足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

仏の総選挙は混沌・・・IBM安がバフェットに影響

2017-04-24 06:28:55 | 投資戦略
日曜日に行われた仏大統領選の結果が混沌としている。
中道派のマクロン(元経済産業相)とルペン党首(極右国民戦線)の一騎打ちになったが、過半数を制する候補が出ない場合は2週間後の5月7日の決戦投票に持ち越される。
昨年、11月の米大統領選の場合と同じように国民の見方は2分している。
選挙の内容をみてユーロ相場が昨年11月以来の高値水準になった。東京市場にはプラスだ。
世界の株価への影響は米国の大統領選とは異なり、結果いかんにかかわらず大きな影響はない。

バフェットが苦闘している。
昨年11月の米大統領選後の上昇に乗り、保有株の含み益が大きく増加、バークシア・ハザウェイの株価は市場平均を大きく上回った。ポートフォリオの40%以上は金融株が占めており、銀行株の上昇が成果に大きな影響をもたらせる。トランプ相場では規制緩和と企業寄りの政策を見込んで金融株が先頭を切って上昇しバフェットの成果につながった。
しかし急騰した金融株が反動局面に入ったうえに、筆頭株主である銀行ウェルズファーゴに、この銀行には考えられないような不祥事が発生した。預金者に無断でクレジットカードの発行を行うという事件が一部の支店で発覚した。株価は15%急落した。

さらにここ2年間にわたって下値を買い続け筆頭株主になったIBMが先週、第一四半期の決算を発表したが、結果は事前の予想を下回った。誤差の範囲内程度の減額修正だがバフェットの買いが続き市場はIBMの業績底入れを読んでいた。株価は発表後には7%急落した。
バークシア・ハザウェイからはトランプ相場で積上がった含み益の一部が吹き飛んだ。
バフェットの投資人生からはめずらしいことでなく、この種の経験はいままでから味わってきたが、相場の先行きに見方が分かれているときだけに、大きな注目を集めた。
バークシア・ハザウェイは昨年11月の安値から26%も急騰したが、今回は8%の下落になった。
「出来すぎた成果の一部が剥ぎ取られただけ」という心境だが、バフェット・フアンには打撃を与えた。
フアンの一人として、バフェットの次の一手を見守りたい。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下値固まる・・・物色株を考える | トップ | 久しぶりにソニーに存在感 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL