ずぼら余生

日常の出来事、新聞やラジオを聞いた感想などを書いています。

WBC初戦勝利

2017-03-08 08:24:54 | 日記

WBCの初戦、キューバに11:6で勝利した。
打ち勝ち、守り勝ったということである。
菊池のダブルプレー青木のファインプレーがなかったら、得点を許し、流れが変わって居たかも知れない。
・筒香と中田の差
筒香が先取点をとり、流れを変えるホームランを打ったのに対し、中田は満塁で得点できなかった。
・則本が打たれた
2回を完封したのに、3回目に打たれてしまった。
これは壮行試合といっしょで、一度ヒットを打たれると、緊張の糸が切れたように、連打を浴びている。
これでは、投手の替え時が難しい。
則本の場合、ヒットを打たれたらすぐに変えるのがよいかと思う。
短期決戦ではやむを得ないところである。
・クローザーが打たれて得点を許した。
心配してもきりがないことだけれど、
・オランダが韓国を完封したように、そのような優秀な投手が来た時に打てるかどうか。
昨日のキューバの投手は、打てない投手ではなかった。
・山田のホームラン性のあたりをフェンスぎりぎりでファンがキャッチしてしまった。
中学生だというからしようがないかもわからないが、事前に放送して、このようなことのないようにしたい。
国際試合でのこのようなことは珍しいのではないか。
結局ビデオ判定となったが、私はホームランだと思ったが、2塁打にされてしまった。
ビデオ判定も、角度の違うビデをで検証しないと、かえって間違った判定になってしまう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「読書ノート | トップ | 墜落ヘリ木に接触か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL