年明けにあたり

2016年12月31日 | 日記
今年もあと1時間余り。文字通り激動の年でしたね。熊本地震をはじめ日本各地、世界各地で天災が相次ぎ、ヨーロッパではテロも頻発し、アメリカ大統領選では史上最大級の番狂わせがあり、隣国でも政界は大揺れです。オリンピック・パラリンピックもありました。豊洲市場問題や相模原の施設での凄惨な障がい者殺傷事件など、顔を覆いたくなる信じがたい事件もありました。これほど多様で圧倒的な数々のできごとに直面すると、音楽にはどんな意味や力があるのか、とどうしても考えてしまいますが、震災後しばらく経ってからのIさんのリサイタルはご来聴の方々にとても喜ばれました。人間はパンのみにて生くるにあらず。地震の時の差し入れも、ゴディバのチョコレートやアマノフーズのお味噌汁が喜ばれました。救荒食ばかりでは人間らしさを失ってしまうのですね。贅沢といえば贅沢ですが、人間らしさや文化とはそういうものなのでしょう。ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞も象徴的なできごとでした。音楽は言葉の力、言霊の窮まった形なのでしょうね。
難しい話はさておき、今年の後半はことのほか体調不良に悩まされた日々でした。長い風邪がやっとのことで治ったところですが、今日もまたちょっと買い物に出た後で咳が出始めて、疲れも出て寝てしまい、結局まったく掃除はできずに一日が終わってしまいました。年賀状も、パソコンを替えたためセットアップに数日かかり、住所を登録し、宛名をプリントするのがまたおおごとで、今日の午前中いっぱいかかってやっと書き終えました。その合間に4月のリサイタルのチラシの作成の件でデザイナーさんとのやり取りがあり、リュート伴奏用の移調譜を作るために楽譜ソフトをダウンロードしたはいいけれど、これがまた大変複雑でそんなに簡単には使いこなせず、合唱団のライブラリアンさんに何度も電話でナビゲートしていただいた挙句、見かねた彼女が一曲は作って送ってくれました(-_-;)。というわけで、最後の最後までひとさまの手を大いに煩わせた大晦日でした(苦笑)。
あ、テレビで除夜の鐘が鳴っています。地震の揺れで心の底に秘めていた煩悩が噴き出してきた今年、鐘の音に耳を澄まし、しばし心を鎮め、浄めて頂きながら年を越すことにしましょう。来年は明るい年になりますように。
皆様、どうぞよいお年を!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙中閑あり | トップ | 歌い初め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。