足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

北朝鮮問題は無視、押し目買いを続けたい

2017-11-30 06:38:42 | 投資戦略
NY株はナスダック指数が大きく下落したが、NYダウ平均は堅調。ほかの世界の株価
はヨーロッパは堅調であった。北朝鮮のミサイル発射は話題に上らず、投資関連のメデイアは無視した。われわれの関心事はトランプ大統領の今後の行動だが、従来と異なるのは中国が米国寄りになってきたことだ。大国が小国に振り回されるような構図を、世界の大国は一日も早く排除したいはずだ。

メデイアが一斉にスペースを割いて報道したのがビットコインの1万ドル台乗せ。昨夜半の日本時間に相場が崩れた、一時は10%以上の上昇率であったが、上がるときも下がるときも変動は大きい。それにビットコインは20兆円の市場なので、相場の波乱はこれからもしばしば起こるだろう。
昨日もJPモルガンの経営責任者ジェミー・ダイモンの「ビットコインは詐欺だ」という警戒信号が伝えられた。
本レポートでは、今後もその相場については取り上げていきたい。

今朝の日経新聞では2期連続2ケタ増益で高いPBR(株価÷1株当り株主資本)のリスト20銘柄が紹介された。株価の年初来騰落率も記載された。上昇率は北の達人(+857.1%)。
われわれのれぽーと「トリトンスクエア通信」で特選銘柄として注目をつづけてきたMonotaRO,エムスリー、寿ススピリッツ、ヤーマンの4銘柄が20銘柄の中にはいった。この4銘柄はわれわれ独自の基準で選んだ銘柄である。現在も特選株に加えている。

話は変わるが相場戦略での押し目は買いの見方は不変である。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末から新年はチャンス・・... | トップ | NY株が大幅高  日本株にも妙味 »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事