中年の散歩道

来年は後期高齢者、、、そんな親父の街角ウオッチングetc..

福岡の駅前での道路陥没事故から

2016-11-12 10:53:34 | Weblog
函館の出張先で知った。

市長の談話にあった、「、、、奇跡、、、」は、正しくその通りだと思う。
工事中に「砂がパラパラと落ちて来た、、、」としての、素早い対応には大拍手である。気付いた作業員、即応した現場責任者の対応等々、、、テレビで報じられた範囲ではあるが、感動させられた。

事前の調査ウンヌン、、、それを責めるのは酷と言うものであろう。”多々の後出し意見”はあるだろうが、手抜きはなかったと信じたい。

今の世の中、何か事が起きると後出しで専門家が宣ふ、、、そして、危機管理うんぬん、、、
翻って現実を見てみよう、、、先ず第一に子等の生活が一昔前からは、極端に変わっている!
塾や部活等々に割かれている時間の多さ、、、地域での大人の仕事や生活の見聞に乏しいので、身を以てと言おうか?体に染みつくとでも言おうか、実体験に伴う学習に乏しい、、、
それを机上や教室でちゃらちゃらとやっても身に付くまい。講師ですら、ペーパー?もので実体験に乏しいのだから、、、

偏差値アップを目指す、シャーマン(芸人等)を目指す、運動選手を目指す、、、等々、それぞれの夢を追いかけることには異論がない、、、しかし、ごくごく普通の生活は何処?へ飛んでしまってはいまいか?、、、
今のままでは、子等は物事を知らな過ぎるまま大人擬きなっててしまう様に思えてならない、、、全ての生活は、ありきたりの生活の延長上にある筈なのだが、、、

件の事故で、”水の道”なる言葉を久し振りに聞いた。私は、小学校の頃にヒューム管(下水管)の埋設工事を覗いて時に、不思議な所から水がチョロチョロと流れるもんだ、、と思っていて、20才を過ぎてから、偶然”水の道”うんぬんを聞いた時に、即効で映像が浮かんだ!ものだ。実体験とは、そんなものだと思う。
 
その後、管理する施設に隣接した道路工事(掘り下げ)や養生などで、土木工事の技術者とディスカスを出来るなど、大いに役立った。放っておくと、直ぐに手抜き?方向に進むのだ、、、「、、いやー、大したことはありません、、、」等として、、、

薄日は射しているがやはり寒い、、、早くアスファルトの路面が乾けば、、、と思いつつの、留守中に届いたメールの点検、、、気合を入れて、外回りの冬バージョン作業をやることにするか!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TPP、、、 委員会での強行採... | トップ | 原発も米軍の駐留も、多数決... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。