期会には出てみようかと思い、出席のハガキは未だ出していないがホテルだけは確保しておいた。
仲の好かった同級生とは、年に一回くらい会っているし、メールのやり取りもあるので、普段通りだ。しかし、他の同級生とはどうすれば良いのか分からない。
例え、顔を思い出したとして「元気でしたか?」「、、貴方も、、」、さあ、その後どうする?、、、
「戸籍と健康調査」でもすれば良いのだろうか? それとも、「脱原発とTPP、、、」

同居人からは、「引き篭もりだ」と言われているので、出席することにしたのだが、、、


外での梯子昇降などの後遺症・・良い面が見つかった。かなり大股に歩いていた自分を見つけたからだ。嬉しい!!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外れて欲しいのに、、、

2011-10-12 17:48:49 | Weblog
天気予報が当たって、午後から雨となり、おまけに夕方近くには激しい雷雨となった。ピカッ、ドシーンの至近の雷もあったのだが、照明が揺らぎもせず瞬停にもならない。うーん!送配電網とそれを守る人々に感謝である。

この3日間は、8月以来?となるかも知れないお天気が続いたので、屋外での工作は進んだのだが、その後遺症?であろう。膝が痛い。やっぱり、ヒアルロン酸とか言う物の世話になろうか?とした按配でもある。
ひざ痛の原因は、独り作業ゆえに相当頻度となった梯子の昇降にあるので、過負荷とも言えるのだろうが痛いものは痛い。
二人作業であれば、今日あたりは手直しと最終調整まで進んだであろう、、、等と思いつつも、外での工作は気持ちが好い。何と言っても、手足を使うので関節も含めて体中に潤滑油が回るような気持ちとなるからであろう。

ところで、何をやっているか? 雪かきばかりでは芸が無さ過ぎるので、国家資格の必要な趣味をこの春から少しずつ再開中であり、換言するならば「冬の時間潰し」の準備でもある。

今年は、冬が早そうな気配だし、今もストーブが欲しい、、、それなのに、その筋の予報は暖冬傾向とのご託宣だった、、、果たして、、、

精度が上がったとは言え、外れて欲しい時に当たるのが天気予報だから、、、







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香りをとったぞー?

2011-10-08 09:17:09 | Weblog
昨日のこと、偶々であったがドリツプしたコーヒーにアルミホイルを被せた後、断熱目的の帽子を被せておいた。その後、飲もうとしてアルミホイルを取ったところ、溢れさせたわけでも無いのに茶色に変色していた。

それで、今朝も試してみた結果が、アップした写真である(右側が若干濃い)。その間、10分位であろうか?香りの混じった湯気の中の成分であろうが、ふーん?!でもある。

心地よい香りも悪臭も、成分が漂っている筈とは知っていたが、実際に目の当たりにすると微妙な気分でもある、、、、、、
そして無線屋としては、テレビから臭いが漂って来たら、エライことだな!とも、、、

、、、さあ、穏やかな晴天だ!工作の続きをしよう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

札幌市内に現れたクマ

2011-10-03 07:40:38 | Weblog
札幌市内はクマ出没騒動で賑わっているが、平野部の中心街の話では無い。大括りすると手稲山に連なる”山すそ”となる地域の話であり、その付近は高級住宅地とも言われてはいるが、、、
神戸だって高級住宅地の近傍にイノシシが出没するではありませんか!早い話が市内中心部のことでは無いので、安心してお出で下さい。

お天気が不順なので、どうにも仕事が捗らないのだが、クマさんの場合はどうなのだろうか? 兎角、色々なシーンでは、何かと専門家が登場するが、いつも思うのだ! 例えば、クマさん(件の当事者?)に本音を聞いてみたいと、、、

市内、市街地、郊外etc...これらの表記と、頭に浮かぶイメージとの整合が難しい? 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加