足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

日米株は上昇サイクルに復帰

2017-06-20 08:39:36 | 投資戦略
NY株はトランプ相場が目覚めたような動きになり、ダウ平均、S&P500は史上最高値を更新した。
一時はトランプ相場が完全に終焉した見方も出ていたが、現在の相場を分析するには昨年来から続く、主要株価3指数の動きを無視しては論じられない。その背景はトランプ政策である。
この日はハイテクの王者アップル、アルファベット、FB,アマゾンなどが引き続き人気を集めたほか、バイオ、医薬品、コンピュータ、製造業、通信が好調、金融、保険は下落した。
トランプ相場の議論よりも、重要なのは相場のトレンドである。
根底には企業業績の好調が大きな大黒柱であり、景気基調に変調が出てくれば、現在のトランプ大統領の政策チームにはためらわず行動を起こす用意はととのっている。
最近の連銀メンバーには「正常化への進行を急がない」という見方で、一致していることもトランプ相場を支える大きな要因のひとつだ。

先週の海外出張で得た収穫のひとつは、アジアで拠点をおく外人運用者たちの強い自信である。
香港に運用スタッフを置くスコットランド出身のアリセグ・アジア・コンシューマ・ファンドの成果は1~5月が+21.6%、同グローバル・エマージング・マーケッツ+19.1%と年率では2倍の成果の好パフォーマンスである。ボトムアップ運用に徹しており、現場にいて地についた運用をしている運用者たちのアジアの消費関連企業についての見方は前向きである。
われわれは海外投資のポートフォリオの3分の1を新興諸国株で運用しているが、ことしの成果はいままでのところ年率2倍の上昇トレンド。久しぶりのことである。アジアの新興諸国から、世界を見渡すとトランプ大統領の幸運な星がみてとれる。

東京市場は上昇相場の短期サイクルの半ばである。押し目買いと、最近、人気の圏外にあった銘柄発掘を「トリトンスクエア通信」では実行している。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゾンが一段の成長へ・・... | トップ | NY株の微調整は歓迎・・・押... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事