中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

ミサイルのことから

2017-05-16 14:16:59 | Weblog
北朝鮮のミサイル発射とそれに対する批判、、、先日のアメリカのICBMの発射試験には、批判があったのか?

かつて、「アメリカの原爆は帝国主義うんぬん、、、ソ連(冷戦時代)の原爆は平和のため、、、」、原水禁の大会も私の知る限りだが同一年に6大会も開催されたことすらあった。”平和のための歌声使節団”は、カンパを募ってソ連に出掛けていた、、、少なくても昭和の50年代にはこの風潮は続いていた。

翻って、この度のアメリカのICBM発射試験は平和のためであり、北朝鮮のミサイルは、、、となるのかと、頭の中を過ぎったのだ、、、報道やテレビでの解説を聞いていると、どうにも???
こうなって来ると、金とは縁が遠く、況してや学問も教養も持ち合わせていない小市民である自分としては、どちらも胡散く感じてしまう、、、本能的にだ、、、

一方での不安は、防衛網としての新型ミサイルうんぬんとして、軍事費拡大の加速が進むこと、、、
PACK3を配備している市ヶ谷の周辺住民は、守られているとして安心しているのか?将又不安視をしているのか?
縦しんば、運良くPACK3が迎撃に成功しても、残念ながら失敗しても、何れにしろ半径数十キロの皆さんは用心に越したことない! 少なくても破片は落ちて来るから、、、

太平洋戦争の末期、樺太や満州では軍隊は「陛下を守るため」として、民間人の多くを置き去りにして我先に引き揚げた、、、
女子には青酸カリを、男子には弾の揃わない銃を置いて、、、これが現実だった! 本土では、婦人部挺身何とかが、竹槍訓練をさせられたりもして、、、

軍隊や武器は、他国を攻撃出来るが自国を護れない! 少なくてもミサイルや弾が飛んで来れば犠牲が出る。そこで、平和の為には話し合いとなるのだが、そこのところの分からん人(国)がいる、、、だからと言って”右の頬を打たれて、左の頬を出す”積りは毛頭ないし、、、と、小市民としては困惑するだけとなるのだった、、、

半島と大陸の動きが、日本の軍拡論者に力を与えている様にしか思えないのだが、半島と大陸の為政者はそのことを理解しているのだろうか?
それにても、、、、平和憲法となって70年、、、日本国にとって何の不都合があったのだろうか? 半島にまで揶揄されているポチの綱?のためであれば、このところの政権の行いは売国行為でもあるのだが、、、
思想信条、主義主張、それに宗教と金が絡んで、、、となると、果たしてたった一つの答はあるのだろうか? 等々、、、とっくに青くは無い年齢となってしまったその白髪頭で溜め息が出る、、、

額に汗して働き、子育てが終わった後の束の間の休息、、、そして静かな旅立ちを願うことは、贅沢なのだろうか?


午前中は、強風と雨、、、今は雨が上がっているが、これで落ち着くのだろうか、、、ここ数日ストーブを点けたり消したりのお天気だったが、、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お父さん!おにぎり持って... | トップ | 東北ちょい旅から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。