中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

日ロのトップ会談、、、北海道ローカル?

2016-12-20 18:10:19 | Weblog
、、、会談後の発表は、ま、、、「そんなもんだろう」で、あった。

報道系、情報系等の番組に登場する専門家やコメンテータの皆さんも、思惑外れの御仁が多かった様に感じたのだが、果たして当のご本人達は?、、、

内閣改造などで、北方領土を担当することになった大臣にしても、殆どが議員時代に訪れては居ないのが現実なのだ! 殆どの議員先生らは、領土は国の根幹であるからと、将来を思っての領土に対する自主トレ?をして置こうなど、普段は寸毫も思っていない、、、いや考えていないのだろうな?
北方領土問題は、多くの議員先生の出身地への還元に乏しい辺地、、、要するに北海道ローカルの問題なのであろう、、、

翻って、「では山口県は?」と、私に問われても、傍らに置いてある図鑑と地図からの情報より持たないことは事実であるが、、、

今回の会談やら交渉についての双方の言質は別にして、一般国民は行政や自治体役人の言葉使いについては、改めて思い出しておいた方が好いかも知れない、、、
例えば、「持ち帰って検討します」は、「一応、上司に報告だけはしておきます」なのだ。期待してはいけない。
前向きの場合には、その場で”更なる資料を要求する”、或いは”絞った方向性を求める”のが、通例?なのだ。
そんな訳で、”交渉のテーブルに付く”は、一方の課題や要求が通ることでは決してない。何と言っても交渉は、相手があることなのだから、、、

分かっていても期待する気持ちは分かるのだが、、、


先週末からお天気が落ち着いている、、、それでも、何だかんだと腰を痛める始末であり情けない限り、、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本とロシア間の隔たりと、... | トップ | 土地の私有の制限、、、北方領土 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。