ずぼら余生

日常の出来事、新聞やラジオを聞いた感想などを書いています。

14通新たなフォルダーから

2017-06-16 06:58:45 | 日記

松野文科相が、加計学園関係の文書があったことを認めた。
しかも調査を開始してから、何日も経ってからである。
パソコンに入っていれば、検索で、あっという間に見つかる時代である。
しかも、見つかった文書に対しても、「官邸の最高レベルが言っている」というのに対し、よくわからなかったとか、あいまいな回答である。
官僚が、総理だの官邸だのと言われて、ぼんやりと聞いているはずがない。
野党から指摘された書類でも認めないくらいだから、まだわからないで、役人が忖度した書類は、山ほどあるのではないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「読書ノート | トップ | 野際陽子さん死去 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事