足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

NY株の方向感には変化なし

2017-05-19 06:35:14 | 投資戦略
有名なヘッジファンド運用者のスカラムッチ(スカイブリッジ・キャピタル)をトランプ政権が顧問に採用したが、先週のSALT会議で次のように語った。
「これまで会った人物では最高の人だ。初めての対面であった昔からの友人のよう扱いを受けた。国民は彼を評価するのにいま少し時間を与えなければならない。国民との間にギャップがあるが、それは間もなく埋まる。これまでのワシントンの悪弊を除去し、先行き同調者を増やすことは確実だ。就任中は彼に忠誠を誓う」。
今週にはいってNY株は大幅な下落になった。
一部の投資家は先行きに悲観人気をいだくが、一方ではスカラムッチのような応援団を増やしていくだろう。彼は顧問役についた。

NY株の見通しに慎重論もあるが、トランプ相場は終わらず、これからスカラムッチのような取り巻き団が増えていくだろう。
メデイアの論調には批判的な内容が多いが、私は賛同しない。今週のNY株の調整は日米とも出遅れていた投資家には大きなチャンスである。


『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NY株は壁に当る・・・調整は... | トップ | Arms指数が底値サインを発信 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL