ズッコな日々

高校時代のあだなはズッコ。

【ズッコケ】のズッコ。

専業主婦になったズッコな日々。

4世代旅行記・2。(  浅虫水族館 )

2017年06月14日 | お出かけ

本日 6月14日は 幼馴染みのリボンちゃんのお誕生日。


そして 平成20年に起きた 岩手・宮城内陸地震から9年となる日です。


発生時刻の午前8時43分に 黙祷を捧げる合図のサイレンが鳴り響きました。


未だ行方不明の6人の方々と 亡くなられた17人の方々のご冥福をお祈りした朝でした。








四世代・13人と老犬一匹の ドタバタ旅行記の続きです。




恐山の参拝を終え、大人数の割に・・    意外にスムーズに・・    動けたので  急遽 浅虫水族館へ向かう事に。


そこには 恐山に行かなかった我が家の息子ファミリーが行っています。













合流して 大はしゃぎの孫ちゃんズに先導されて 館内を回りました。


まずは ギリギリで 最後のパフォーマンス時間 ( 16時~ )に間に合った イルカショー会場へ向かいます。













大昔のイルカには 「 足 」 が有ったそうですよ。


恐竜ですねぇ。  今のイルカとの違いを 本物のバンドウイルカが水中から上がって見せてくれました。











お姉さんの合図で バブルリングを出して見せてくれてます。   お客さんと水槽の席はもの凄く近いんですよ。




さぁ!  バンドウイルカ2頭 と カマイルカ2頭の ダイナミックなショーが始まります。













色々なパフォーマンスは圧巻で、大きな水しぶきが高ーく上がり、客席まで飛んできます。 バッシャーン!!



その度 大きな歓声と悲鳴と笑い声が会場に響きます。     キャーッ!!




イルカが鼻で飛ばす 大きなバルーンボールが客席に飛んで来たら お客さんはジャンケンのグーの形にした握りこぶしで返します。


前から2列目に座った 我が家・御一行様に何回も飛んで来ました。 えぇ・・  ワタシにも来ました。 笑



多少 濡れましたが 最高に楽しいショーでした。


息子ファミリーは ここにほぼ一日居たので このイルカショーは3回、 海獣館で行われる お食事タイムのショーは1回観たそうです。


何回観ても 内容もお姉さん達も変わるので 飽きずに楽しく観れたそうですよ。


ワタシも もう一回観たかったぁー。
















さてさて、 閉館 ( 17時 )まで時間がないので 早足で館内を回ります。











美味しそうな・・・  いや 違うな・・・  よく見るお魚がいっぱい。


ホヤは 一年もの、二年もの・・   と  成長の大きさに並んでいます。 四年物が美味しいんです。












ちんあなご って 思ってたより小さかった・・・・。  かわゆす。









この中に旦那さんがおります・・・・。  183センチです。









立って寝てる?? アザラシが 奥の方にいます。   分かる?










淡水魚も スーさんも居ます・・・・。










外国のオオナマズの大きさに驚愕し・・・・。










珍しく正面を向いてる アロワナ的な熱帯のお魚に クスリと笑い・・・。











ガーの姿を見て 眉間にシワが寄りました・・・。  怖い・・・。















ここが海獣館。 もの凄く近い所をイルカが泳いでいきます。 手を出すと噛まれます って 看板がありましたよ。 


鳴き声も聞けます。  癒されます。 










ここ海獣館では お食事タイムの他にも ジャンプして見せたりするそうですが、


イルカショーの場所より 更に 近くで見られるので 水しぶきが半端ナイそうですよ。







蛍の光が流れる前に 滑り込みで売店に入りまして、何点か買いました。


さぁ!  そろそろ 浅虫水族館の目の前に在る ホテルにチェックインしまーす。






その様子はまた載せます。



ではまたね。








らせん状の階段には 位置を合わせて顔を出すと面白い画が撮れるポイントがありますよ。




『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4世代旅行記・1。 ( 恐... | トップ | 4世代旅行記・3。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。