貴の備忘録

気の向くまま、興味のあることを書いて置く場所。

Xperia acro IS11Sのroot化 その1

2012-02-20 08:11:43 | デジモノ
久しぶりに海外案件を担当することになったので、出張向けアプリを増やす必要があった。ただ、Xperia acroは慢性容量不足なので強制App2SDを導入して、内部ストレージの容量確保に努めてみた。ルート権を奪取する手始めでもある。

取りあえず、作業の備忘録を残しておく。

参照したのは以下のサイト。
みんなのためのAndroid さん 
機種は違うが、手順は大まか同じだ。

1. JAVA SDKのインストール

Androidの開発環境にはJava アプリケーションおよびアプレットを開発するためのJREを含む JDK (Java Development Kit) が必要らしい。
ここからダウンロードできる。 

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

無料だが、ユーザー登録が必要だ。

2. Android SDK Toolのインストール

root権奪取の作業はSDKツールが組み込まれてワンクリックで実行出来るが、SD置きアプリの選択肢を増やす設定(強制App2SD)は自動化されていないので、必須なのだ。

http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.htmlから、”installer_r16-windows.exe”をダウンロードする。

exeを実行してSDK Toolをセットアップすると、Android SDK Managerが起動されるので、Andoroid SDK Tools、Android SDK Platform-tools、Andoroid 2.3.3のSDK Platform、Sample
for SDKのチェックボックスをONにして、Install PackegeをクリックするとXperia acroに応じた環境になる。

さらにマイコンピューターを右クリック、プロパティ→詳細設定→環境変数をクリックし、システム環境変数の中からPathを選択して、以下の2カ所を追加する。

C:\Program Files\Android\android-sdk\platform-tools
C:\Program Files\Android\android-sdk\tools

OSによってインストールされる場所が違うと思うが、adb.exeとddms.batが保存されているフォルダにPathを通せばよい。

一旦PCをリブートしてから、PCとacro IS11SをUSB接続する。初回接続だとPC CompanionとUSBドライバがインストールされるので、画面に従ってインストールを済ませる必要がある。
また、PC Companionも最新にアップデートをしておくこと。
acro IS11Sの 設定->アプリケーション->開発->USBデバッグ はONにしておく。ついでに充電中のスリープ抑止もONが良い。

そしてPCのコマンドプロンプトから、"adb"と入力して、ずらずらとヘルプが出てこればOK。

adb shellと入力すると、acro IS11Sでコマンド操作が可能になる。
UNIX(Linux)のコマンドでそれなりの操作ができるのだが、root権がないのでこの段階では中途半端なものだ。

3. 強制App2SDに設定するにはPCコマンドプロンプトから以下のコマンドを入力するだけでよい。

プロンプト> adb shell pm setInstallLocation 2

acro IS11Sを再起動させて、App2SDを起動させると、いままでSD化が不可だったアプリがかなり移動可能になっている。SDに移動させることで内部ストレージに余裕が出来るのだ。
ただ、ウィジットやお財布関係も移動可能なアプリになっているが、こいつらは移動させない方がよい、

こうして確保した容量は、出張向けアプリを入れたらあっという間に満杯になった。
やはりルート権は奪取するべきものなのだ。

('12.2/20 投稿後加筆修正済み)
ジャンル:
ケータイ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« auひかり ギガ得プランの速度測... | トップ | Xperia acro IS11Sのroot化 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。