池坊いけばな教室宝塚-敦子の部屋

敦子のいけばな展作品や研究室作品、いけばな教室の生徒作品、旅行写真など・・たまにニャンコちゃんや他のも・・ね!

いけばな体験

2017-07-16 14:13:58 | いけばな
テレビの影響は、大きいとは思ってましたが、今回はちょっとえぇ⁉って感じです。
テレビ番組のプレバトで、假屋崎さんのいけばなのコーナーがありますよね。
先日いけばな体験に来た方なんですが、転職しようと思ってっていけばな体験に来たと言うので、お花屋さんで仕事を始めるの?って聞いたら、アレンジメントといけばなの先生になるというのです。
『ん?・・いけばなの先生になるには10年以上かかるよ。まぁ最短で門標取るのに5年かな?』って言ったら『えっ?門標ってなんですか?それ取らないといけないんですか?』って。
で、私がカキツバタの生花を生けているのを見て『こんなんのどこがいいんですか?』って言うのです⁉
あちゃー‼って感じ。
それで池坊の本で、生花・自由花・立花の作品を見せたら『私が思ってるいけばなとぜんぜん違う!』だって。
で私の自由花作品の写真を見せたら、『えぇ?こんなのは芸術作品じゃないですか‼』って言うから、いけばなは芸術でしょう?って言ったんだけど。
どうやらプレバトで芸能人が生けたいけばな作品が、いけばなと思ってたみたい。
そして假屋崎さんのことをいけばなの大家って番組で紹介するから、世の中には假屋崎さんのいけばなしかないと思ってたようです。(ため息です)
そして極めつけは、『いけばなを趣味で習う人なんかいるんですか?』って言うので、普通は趣味で習うでしょ?って言ったら、先生になろうと思う人ばかりなんじゃないんですか?だって。
それで私が、教えるには経費がかかるよ・・自宅で教えられるならいいけど、教室借りるなら費用がかかるのよ、それに経費がいろいろかかるし勉強しないといけないよって教えたらびっくりするのよ。
どうやら先生の資格を取ったら仕事がいっぱいあって、何もせずにお金儲けができるとでも思ったみたいです。
なんかどこかずれてるというかものを知らないというか・・。
その人が帰られたらすごく疲れました。

なんか最近いけばな体験にくる人って、変わった人が多いような・・うちだけかな?

他所の支部の先生に習ってたそうなんですが、盛り花しかお稽古してくれないと。で支部花展したら家元の教授が指導に来られたそうで、私に家元の教授が指導されるんですよ‼知ってますか?なんて言うんですよ。
それで生花・立花があると知って、お稽古したいと思って、その先生のところを辞めて来られたんですが、立花のお稽古は別稽古なので、普段のお稽古の月謝・花代と別稽古の月謝と花代がいりますと言ったら、えっ?月謝がいるのですか?って、私はボランティアでお稽古を教えてないので。
どうやら公民館みたいなところでお稽古教えてもらってたみたいで、月謝や花代がなかったみたいです。
お稽古を教えるって、技術料みたいなものなので、どうしてもそね金額に見合うものになりますよね。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の花が咲いています | トップ | 7月の自由花お稽古 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む