ずぼら余生

日常の出来事、新聞やラジオを聞いた感想などを書いています。

交渉記録「慣例」で廃棄

2017-03-20 08:15:36 | 日記

森友学園と売買契約を結ぶための交渉記録が、まだ1年たっていないのに、廃棄されているという。
これは「慣例」に従ったというけれど、もしかしたら、問題が浮上してから慌てて廃棄した可能性もなきにしもの感がある。
それにしても、役人天国というか、都合の悪い記録は早急に破棄できるようになっているようだ。
国有地で、しかも8億円もするような国有地の売買に関する書類が、1年もたたないで廃棄されるとはどう考えてもおかしい。
書類廃棄の基準を見直すべきである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「読書ノート | トップ | 豊洲問題百上位に浜渦元副知事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL