中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

夏イカは、ハフハフと

2007-07-26 13:33:11 | Weblog

駒ケ岳とイカ釣り漁船

北海道は6月から夏イカ漁が始まっているが、市場に出回っているイカは残念ながら未だ小振りだ。
我が家では、夏イカの最盛期には、何回か箱買いして食する。イカは一杯、二杯と数えるのだが、20杯程度は簡単にこなす。刺身、塩辛、一夜干し等々。
刺身は、辛味の強い大根おろしとかき混ぜて、ハフハフと食する。
箸で摘んでわさび醤油あるいは生姜で、とはならない。あくまでも豪快にハフハフと食する。新鮮なイカは、軟らかく、そして甘い。

一夜干しとしなくても、夏の日に数時間干したイカは、風呂上りのビールには最高のツマミだ。程よいキツネ色に焼けたイカは、そのまま、或いはほんのちょいの醤油で、食する。30分程度燻した物も、これまた良い。

但し、イケスに長時間飼われていたものは、確かに新鮮だが、オーバーに表現するならば、身はまるでゴム様であり、刺身には不向きだ。新鮮とは、海から上がってからの時間が短い物を、指す。観光の皆さんは、くれぐれも注意されたい。

それでは、市場を覗きに出かけるとするか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トマトからトマト?

2007-07-26 13:06:33 | Weblog
7月に入ってから、低温と日照不足が続いた。そのためか、バケツに植えたミニトマトの色づきも遅かったのだが、この数日の夏日のせいか、急に色付き始めた。
少し前から気付いてはいたのだが、トマトの実の間から新しい枝が伸びて、花が咲いていた。今朝、水遣りしながら良く見ると結実していた。(写真の左下1/4あたり)

植え付けた環境に問題があるのだろうが、別苗の姉妹は所謂ところの標準?である。

中国のセレブは、食の安全のために、日本産の野菜を食しているらしい。その日本の我々庶民は、中国産の野菜を食している。段ボールに詰め替えると○○農協産と表示が出来る日本では、自家栽培を除いて、食の安全は保障されない。

食の安全は、今度の選挙の争点にはなっていないが、良く考えて投票しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百合が原のちょい風景

2007-07-21 19:35:38 | Weblog
写真は、近所にある百合が原公園の2カツト。
その公園は、札幌市の中心部から北東方向に10数km離れた市街地に位置していて、温室などの施設内は有料だが、緑地は無料で解放されている。広大な緑地を紹介したかったが、雨不足で芝が黄変しているので、芝等の名誉のため写真のアップは遠慮した。


上の写真は、中央部分につば広の白い帽子を被った複数のご婦人が見えたような気がして、思わずシャッターを押した1枚。 都の美術館で見たような・・・想像と記憶の混線、、、ではあります。


下の写真は、展望台サイロと百合&ラベンダー。


この公園は、花博の跡地と聞いているが、同じ箱物でも緑地は良い。札幌は箱物が多く、前の市長は作る名目の箱物が無くなったら3選で下りた位だ。スライドして天下ったが、批判を浴びて1年そこそこで下りたことは、プラスの評価だが?!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道は、少雨と日照不足による低温続き、、

2007-07-21 18:17:42 | Weblog
北海道は、アジサイ、百合、ラベンダー等々、花の真っ盛り。しかし、7月に入ってからは、タイトルのようなお天気模様であり、地物野菜もひね物が多くなって来た。そして、チラホラと畑作物が不作か?とのニュースも聞こえて来た。それでも、札幌市内の中心部に位置する大通り公園で昨日オープンしたビヤホールは、盛況とのこと。

新聞やメディアは、連日のように最強の危険物に対する備えの欠如を報じている。国策で埋立地に作った、手抜きの建造物と考えれば、そんなものかと報道にも鈍感になって来た。まずい兆候ではある。
写真は、そんな気分の気晴らしに出かけた、近所にある公園で見つけた百合の1カット。不謹慎だが思わず噴き出してしまった。

お天気と同じで、鬱々している。道産子にとっての明るいニュースは、日本ハムが1位で折り返すことくらいか、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己都合

2007-07-20 10:23:14 | Weblog
また又、地震の関連だが、ニュースで活断層の過小評価が取り上げられている。何れにしろ、総力をあげて他の原発も含めてしっかり検証しなければならない。

私自身の経験だが、ある種施設の建設に際して、土地が20000平方メートル程度必要な場合があった。地質・周辺地形の問題があるので、取り付き道路があれば良いというものではない。従って、土地の取得も含めて、その選定は色々と難しい。
先行して担当した同僚氏は、業者に説明した。「遺跡が出ても、お口にチャック」と。分かる人は分かる。 文化財保護法?とかで、工事は中断するし、後処理が大変なのだ。

別の物件を私が担当した時、件の同僚は「・・・お口にチャック」をアドバイスしてくれた。しかし私は、万が一に備えて代替地が可能かどうか、密かに周辺の地質・地形の検討だけはしておいた。この時、薄々感づいた同僚氏には、嫌味ともとれる助言を貰ったが、、、

幸い、何れのケースも、遺跡・考古的な遺物が出なかったので、ほっとして胸を撫で下ろした。

我々は、とかく事前の皮算用と差異が生じると、組織人だから、サラリーマンだからと言い訳しつつ、自己の都合に合わせて過小評価したり隠蔽してはいないか? 
「測定誤差では?」「滅多に起きる事ではないから」「注意すれば・・」等々。

昨今、メディアを賑わすような不祥事が発生しても、そのことを他山の石として、円卓会議を開き、身の回りを点検する姿勢が、あまりにも欠如しているように思われるのだが、私だけであろうか。

「お天道様には、背を向けない・・・」「他人様に、後ろ指を指されない」など、死語が増えたことは、嘆かわしい限りである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柏崎原発に停止命令

2007-07-18 19:07:23 | Weblog
今日(18日)の夕刊トツプは、柏崎市長 原発7基に停止命令。
報道された内容の見聞した範囲ではあるが、当然の決断である。
とかく地元といえば、交付金を貰っている、固定資産税は入るの図式から、実際に事故があっても、「遺憾表明」「真摯に受け止め、再発防止に・・・」。
監督官庁の原子力保安院は、「厳重に注意する・・・」。検査や許可した手前もあり、責任逃れからも、その辺りでおさめてきた。

その隅で、「長期化すれば需要期を向かえて、電力不足は必至、、、、」収拾の方向も見え隠れする。

私は、何でもかんでも原発反対論者ではない。そして、初めに原発ありきの公聴会からして、茶番なことも知ってはいるが、、、。
従って、活断層などは例えあっても無いのだ。公聴会の結論は当然として、有識者の諮問委員会の類も、委員長や座長の人事をみれば、その時点で結論の見えていることも、周知の事実。裁判を起こせば、人知を超えた・・・で幕。

「人は誤ちを犯す」「機械は故障する」、この2点に留意するだけで、殆どの事故は防げるのだが、、、

ところで、柏崎原発の変圧器ですが、絶縁油に火が入ったこと自体が大問題なのですが、保安動力用の電源変圧器ということは、無いでしょうね。そうだとすれば、消火設備の故障では無しに、電源が死んでいるためにポンプが動かなかったことになる。そしてもっと重大なことは、ポンプのみならず、防災システムそのものが、機能しないことになる。まさか、防火貯水槽も何故か空だったりして、、、。
一市民としてはは、「原発だもの、保安系の2重化は当然してあるだろう」と、思っていました。夏の夜の、悪い夢であって欲しいものです、、、

憲法論議、原発の必然性、年金問題等々、良く考えて参院選の投票に行きましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中越沖地震のこと

2007-07-17 17:49:15 | Weblog
先ずは、被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。

震災の放送開始から2時間ほど、殆どヘリコの映像より無く、インフラや交通関連情報で遅れをとったNHK。アナウンサーは、昼から19時のニュースまで、出ずっぱりだった。ご苦労様。
果たして、受信料を取っている企業のやることか? 祝日には、災害が発生しないとでも考えているタルミ、、、あの体たらくは、事故ですよ、事故。
民間ならば、当該部門の責任者は、顛末書の作成で頭を悩ましているでしょう。
地震速報だけは速いんだけどなぁー・・・

柏崎原発の変圧器火災、数本のホース様の物は見えたのだが、、、。
危険だからと二次災害を恐れ、職員のみの安全を考えて、消防車の到着を待ったのでしょう。憶測ではあります。
災害時にも関わらず、「消防車を待っていたと」釈明した、部下思いの社長。
自衛消火隊は、どうなったのでしょうか? 皆さん、3連休で旅行中?放射能洩れもあったようですが、非管理区域なので詳しくは分からないらしい。放射能とは区分されているから、非管理区域なるものがあると理解していた私が馬鹿か?
電力業界と監督官庁は、癒着とまでは申しませんが、蜜月であることを承知をしていても、危機管理意識の欠如は情けない限り。

住民から見た二次災害と、職員の二次災害の位置付けは?
企業、そして企業人として、モラルの低下以外の何ものでも無い。
北海道でも、電力、製紙、肉の一次加工業者と、新聞を賑わしています。サラリーマンは、果たして自己の生活を守るためには、社会正義の文字やもっと基本的な道徳的な概念を失っても良いのでしょうか?                  
先祖帰りだったりして、、、まさか!  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加