おやじボクサー。  (もう50歳だけど・・・ね)のブログ。       勿論、本業は・・・・・サラリーマンなのだ。

スキーで重傷を負う→全身麻酔の手術2回→足首に20cmのボルト2本→車椅子→地獄リハビリ→なぜ「おやじ」が?ボクシング?

ハンドドリップ珈琲で試したいこと実践してみた‼‼‼ @ 『エチオピア コンガG-1ナチュラル』

2016年12月20日 22時03分11秒 | 飲み物&お菓子&スイーツ(レビュー)

ランチ後は『珈琲問屋』水戸店さんへ @ スタンプ満タン特典♪『エチオピア コンガG-1ナチュラル』200ℊ購入で+200gサービス‼‼

『エチオピア コンガG-1ナチュラル』を、

60g使って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

 

 

 

 

 

 

 

60gの豆で、、

勇気をもってドリップは350mlでストップ。

 

 

こ、これは掛けですよ‼‼‼

単的に言えば「10gで60mlドリップ」なのです。

たった、、、ね?

 

 

でも差し湯はしたいので、

おおよそ430mlくらいまで増やした。

実質2割くらい「薄めた(80ml)」ってところです。

 

 

 

 

 

約2割分薄めた割には、

結構なオイルも見られます‼‼‼

 

 

 

 

お供はセブンカフェ。

 

 

奥様。

一杯分は約200mlくらい。

 

 

 

 

ではでは飲んでみる‼‼‼

 

うん。

思ったより濃くなくてスマートな味わいだった。

やっぱ差し湯が効いたかな?

 

でも濃く淹れて薄めるって飲み方、

これはこれで面白いとおもうよ。

 

 

 

その理由ってさ、

試したことがあったんだ。

 

 

 

 

 

この残ったドリッパーから落ちた珈琲。

まだ全然「味」が出ているんじゃ?と思っていたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

外した後のドリッパーから自然と落ちて来ていたのは、

超~~~~薄い珈琲液でした。

それがほんと意外だったなぁ・・・・。

 

あまりドリップで落としてなかった分、

もっと「濃く」出るんじゃないかな・・・・と期待していたんですが、

答えは反対。 全く薄かった‼‼‼‼

 

 

って言うことは、

実際ドリップ珈琲って、

10gに対して50mlも落とせば十分ってこと?

それ以下でも良いのかも。

 

 

 

 

 

正直驚いた(◎_◎;)

 

 

あ~美味しかった(#^.^#)

 

 

次はもっと少なくドリップしてみようと思う。。

 

 

 

by おやじボクサー

 

 

 

 

追伸

家飲みだからこういう試験的な?

ドリップも出来るんだけど。

実際ドリップってこういうものなんだって驚いた。

 

常識的な飲み方って、

思い込んでるだけで実際は違うものなのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
お酒・お茶
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 濃厚なエスプレッソ‼‼‼、とセ... | トップ | 食後のフレーバーティー『シ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さら)
2016-12-21 18:42:07
参考になりました。
私も最近真似してドリップしました。
40グラムで2杯分です。
早めに外して、足し湯して。
とても美味しかったです。
一緒に母にも飲んでいただきましたが
足し湯したのに美味しいって言ってました。
ただ、友人は苦いと言って飲んでくれませんでしたが。(笑)
さらさんへ (おやじボクサー)
2016-12-21 21:13:44
こんばんは(#^.^#)

いえいえいえ・・僕の自己満足な飲み方で、お恥ずかしいです。
でも、
確かめて飲んでいるうちに色々わかったこともありました。
聞いていることと実際にチャレンジしてみること、
やっぱ現実的に確かめて飲めば?
痛いほどわかりましたよ~
今までの価値観とかなり変わったかも。です(;^_^A

何を偉そうにって・・・言われちゃいますが、、(汗汗)実際日々確かめて飲んでみて、やっとたどり着いたこと。
これって驚きの事実も‼‼‼

また詳しい飲みレポート最新を更新致しますね(^_-)-☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • RSS1.0 RSS2.0