合唱コンクール今昔

2016年10月19日 | 日記
今日は中3の姪が通う中学校の合唱コンクールでした。姪、甥、姪と3人の身内が次々とこの学校に通ったので、一番上の姪が中1の時から数えてもう7年間続けて聴きに行っていることになります。ここ数年、この学校の生徒たちが時々うちにレッスンに来るようになったので、コンクールがより一層身近に感じられます。
私もこの学校の出身で、且つ以前9年間非常勤講師として音楽を教えたので、校内合唱コンクールには格別の思い入れがありますが、毎年つくづくと「ここの生徒たちは幸せだなあ」と思います。パーフェクトに行き届いた学校側のお膳立てのもと、コンクールに向けて生徒たちは燃えに燃えます。数週間は文字通り学校を挙げて合唱一色の毎日。これは昔も今も変わりません。私たちの時もそうでしたし、おそらくもっと昔からでしょう。違うのは、昔は会場が学校の体育館だったのが、今は県立劇場のコンサートホールという熊本随一の会場を借り切って一日がかりのイヴェントになったことです。平日の昼間なのに、2000人近く入る会場が生徒(全員で500人ほど)とその保護者でいっぱいになるのです。これもまたすごい話。
さて、今日のコンクールを聴いていろいろなことを思いましたが、一番感じたのは選曲の大切さです。私たちがソロのリサイタルをするときも同じですが、身の丈に合った、共感できる、聴衆に訴える力のある曲を選ぶことが大事ですね。皆の好きな曲を心を合わせて仕上げていく喜びには教育的な意義も大きいと思います。最近の合唱曲は言葉が多く、メロディもリズムもハーモニーも複雑で、背伸びをしたい盛りの中学生たちにはそういう難曲、大曲に惹かれる気持ちもあるのでしょうが、実力との兼ね合いを誤ると演奏効果が落ちます。この辺の判断はなかなか微妙なものですが、今年は比較的実力相応の曲が多かったと思います。また、古い(と言ってもせいぜい20~30年前の)曲で、今でも訴求力のある(まだ賞味期限の切れていない)名曲が選ばれることもあります。「樹氷の街」、「ひとつの朝」、「山のいぶき」、「聞こえる」などはスケール感と説得力に富んでいて、今の中学生たちが歌ってもピタッとはまっています。今日3年生が全員合唱で歌った「大地讃頌」も、巷間では中学校の第2校歌と言われるほどの古典的名曲ですが、これを160名余の3年生が全員で高らかに歌うさまは圧巻でした。うちの姪もこの曲にぞっこんで、お陰で合唱にハマってしまったようです。先日、「大地讃頌はおばちゃんが中3の時のクラスの自由曲だったんだよ」と言ってうろ覚えの伴奏を弾いてやったら、上の姪も一緒になって2人でハモってくれて、それを聴きながらひそかな幸せを噛み締めました。何しろ私は長いこと我が一族の中で「黒い羊」で、合唱やクラシック音楽について語り合える血縁の身内を持っていなかったので。姪たちがこの学校に行ってくれて本当に嬉しいです(笑)。
生徒の指揮もだいぶ端正になってきました。以前は体をくねらせたり、拍がはっきりしなかったりする指揮が目についていたのですが、きちんと定石通りに振るようになってきたな、という印象を受けました。それと、昔は指揮は男子、伴奏は女子というのが不文律だったのですが、今は指揮も伴奏も男女を問わず適材適所で、こんなところにも時代の変化を感じます。
今年は未曽有の大地震の後という特別な状況があったことの反映でしょう、合唱にも何か普段とは違う雰囲気がありました。皆で声を合わせて歌えることも決して当たり前のことではない、ということが観念ではなくちゃんと腑に落ちているような、何か肚の座った感じがあったように思います。子どもから大人への過渡期にこんな大災害を経験したことが、彼らを少し早く大人にしたのかもしれません。きっと、この合唱コンクールの経験が特別な意味を持って思い出される日がいずれ来ることでしょう。
音楽を心から味わい楽しんでいる時、私たちは音楽とともに日常の尊さを享受しているのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴く力 | トップ | 気のせい? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。