朱満忌

2017年06月30日 | 日記
家の中が取り込んで、仕事も忙しく、なかなか更新できないでいるうちに6月最終日になってしまいました。今年も半分が過ぎたんですね。
ご無沙汰している間にもいろいろありましたが、忘れてしまいました(笑)。7月のイヴェントをご案内します。
まず、7月29日(土)午前11時から、ドイツ・ロマン派の作曲家ロベルト・シューマンの祥月命日を記念して「シューマン忌」という催しが行われます。場所はうちの近くの肥後国分寺の本堂です。
シューマンを大好きなご住職が「朱満居士」と戒名をつけて毎月29日にシューマンの月命日をなさっているそうなのですが、祥月命日には特別なことをしたいとご相談があったので、いつもM先生のお世話をなさっているUさんに、ご住職のお気に入りの一曲「トロイメライ」を弾いて下さるようお願いしたら、快諾して下さいました。私には講演と歌のオファーを頂きました。もう一人、別の声楽家の方にも演奏をお願いしているとのこと。
シューマンに関しては話のタネはたくさんあるのですが、一般の方たちに関心を持って頂けることといえば、やはりクララとの恋物語でしょうか。以前、大学の授業でクララとシューマンの往復書簡をテキストにしたことがありましたが、その時も学生さん達は(苦労しながらも)興味を持って読んでくれました。
個人的には、私はシューマンの文学的造詣や神秘主義的傾向に特に強いシンパシーを感じます。メンデルスゾーンとの交友やブラームスとの関係なども興味深いところです。これらも小ネタとしてちりばめたいと思いますが、何といってもクララはあまりにも魅力的で、またシューマンの生涯においてあまりにも大きな存在です。シューマンの伝記を読んでいると、クララが弾くピアノの音色がありありとイメージできてしまうほどです。聴いてみたかった!
もともとピアニストを目指していたシューマンは、ピアノ曲もとても素敵です。ピアノコンチェルトも素晴らしいです。でも、何といっても歌曲が最高!長い闘争の末晴れてクララと結婚した1840年の「歌曲の年」の作品も、その後の作品も、どれもが気品と才気と愛のほとばしる逸品ばかりで、歌うたびに感動します。話をしながら、歌いながら、感極まってしまうかもしれません(笑)。お時間のある方、どうぞシューマンの供養と思ってご来堂下さい。
7月30日、31日にはM先生がはあもにいメインホールでピアノのライブをなさいます。ワンコインコンサートです。30日(日)午後7:30から、翌31日(月)は午前10:30からです。何を弾くかは当日決めるそうです(爆)。きっと、いつもながらの型破りでパワフルで愛情に満ちた演奏で楽しませて下さることでしょう。こちらは整理券が必要ですので、ご希望の方はご一報ください。
今年も後半に入ります。どうやら梅雨明けも間近みたいですね。いよいよ暑さも本格的になります。皆様、どうぞご自愛くださいませ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第2回声楽発声研究会 | トップ | 身体のこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事