中年の散歩道

前期高齢者となって早や折り返し、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

原発に思う、、、

2016-10-17 18:02:11 | Weblog
新潟県の知事選も終わった。鹿児島に次いで、原発に慎重な知事が誕生した、、、

”もんじゅ”では、地元は施設の廃止?で喜ぶかと思いきや、件の知事は抗議していた、、、交付金や補助金の類が無くなり、雇用にも影響するからであろう!

福島原発は、後始末に更に8兆円とか、、、多分?それでも収まるまい、、、
国費は、国民の税金である! 湧いて出て来た金では決して無い! それに加えて、福島原発と直接関係の無い地方の住民も電力料金で負担している。

すなわち、原発等は税負担の片寄りと共にあるのだが、”国費”とした言葉で何か知らん曖昧な印象となり、極端な税の片寄りであることが薄らいでいる、、、
今となっては、原発の立地している自治体は、黒い金でも金は金とした亡者にも似て見えるのだが、決して言い過ぎではあるまい。

実は、先日のこと泊原発の構内で仕事をしていた。全国一らしい厳重な警備体制の敷かれた構内で、、、
泊村の民宿には空き無し、それで隣接している岩内町に、事務方がやっと宿を取ったらしいが、時間が数十年も遡った宿だった。4泊したのだが、仕事を終えて帰って、「あと何泊、、、」と、指折り数えたくらいだった、、、気が滅入るので早く出たくて、、、
それはさておき、原発は停止中にも関わらず、「なんとか工業」の類の協力会社や下請け会社等の作業員の、何と多い事か、、、
この一点でも、”原発は、コストの大きいこと”が分かる。、、、で、町村がしがみ付く、、、税の片寄りなのだが、、、

部屋には冷蔵庫も無く、19か20インチの小さなテレビがあるだけ、、、うだうだと考えさせられながら、翌日の準備と早寝の4泊5日だった、、、

札幌に帰って後始末をしながら、次回以降は宿泊料が高くても丘の上にあるリゾートホテルにしてくれるように事務方に言っておいたのだが
、、、災害にあった訳でも無いのに、「この歳になって惨めとも思える時間は使いたくない」に、尽きるからだ、、、

9月に入ってから出張続きで、硬い床での講義、スリッパを履いての数時間の立ちっ放し、、、その付けが、もろに腰の負担となっている。何せ、自宅に居たのはまるまる一週間だけだった。


今日は、比較的暖かだがどんよりした一日だった。ちょこっとだけパラついたりもして、、、
毎年の事ではあるが、冬の準備の季節となった、、、気が重い、、、





ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椰子ガラを使ったバイオ発電... | トップ | 大阪府警_機動隊員の土人発言... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なぜ (水戸黄門)
2016-10-19 20:08:12
なぜこんなに怖い エネルギーに人は頼てきてしまたののだろうか
でも 恩恵にも 預かている。嗚呼
分かりません 嗚呼分かりません

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。