足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

NY株の強さをどうみるか?慎重派が増える

2017-07-31 06:14:40 | 投資戦略
昨年11月のトランプ大統領の登場いらい相場は上昇トレンドをたどってきた。
トランプ大統領にはマスコミの評価は芳しくなく、メデイアは大統領の大きな失政がどこかで暴露されるのでないかと懸念を続ける。最近は取り巻きの重要人物の更迭がくり返されるのは気がかりだ。
海外からはロシア、北朝鮮が大統領を揺さぶり、地政学リスクが拡大の気配をみせる。
このような環境下にあっても株価指数は史上最高水準のゾーンにあり、株価の高値圏の大きな拠りどころになってきた。
理由は明快で足元の景気の好調である。第2四半期の米GDPは+2.6%、発表中の企業業績はビッグサプライズが70%以上をしめる。
2009年に始まった上昇相場は足掛け9年間に及び、普通なら大きな調整局面が出ても当然だが、その兆しは少ない。
ここ9年間ではS&P500は2回、大幅な調整局面を経験した。第一回目は2011年のユーロ危機である。この問題はしばらく相場に影響を洗えた。ヨーロッパ中央銀行のドラギ総裁がバーナンキ流の政策を発動しヨーロッパ景気を回復軌道に乗せた。
2016年には中国が高度成長の反動期にはいり兆期の株価調整期が続くのがコンセンサスになった、果敢な政策発動果でGDPは7%近辺に到達しそうな勢いに回帰した。
今年前半は中国株に投資したかどうかで、国際投資家の成果は大きく分かれた。

このように過去9年間の上昇局面でもリーマンバブル崩壊の再来を感じさせる局面があったのに、それを跳ね返した。
最近、ウォール街では代表的な人気株の頭文字をとってFANGということばが流行している。フェイスブック、アップル、ネットフレックス、グーグルの頭文字から来た造語である。この4社にアマゾンが最近は加わりFAANGといわれる。
9年間の上昇相場を総括すればバーナンキ前議長の金融政策と米国の技術革新が生んだ産物といえる。

いまの最大の関心事はウォーレン・バフェットの行き方である。最近は沈黙を守るが。8月中旬には大手機関投資家の大量投資の公開の時期がやってくる。バフェットはこの3ヵ月何を考えてきたか?


『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラッグストアに注目・・・... | トップ | アップルがポジティブ・サプ... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL